「WIDOWS」鑑賞

これも海外で見てきた。邦題は「妻たちの落とし前」らしいが、日本公開はいつだ…いつだ…。「それでも夜は明ける」のスティーブ・マックイーンの監督作品で、1983年のTVシリーズを映画化したものなんか?

舞台はシカゴ。プロの泥棒のハリーは地元のボスであるジャマールから200万ドルを強奪するが、逃走中に警察に追われて3人の仲間とともに爆死してしまう。残された妻のベロニカはハリーの行為を少し知っていただけで深くは関わっていなかったが、ジャマールから200万ドルを返すように強要される。シカゴの議員選挙に出馬して勝つために、ジャマールは資金を必要としていたのだ。金を返す必要に迫られたベロニカは、同じく寡婦となったハリーの仲間たちの妻ふたりと組んで、ハリーの残した別の犯罪プランをもとにして、自分たちも大金を盗み出す計画を立てるのだったが…というあらすじ。

TVシリーズとおおまかなプロットは一緒のようだけど、舞台がイギリスからシカゴに移り、地元の選挙戦という設定が加わっているみたい。よって話自体は比較的シンプルなケイパーものだけど、シカゴの犯罪問題とか、Black Lives Matter的な要素が含まれているといったところか。

スティーブ・マックイーンは今までアートシネマっぽい作品を撮ってた人なので、こういうジャンルの作品を撮るのは意外かもしれない。人の顔を超アップで妙に艶やかに撮影しているあたりは「ハンガー」に通じるところがあったかな。あとはベロニカのパートナーとなる妻たちが貧困やDVに悩んでいたり、選挙で地元の黒人票を取るための駆け引きがあったりと、社会派な内容もいろいろありました。

アカデミー賞とった監督の作品ということもあってか、出演陣はやけに豪華。ベロニカをヴィオラ・デイビス、ハリーをリーアム・ニーソンが演じているほか、地元の議員にロバート・デュバル、その息子にコリン・ファレル。ほかにもダニエル・カルーヤやミシェル・ロドリゲス、ギャレット・ディラハント、キャリー・クーン、ジョン・バーンサルなどといった役者がわんさか出ています。個人的にはベロニカのパートナーとなる薄幸な寡婦を演じるエリザベス・デビッキが良かったな。あと「スパイダーバース」に続いてブライアン・タイリー・ヘンリーが出ています。

「オーシャンズ8」みたいなクライムサスペンス、かというとアートシネマっぽい部分もあるのですっきり観られるような作品ではなかったりしますが、やはり出演陣が豪華なことと、いろいろ展開にヒネリもあり普通に楽しめる作品であった。あまり監督の名前にとらわれずに観るべき作品かと。

「スパイダーマン:スパイダーバース」鑑賞

年末のこの時期に海外に行くと、ホリデーシーズン向けの大作がいろいろ公開されているのであります。まあ海外に比べて日本での公開が数カ月も遅れている現状は憂れるべきことなのだが、時間をつくって一足先に観てきてしまったのだよ。以下はネタバレ注意。

原作のコミックに詳しい人はキャラクターの姿を見ただけでピンとくるだろうが、話の内容はマイルズ・モラレス版のスパイダーマンを主人公にして、数年前に話題になったマルチバースことスパイダーバースのストーリーを絡めたものになっている。マイルズ君は本家スパイダーマンとは別ユニバースに属する「アルティメイト・スパイダーマン」誌で登場したキャラで、そっちのピーター・パーカーが死んだことを受けてスパイダーマンになった黒人とヒスパニックのハーフ。ピーターの能力に加えて透明になれたり、指先から強力なショックを与えることができるんだっけな。

いっぽうのスパイダーバースは本家スパイダーマンに加えて、マイルズ君を含む多次元のスパイダーマンたちが山ほど登場して共闘したストーリーで、東映版スパイダーマンがレオパルドンに乗って登場したのは日本でも話題になってましたね。そこでグウェン・ステイシー版スパイダーマンことスパイダー・グウェンなどが登場したのだっけな。

