あの世にもヒドい邦題を持った2004年のカルト的人気を誇る映画をアニメ化したフォックスのTVシリーズ。こないだの「THE FIRM」もそうだけど、数年前の映画をTVシリーズ化するのに需要なんてあるのかね?しかもこの映画は収益をめぐってプロデューサーがフォックスを訴えてなかったっけ?まあハリウッドの常として「法廷の外で決着がついた。内容については口外しない。」ということになったんだろうけど。

「THE FIRM」に比べるとこちらは映画のオリジナルキャストがみんな揃って各キャラクターの声をあてていて、話の設定も映画版そのまんま。アイダホのど田舎における高校生の生活をのんべんだらりと描いてるんだが、映画版ではそのユルさで話が持っていたのに対し、TVシリーズだと毎回何かしらイベントが起きないといけないわけで、例えば第1話ではニキビの薬で凶暴化したナポレオンが格闘技のリングに立つことになるのですが、それって映画の設定とまったく異なるような。

ただし話の出来自体はそんなに悪くなくて、間抜けな家族が主役の典型的なフォックスのアニメ作品だと思えばそこそこ楽しめなくもないかな。日本刀を振り回す日本人の交換留学生とかが出てくるあたりも、なんか今どきの米国アニメだね〜といった感じ。そういう意味では映画版のアニメ化などにせず、似たような設定のまったく新しい番組を作ったほうがよかったかもしれない。

個人的にはセス・マクファーレンの息がかかってないフォックスのアニメシリーズは応援したいところですが、それらは打ち切り率がかなり高いので(こないだのAllen Gregoryもすぐ打ち切られた)、このシリーズもどこまで続くのかは微妙なところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now