海外でちょっと先に観てきてしまいました。以下はいちおうネタバレ注意。

  • 「ダーク・フェニックス・サーガ」といえばコミック史上に残る有名なストーリーラインだが、ヒーローが強大な力を手に入れたことで悪に転じて、悲劇的な結末を迎える…というストーリーは必ずしも娯楽大作向けではないと思うのですね。コミックにおいても「本物のジーンは海の底で寝てました」とレトコンされてるし、映画でもすでに「ファイナル・デシジョン」で一回やって、あまり面白くなかったし。「アポカリプス」もそうだったが、あまりコミックに沿わないほうが劇場版「X-MEN」は面白いのではないか。
  • 製作時はまだディズニーによるFOXの買収は影響なかったと思うけど、それでも何というか、フランチャイズの末期の疲れみたいなものが感じられる内容になっている。せかしたプロット、拘束時間が短かったのか途中退場する出演者などなど。
  • 映画作りでいちばん避けるべきことは「共感できるキャラクターが誰もいない」状況を作ってしまうことだと思うのだけど、この映画の前半はまさしくそんな感じ。プロフェッサーXは大衆の人気を得るために大統領に媚びへつらってX-MENを顧みないし、ジーンはどんどん悪に転じていくし、他のキャラクターはあたふたしているだけだし。せめて敵キャラがもっと魅力的だったら助かったのだが。
  • とはいえ役者陣が手堅いのは救いで、マカヴォイにファスベンダー、ローレンスといった有名どころが揃って出演しているのはそれでも見応えがあるんじゃないかな。最後の列車のクライマックスとかそれなりに盛り上がったし。ジェシカ・チャステインは別に彼女でなくても良かったんじゃね?と思いますが。
  • 来年の今頃にはマーベル傘下になった新たなX-MENのキャストが発表されて話題になってるんじゃないかと思いますが、FOXのX-MEN(あとライミのスパイダーマン)こそが今のスーパーヒーロー映画のブームを築くもとになった作品だと個人的には考えているわけで、これだけジャンルに貢献したフランチャイズが、このような凡作でひっそりと終焉を迎えることは寂しくて仕方がないのです。ちゃんと劇場公開されただけ「ニュー・ミュータンツ」よりもマシなのだろうけど。

いまちょっとVPNをゴニョゴニョしてアメリカのHULUに加入してまして、いくつか観たかった作品をチェックしているのでございます。そのうちの1つがこれで、バットマンの知られざるクリエイターであるビル・フィンガーにまつわるドキュメンタリー。

バットマンのクリエイターといえばアートも担当したボブ・ケイン(写真左)が有名だし、コミックも映画も長らくケインのみが唯一のクリエイターとしてクレジットされていたが、実際のキャラクター設定などはケインの友人だったビル・フィンガー(写真右)が行った、というのはアメコミファンのあいだで長らく語られてきた話でありまして、ここらへんは明確な証拠などは存在しないものの、ジェリー・ロビンソンやカーマイン・インファティーノといった同時代のアーティストが証言していることだし、ケイン自身もフィンガーの死後にしれっと認めてたりするのでまず間違いないのでしょう。

ケインの当初のデザインでは凡庸な格好だったバットマンを闇の騎士としてのデザインに変え、ジョーカーやリドラー、ブルース・ウェインといったキャラクターを生み出していったのが実はフィンガーであることが、このドキュメンタリーでは語られていく(ここらへんロビンソンの貢献もあったはずなので、あまり明確ではないのだが)。

ボブ・ケインはアーティストとしてよりもビジネスマンとして腕のたつタイプであったようで、DCコミックスには彼が唯一のクリエイターであると伝え、他のアーティストがバットマンを描くようになっても自分の名前のみを作品にクレジットさせ、そして60年代にアダム・ウエスト主演のTVシリーズが爆発的人気を博したことで彼の名前もコミックファン以外にも知られるようになる(実はフィンガーがTVシリーズ版のエピソードを1つ執筆していたことは知らなかった)。彼がDCコミックスとの間に「バットマンのクリエイター表記には自分の名前のみを載せること」という契約を結んだ、というのは長らくファンのあいだで語られてきた話だが、その契約が実際に存在するのかはこのドキュメンタリーでも明らかにされない。

一方のフィンガーはコミック以外の文章なども書いて細々と糊口をしのぐ有様で、ケインが手にした名声とは無縁の生活を送っていた。それでも初期のコミコンのゲストに招かれ、当時のファンジンに彼がいかにバットマンに貢献したかというコラムが載せられたものの、ケインがそれに反論する手紙をそのファンジンに送っていたりして、まあケインはフィンガーによる貢献の事実を明らかに否定しようとしてたようです。そうしてフィンガーは家賃も払えぬまま、ニューヨークのアパートで1974年にひっそりと孤独死し、墓碑もない墓に葬られてしまう。

これらの話はアメコミのファンならば比較的よく知られているもので、ジャック・カービーや「スーパーマン」のシーゲル&シュスターなど、コミックのクリエーターが出版社から満足な扱いを受けなかった話は他にもあるのだが、このドキュメンタリーは単にフィンガーの紹介をするだけでなく、作家のマーク・タイラー・ノーブルマン(写真上)の活動を追っていく。