そして映画はマイルズ君を主人公に、多次元へのポータルを私欲のために開通させようとする悪役キングピンと、ポータルを通じて他の次元からやってきたピーター・パーカーやグウェン・ステイシーなど5人のスパイダーマンが戦いを繰り広げ、そのなかでマイルズがヒーローとして成長していくさまが描かれていく。

スパイダーマンはその長い歴史のなかで少年から青年、大人へと成長していったキャラクターであるので、今までの劇場版はその歴史のどこか一部を切り取って映像化する必要があり、おかげで学生時代に主軸をおくと仕事先のジェイムソン編集長が出てこなくなる、といった弊害があったわけだが、今回は少年のマイルズと大人のピーターが出てくることで、オリジン話を描くと同時に、すでに熟練したヒーローの話も描けるというお得な内容になっているわけですね。

とにかくストーリーが凝縮されていて、情報量がハンパじゃないんですよ。アニメというメディアを最大限に生かしてアクションは緩みがなく、無駄なコマ遣いが全くないという感じ。車や電車がビュンビュン飛び交う格闘シーンを目にすると、もうスパイダーマン映画って実写じゃなくアニメでいいんじゃね?という気になります。キャラクターの設定もみんな「分かっている」作りになっていて、マイルズは自分の新しいパワーに困惑はするものの正義のために行動しようとするし、他のスパイダーマンたちも自分たちがヒーローであることを承知してキングピンの野望を阻止しようとする。一番何も知らなさそうなキャラクターが、実は準備万端だったところは本当に良かったなあ。

マイルズを含めて6〜7人のスパイダーマンが登場することもあって、コミックを知らない人はとっつきにくいと思うかもしれないが、各キャラのオリジン話も紹介されるので、そんなに敷居は高くないと思う。俺もペニー・パーカーとかそんなに知らなかったけど普通に楽しめましたよ(確かにキャラがちょっと多かった気もするが)。コミックを知っている人なら楽しめる細かいネタがたくさん詰まっている一方で、独自のユニバースの話だから意外なヴィランが意外なところで登場したりして、コミックのファンでも先が読めずに飽きることはないと思う。

なおマイルズ君の世界にはピーター・パーカーことスパイダーマンが既にいて、彼の話はコミックとなって出版されているらしいのだが、それって皆が彼の正体はピーターだと知っていることになるんだろうか?他にもいろいろスーパーヒーローやコミックに関するメタなツッコミが出てくるが、それがあまり気にならないのがアニメの強みかな。脚本とプロデューサーは「レゴ・ムービー」でもメタなコメントをして好評を得たフィル・ロード&クリストファー・ミラーだが、「デッドプール2」もメタなジョークが満載だったし、飛行機で観た「Teen Titans Go! To the Movies」もメタな話だったし、やはりスーパーヒーロー映画ってメタな内容が合うんだろうか。誰かザック・スナイダーに伝えておいてください。

監督はアニメ畑とコメディ畑の人が3人もいて、そのせいではないだろうけどアニメーションの演出がシーンごとに微妙に異なっていて、時には普通のCGIっぽく、時には2次元の止め絵を入れた感じになっていたり。さらにはキャラごとにも絵柄が違ってペニー・パーカーはフラッシュアニメっぽく、スパイダー・ハムはカートウゥーンっぽくなっているが、それがまた非常に効果的になっていて、それがアニメーションの強みですかね。かつてビル・シェンキビッチが描いていたキャラクターだけ絵柄がシェンキビッチ風になっているなんて、もはや反則行為ですよ!

