カルト人気を誇るコーエン兄弟の「ビッグ・リボウスキ」の(非)公式スピンオフ…って何を言ってるか分からないかも知れないが、要するにあの映画でジョン・タトゥーロが演じた変態ボウリング師ジーザス・クインタナを主人公にした映画をタトゥーロが監督したもの。コーエン兄弟はキャラクターの使用を認めた以外は一切製作に関わってないらしい。

「リボウスキ」でのジーザスは子供に露出行為を働いて逮捕された変態として紹介されてたが、さすがにそれだと主人公として扱えないと判断されたのか、あの事件はあくまでも誤解だったということが冒頭で説明される。それでもジーザス自体が犯罪を繰り返してる変態であることは変わりなくて、刑務所でのお務めからショバに出てきたジーザスが、弟分のピーティーに迎えられ、早速また車を盗んだりして放蕩な旅に出る…というあらすじ。

というかこれ、フランス映画の「バルスーズ」のリメークなのですよね。男ふたりが田舎をぶらついて女性とかたっぱしから寝ていくというやつ。俺あれなぜか「さらば青春の光」と併映で早稲田松竹で観ましたが、女性器に銃を突っ込んで自殺する女性のシーン以外は殆ど記憶に残ってないような。

なんで「ビッグ・リボウスキ」のキャラクターを主人公に「バルスーズ」のリメークをやるのか?という大きな疑問は最後まで解消されないわけだが、原作通りに男ふたり女性ひとりが、組んず解れつするロードムービーが繰り広げられます。ジーザスってもとの映画での登場シーンが一瞬だったから強烈な印象を残したわけで、彼を主人公にした映画を作ったら逆に彼の魅力が薄れるような気がするんだけどね。どうなんだろうね。

ジーザスの相棒ピーティーを演じるのがボビー・カナヴェイルで、彼らを行動を共にする女性マリー役にオドレイ・トトゥ。みんなムダ脱ぎしてます。あとは俳優が監督をやった作品にありがちな、友達のよしみで有名俳優が大量にチョイ役で出演していて、コーエン兄弟組ではティム・ブレイク・ネルソンやマイケル・バダルッコ、あとはジョン・ハムにスーザン・サランドンにクリストファー・ウォーケン、ピート・デビッドソン、グロリア・ルーベン、さらにはジプシー・キングスとかが3分くらい出演して消えていってます。

アメリカでは散々な評判を受けた作品だが、有名俳優が次から次へと出てくる気ままなロードムービーといった感じで、個人的には思ったよりかは悪くなかった。作る必要があったのか?と聞かれると考え込んでしまう映画ではありますが。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.