子供向けの本を執筆しているノーブルマンはフィンガーと彼が受けた不遇のことを知り、彼の名誉を回復させるために積極的な調査を行なっていく。その一環としてフィンガーがかつて住んでいたアパートを訪れたり、近所のフィンガーという姓の人にかたっぱしから電話したりして、なんかストーカーと勘違いされそうなこともやってるのですが、すごくいい人そうなんですよノーブルマンさん。ちなみに彼はこの調査をもとにフィンガーの伝記も書いています。

どうもアメリカの法律では、フィンガーがバットマンのクリエイターでもあるよ、と主張するのは親族が行わないといけないらしく、ノーブルマンはフィンガーの子孫を探しに奮闘する。2度結婚したフィンガーは最初の妻との間に息子のフレッドをもうけていたが、フレッドはゲイであり1992年にエイズで亡くなっていた。

こうしてフィンガー家の血筋は絶えたかのように思われたが、フィンガーの妻の親族と話したところ、実はフレッドは一度結婚しており、アシーナという娘がいることが判明、ノーブルマンは早速彼女に会いにいく。そして彼女(とその母親)の口から、フレッドも彼なりに父のビルのことを想っており、バットマンのクリエイターであることを認めてもらおうと過去にDCコミックスを何度か訪問していたものの、願いは叶わなかったことが明かされる。

しかし当時に比べてバットマンはDCコミックス、さらにはワーナー・ブラザースにとって非常に重要なフランチャイズになっていた。よって企業としても余計な訴訟は避けたいこと、そしてノーブルマンの活動も功を奏して、アシーナは映画のプレミアに招待されたり、ワーナーから貢献料を払われたりする。これを見て、DCコミックスいいことやってるね!と一瞬思うのですが、そのうち彼女のもとには、バットマンに関する一切の権利を放棄するよう求める手紙がワーナーから送られてきてしまう。

これに不満を感じた彼女は、ワーナーと交渉することを決断。あまり著作権の定義とかよくわからないのですが、ビル・フィンガーがバットマンの創造に関わったことは明らかであることなどからワーナーが折れる形になり、バットマンの誕生から80年近く経ってから初めて、フィンガーがバットマンの共同クリエイターとしてクレジットされることが認められ、その後公開された「バットマン vs スーパーマン」でフィンガーの名前が出てくるのをノーブルマンが見つめるところでドキュメンタリーは終わる。

バットマンの知られざるクリエイターをただ紹介するだけのドキュメンタリーかな、と思ったら後半は一人の男性の根気強い活動の話になり、それが実際に物事を変えるという展開は見ごたえのあるものでした。バットマンに限らず、アメコミのキャラクターってクリエイターが誰だか明確にされていないものが意外と多いので、これが状況の改善につながっていくといいなと。劇中ではケヴィン・スミスやロイ・トーマスに加えてなぜかトッド・マクファーレンがインタビューされていて、ニール・ゲイマンと著作権であれだけ争ったお前が何を言うか、という感じでしたが。

あとはね、クリエイターを自認する人たちは子孫作っといたほうがいいよ、という重要性が感じられる内容でした。ゲイでも子供つくっておけば、あとで印税がっぽり貰えるかもしれませんから!

絶賛公開中なので感想をざっと。以下はネタバレ全開なので注意。

  • 戦闘シーンが続いてばかりだった前作に比べ、今回はプロット重視になっていて断然楽しめる出来になっていた。キャストも指パッチンされた面々がいなくなった分、ストーリーがアベンジャーズの主要キャラ(プラス数名)のみに専念されて話がグイグイ進み、3時間という長尺が気にならない展開であったよ。しかし前作のラストで活躍が期待されたキャプテン・マーベルが強力過ぎて、話にほとんど関わらないのはご愛嬌。
  • タイムトラベルが絡んだストーリーの常として、いろいろパラドックスとがが気になるのだが、まあそこは真面目に考えても仕方ないでしょう。これが過去のMCU映画を再び訪れるという仕掛けになって、ナタリー・ポートマンやレネ・ルッソ、さらにはロバート・レッドフォードといった役者などが再登場していたのは見事なファンサービスでしたな。いっそエドワード・ノートンとかテレンス・ハワードなんかもしれっと再登場させれば良かったのに。
  • サノスがあまり面白くない敵役なのは相変わらずで、しかも今回は主人公たちよりも知っている情報が少ないという損な役回りなのですが、彼の戦闘シーンは最後に1つだけ大きいのを持ってきたのは存在感があってよかったかと。
  • 前作、もしくは他のMCU映画からの伏線をきれいに畳んでいく内容ではあるものの、前作でバナーがハルクに変身できなかった理由って結局なんだったの?あれは大きな伏線かと思ってたのに。
  • ホークアイの日本語は何を言ってるかわからないので、字幕つけたほうが良いのでは。
  • アントマンとウォーマシーンは「オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式」の内容を知っていた。
  • まあMCU映画の1つの終わりを飾る作品ではありますが、フェイズ3の終わりでもないし(今度のスパイダーマンがそうらしい)、MCU映画も利益を生む限りはこれからもどんどん作られますからね?こういうフランチャイズ映画ってキャストが歳をとってしまうのが一番の問題であったが、マイケル・ダグラスとかの顔がCGで若返ってるのを見ると、この映画で降板するはずのキャラクターたちも、いずれまた不気味なほど若返って再登場して、ディズニー帝国の陽を沈ませないのではないか、と思わずにはいられないのです。