ストーリーもまた、笑えるジョークがたくさんある一方で、悲劇を乗り越えてヒーローとして自立していくマイルズの話に加え、彼を支えていく他のスパイダーマンたちの物語が交錯し、さらにはタイムリーなスタン・リーのカメオもあって実に心を打つものになっていた。別次元のピーターがメリー・ジェーンと話をするところなんて、隣にソーダをがぶ飲みしてるデブ君がいなかったら俺もっと泣いてましたよ。

というわけで歴代のスパイダーマン映画のなかでもライミ版の「1」(おれは2よりも好き)に匹敵する出来であったばかりか、スーパーヒーロー映画としても史上最高レベルの作品であったと思う。来年のアベンジャーズ4がどういう出来になるかわからないけど、今後のスーパーヒーロー映画の方向性というのはこの「スパイダーバース」が示しているんじゃないだろうか。今年亡くなったクリエイターふたりへの追悼が捧げられ、エンドクレジットではクリスマスソングが流れる映画がなぜ日本では来年3月に公開されるのかとんと理解はできませんが。

地下水道でガレキの下敷きになっている人であれ、恋人がニューヨークの橋からぶら下がっている人であれ、スパイダーマンが好きな人はこの映画を観に行くことを心からお薦めします。正気を疑うようなエンドクレジット後の映像まで席を離れないように。


今年いちばん怖いと言われたホラー映画、臆病なので家で部屋を明るくして観ました。これネタバレしないと語れないと思うので、以下は注意。

・ホラー映画だしえげつない描写もあるものの、根底にはやはり崩壊していく家庭のドラマがあるわけで、その中心にいていろいろ大変な目に遭うトニ・コレットの迫真の演技あってこその作品だなと。

・「シックス・センス」では超常現象に困惑する幸の薄い母親を演じてた彼女、まわりまわって約20年後に同じような役を演じたわけだが、見せ場はこちらのほうがずっと多かったですね。悲痛にくれる顔から驚愕する顔まで一瞬のうちに表情を変えられるのは、多重人格を演じた「United States Of Tara」で培った技技なんだろうな。

・それに対してガブリエル・バーン演じるパパさんは見事に何にもしないわけで、家族がケンカしてもただ穏便になだめようとする姿が変に現実的で親近感を抱いてしまったよ。当初の設定ではセラピストで、コレット演じる妻は元患者という内容だったらしいが、家族の誰も彼に頼ろうとしないのが皮肉でもある。

・「継承」というタイトルの通り、家族に脈々と受け継がれるものがこの作品のテーマであり、それは冒頭で妻が語る精神の病なのでは、と思わせておいて実は…という展開も上手いな。これが初監督となるアリ・アスターは撮影にあたり非常に綿密な準備をしたらしいが、今後の作品も同様のテイストになるのだろうか。

・しかし傑作かというと納得いかない点もあるわけで、ここから先は完全なネタバレなので白地にします:一家に継承されたものは狂気ではなく悪魔の霊であり、それを肉体に宿らせるためにずっと前から悪魔の崇拝者たちがいろいろ暗躍していたというオチ、あまりにも崇拝者たちが用意周到すぎてしっくりこないのよな。別に絶命してない人にも悪魔(?)が憑依できるのなら、崇拝者とかが手を回さなくても最初から好き勝手できたんじゃね?と思ってしまうのです、「ローズマリーの赤ちゃん」とかもそうだけど、主人公が何もしないまま、裏で手はずが整えられていたという展開がモヤモヤするところがあったよ。

・ホラーに整然としたプロットを期待するのは、スーパーヒーロー映画に物理の法則に従うことを期待することくらい野暮なことは分かるのですが、ちょっとオチは安直だったのではないかなとも感じたのです。最近のホラー映画としては「イット・フォローズ」のほうが好きだな。


アメリカでこないだ公開されたばかりの作品だけどな、昔のツテを使って合法的に観てしまったのだよ。ふはははは。

舞台となるのは1944年、オーバーロード作戦ことノルマンディー上陸のとき。ボイス二等兵たちは敵陣にパラシュートで降下して古い教会の上にある無線施設を破壊する任務を帯びていたが、乗っていた飛行機が被弾したことで予定よりも前の地点に落下。そこで彼らはフランス人の女性に出会い、彼女の家に隠れることになる。そして外に偵察に出たボイスはそのまま混乱に紛れて教会のなかに入り込むが、そこで彼が目にしたのはおぞましき人体実験がされている設備だった…というあらすじ。

