意味不明の現象が起きて、それから謎がゆっくり解明されていくという、いわゆるLOSTライクなNBCの新シリーズ。昨年「フラッシュフォワード」が失敗したことでこのジャンルは完全に下火になったかと思ってたけど、夏の「PERSONS UNKNOWN」も含め、まだ需要はあるみたい。あるいは製作者のアイデアが尽きているだけか。登場人物が多いうえ時系列が乱れて話が進むので、とりあえず登場人物とその行動について記すと以下の通り:

・恋人と南海のクルーズ旅行に出かけた青年のショーン。ダイビングから帰ると恋人は失踪し、彼と恋人がクルーズ船に乗船した記録はすべて消えていた。その数日後、ショーンは銃を持って旅客機に乗り込み、パイロットと会話をしようとする。
・ショーンの恋人の一家。ショーンたちが旅行中に彼らは何者かに襲撃される。その後、一家の父親はショーンの乗った旅客機のパイロットとなる。
・新たに就任したアメリカの大統領。彼は超能力者の集団(?)がアラスカの秘密基地に囚われていることを知り、国家情報長官の反対にも関わらず彼らを解放することを決定する。そして彼が集団のことについて公表しようとした会場に、ショーンたちの乗った旅客機が突っ込んでくる…。

といった感じかな。当然ながら筋の通った説明などは一切ないのだが、特殊な能力を持った集団が何らかの「イベント」に関わっていて、それについて様々な人や勢力が暗躍したり巻き込まれたりする話になるみたい。第1話は例によって「意味不明だけど何かスリリングな展開」がずっと続くため見応えはそこそこあるんだが、こういうのってよほど面白いストーリーを展開させないと飽きられるのも早いんじゃないだろうか。個人的には次の話も観てみたいな、という気にはならなかった。たまにウィキペディアであらすじをチェックすればいいや、という程度で。それと超能力者(らしきもの)を登場させてしまうと、何でもありの展開になってしまうような気がするんだが、どうなんだろう?

出演者はジェイソン・リッターとか、「ER」のウィーバー先生ことローラ・イネス。なんてのはどうでもよくて、ジャンル映画ではおなじみのトニー・トッドがチョイ役で出てたのが良かった。ほんとにチョイ役だったけどさ。

日本人受けする内容ではあるのでAXNあたりでいずれ放送されるだろうけど、果たして本国では長続きするのかね?crackedでも「いろんな展開が起きるだけ起きて、5週目に打ち切られるだろう」なんてネタにされてたぞ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now