HAPPY!」に続く、イメージ・コミックス原作のSYFYチャンネルの新シリーズ。放送開始は1月だが第1話が先行配信されていた。

舞台は1987年のアメリカ。レーガン大統領の政策によって精神異常者は病院で保護されずに街へ放り出され、その一人に両親を殺された少年マーカスは、入れられていた孤児院を放火したという嫌疑をかけられて街をさまよっていた。そんな彼はバイクに乗って日本刀を操るヤクザの娘サヤと出会い、彼女が住む施設キングズ・ドミニオンへと連れてこられる。そこはリン校長のもと、さまざまなバックグラウンドをもった生徒たちが一流の暗殺者になるよう教育される「学校」だったのだ。行くあてもないためにリン校長の招きを受け入れて「生徒」となったマーカスだが、彼には多くの試練が待ち受けていた…というあらすじ。

製作にルッソ兄弟が関わっているほか、コミックのライターであるリック・リメンダーも少なくとも第1話にはいろいろ携わっているようで、「HAPPY!」に比べても概ねコミックの展開になってるかな?アーティストのウェス・クレイグの絵はマーカスの両親が死ぬところのフラッシュバックで用いられてました。

なお舞台が80年代ということでサントラにはニューウェーブ系のバンドの曲がコテコテに使われていて、キリング・ジョークにダムドにエコバニにザ・キュアーなどなど。そこまでガンガン流すか?といった感じだったけど。

キングズ・ドミニオンのリン校長は原作だと白ヒゲの小男だが、こちらでは「アベンジャーズ」のベネディクト・ウォンが演じている。実質的な主人公はベンジャミン・ワズワース演じるマーカスなものの、アジア系のウォンがクレジット上ではトップに出てますよ。あとは有名どころだと「X-MEN: アポカリプス」でジュビリーを演じたラナ・コンドルがサヤを演じているほか、先生役でヘンリー・ロリンズが出ています。

第1話の前半はマーカスが自分の生い立ちと境遇をナレーションで延々と語る形になっていて、まあコミック通りではあるのだが映像としては単調だな。後半はキングズ・ドミニオンにおけるさまざまな先生と生徒たちが紹介されていき、多くの生徒たちは自分のバックグラウンドにあったグループに属していて、ヒスパニックや黒人のギャング、サヤ率いるヤクザの組、白人至上主義者などなど。

マーカスは孤児院を焼いたという嫌疑で他の生徒にも白い目で見られ、ゴスやパンクの生徒とともにつまはじきにされているのだが、いかんせん登場人物が多すぎるなあ。ヒスパニックのギャングのメンバーとのケンカも盛り上がらずに、第1話は状況説明だけで終わってしまったような。今後はシリアルキラーなども登場するようで、話がだんだんこなれてくることに期待しましょう。

ついにこの日がやってきてしまった。アメコミを読み始めた頃、英語がろくに分からない子供にとっても、マーベル作品の1ページ目に乗っている「Stan Lee Presents」の言葉は印象的であり、マーベルを統括しているこのスタン・リーって偉い人なんだな、と思ったものです。

90年代になってインターネットで情報が入ってくるようになると、スタン・リーの経歴や功績だけでなく、彼がいかにアーティストを搾取していた山師だったとか、実際にキャラクターを考案したのは彼でなくアーティストたちであったとか、彼のことを否定的に見る意見も目にするようになったと思う(俺もずいぶん感化された)。ただ大学の卒論でアメコミの歴史について書いたとき、やはり1961年のファンタスティック・フォーに始まり、スパイダーマンやアイアンマン、ソーやデアデビルといった人気キャラクターたちを数年のあいだに怒涛のペースで生み出していった労力を改めて実感して畏敬の念を抱いたものだが、その原動力ってやはりスタン・リー自身だったのですね。

アメコミの読者が、実際に動いて話せるコミックスの「顔」としてスポークスマンを欲しており、彼もまたその役に自分が徹するべきことを自覚していたのは、マーベル作品が人気を博してきた際に自分の外見をガラリと変えたことからも分かるだろう。しかし彼は決して狡猾なビジネスマンではなく、00年代にはむしろ周りによってきた山師たちの口車にのせられて数々のビジネスを立ち上げ、ことごとく失敗させた人であった。

これだけ長く生きれば、その功績については評価が分かれるところもあるだろうが、彼はやはりマーベルの顔であり、アメコミの顔であり、数多くのファンをアメコミ(およびアメコミ映画)に惹きつけるのには唯一無二の存在であった。合掌。

エクセルシオール!