ボイスは黒人兵士という設定だが、ご存知のように第二次大戦中は黒人と白人が一緒の部隊なぞ存在しなかったわけで、歴史考証などは全く関係ない作品です。というか内容はものすごく単純で、

ゾンビ!ナチス!ゾンビ!ナチス!

というもの。要するにゾンビを操るナチスと戦う連合軍のお話で、昔だったらウーヴェ・ボルあたりがとびつきそうな題材だが、こちらはJJ・エイブラムスのバッド・ロボット製作ということもあり爆発シーンなどはそれなりに予算のかかったものになっている。ストーリーはものすごくシンプルだけど。

なお劇中のゾンビはいわゆる屍体喰らいではなくて、教会の地下で発見された謎の液体を使った人体実験を重ねて開発されたもので、死んだ人間を生き返らせることができるものの、怪力になって凶暴化するという代物。生物兵器として使うつもりらしいが、命令をろくに聞けないのだから使い物にならんだろうなあ。

話の前半は例によって主人公たちが不気味な環境に置かれるさまが描かれるのだが、こちらはナチスゾンビが早く見たいわけで、展開がまどろっこしいといえばまどろっこしい。なんか話のテンポが悪いのよな。後半になってからはお待ちかね、ナチスやゾンビたちとの格闘が始まるので見ごたえはあるかな。これ何かのゲームで見たよね?というシーンも出てくるけど。あと連合軍が5人くらいしかいないのに、数で圧倒しているナチスがやけに弱いのはご愛嬌。

主人公のボイスを演じるジョヴァン・アデポって、「FENCES」で一家の息子を演じてた人か。ナイーブな彼に対して無骨な部隊長を演じるのがワイアット・ラッセルで、あとはピルウ・アスベックとかボキーム・ウッドバインなどが出ています。監督のジュリウス・エイヴリーって今度は「フラッシュ・ゴードン」のリメイクを撮るみたい?

まあ完全にB級映画のノリの作品なのだが、こういうのが好きな人たちにはいいんじゃないですか。観た後に何か心に残るかと聞かれると微妙なところだけど。


第一次世界大戦の終結100周年を記念して作られた、ピーター・ジャクソンによるドキュメンタリー。先日イギリスで限定公開されたのだが、今週だけBBCでも配信されていた。

戦争資料館の膨大な量の映像フィルムと出征した兵士たちのインタビューを組み合わせ、戦争の始まりから終わりまでが経験者たちによって1つのナラティブとして語られる構成になっていて、特筆すべきはモノクロの映像が丹念に人工着色され、当時の雰囲気が鮮明に分かるようになっていること。後述するように音声も加えられていることから、ジャクソンはこれを純粋なドキュメンタリーとは見なしていないようだけど、兵士たちがどのような環境で戦争を過ごしたのかがよく分かる内容になっていた。

1914年にイギリスがドイツに宣戦布告したことで両国の戦争が始まるものの、イギリスの若者たちは戦争がどういうものなのかきちんと理解しないまま、同胞意識を持って(若干同調圧力もあったようだけど)次々と入隊を志願していく。みんなイギリス人のステレオタイプそのまんまに歯並びが悪い若者たちは、15歳や16歳や17歳であっても自分は18歳だとウソをつき、軍もそれを黙認して彼らを受け入れていく。

訓練では士官たちにしごかれ、支給される食事もろくなものではなかったらしいが、「特にいじめはなかった」というコメントが出てくるあたり、日本との違いを実感してしまったよ。ムカついた上官に対しては小便の入った壺をドアに仕掛けておいて、小便まみれにしてやったなんて逸話は日本でやったら死刑ものですぜ。

実際のところ兵士たちは和気あいあいとやっていて、ヒマなときはスポーツやレクリエーションに努め、給料も出たので休みの日はこぞって売春婦のところに行ったとか、機銃掃射の副産物でお湯ができたのでそれでお茶を淹れて飲んだとか、ほのぼのとしたエピソードが語られていく。まあ死なずに生き残った者たちによるプロパガンダ的な内容、ととらえることも出来るのだろうけど、多くが従軍経験を肯定的にとらえていたのが印象的であった。

とはいえそこは戦争なので、戦場に行けば兵士たちは塹壕のなかで立って寝てるし、ちょっとでも頭を出そうものなら敵の狙撃兵に狙われ、周りの泥の中には地雷などで吹き飛んだ手足が埋もれているという有様。死体の映像も当然カラーなのでショッキングなものがあった。地雷だか砲撃だかで地面が半端なく吹き飛ばされる映像もあって圧巻。マスタードガスで目をやられた兵士たちが列になって歩いている姿とかはトラウマものですよ。

塹壕のなかで風呂にも入れず膠着状態が続いていた戦況だが、やがて兵士たちは突撃を命じられて敵陣へ行進していく。味方の砲撃があまりドイツ軍に被害を与えてなくて、敵陣からは容赦なく機銃が浴びせられて兵士たちは次々と倒れていき、さらには自軍の砲撃が上空から降り注ぐなか、兵士たちは死に物狂いで戦っていく。「銃撃を受けて瀕死になっていた仲間を、介錯のために撃ち殺した」と涙ながらに話す元兵士もいる。突撃の様子は映像に記録されておらず、当時の新聞のイラストなどで再現されているが、それでも十分に緊迫感があったな。

こうした兵士たちの活躍によって敵陣は占領され、ドイツ軍の兵士たちは捕虜になるのだが、イギリス人の兵士たちは彼らの勇気を非常に称え、捕虜にしたあとは結構親密に接したりしてるのにまず驚く(ただしプロイセン兵だけは冷酷で、ドイツ兵にも嫌われてたらしい)。これも日本とは違うところだろうなあ。そうしているうちに戦争は11月11日に終戦を迎え、兵士たちは故郷へと帰っていく。帰郷先では従軍経験について理解できない親との断絶があったり、元兵士として就職難に直面したりと、それなりに辛そうな経験をしたことが示唆されるが、全体的には仲間たちと一緒に戦ったことを暖かく振り返るような内容の作品であった。

技術的には冒頭の20分くらい、兵士たちが母国で訓練を受けるあたりまでの映像は正方形のモノクロで、正直退屈ではあるのだけど、戦地に赴いてからの映像はカラライズされたフルスクリーンのものになり、人工着色とはいえやはり色がつくと戦地の環境が鮮明に伝わってくる。これ劇場公開版は3Dでも披露されたらしいが、キャタピラをギラつかせながら走る戦車の映像とかは息を飲むものがありますよ。細いところまでは再現できなかったのか兵士の顔が少しぼんやりしているところもあって、それが逆にどこか幻想的な印象を残すものになっていた。

これ映像があまりにもスムースに動くので、普通のドキュメンタリーを観ている気になってしまうが、フレームレートの異なる元の映像をすべて調整(補完)して24フレームに入れ込み、さらにカラライズしてすべての音をつけるという、かなり手の込んだ作業が4年にわたって行われたらしい。たまに兵士が「Hi Mom!」とか話すシーンがあるのだけど、そこはプロの読心術師(!)を使って何と言っているのか解析したのだとか。

この映画を作るにあたってピーター・ジャクソンは何の収益も貰わなかったらしいが、実際に戦争で戦った祖父のために映画が捧げられているのを見ると、個人的な思い入れがあってこれを作ったんだなということがよく分かる。これ機会があれば見ておくべき作品でしょう。日本でもNHKとかが買えばいいのに。