「BUTT BOY」鑑賞

ジョン・ウォーターズ御大が昨年のベスト映画だと称賛していた作品。主人公は中年なので明らかにボーイではなくてマンなのだが、「バット・マン」という題名はいろいろ法的に問題があったのでしょう。以下はネタバレ注意。

小さなオフィスでIT係として黙々と働くチップ・ガッチェルはしがない中年男性で、妻との仲もうまく行っていなかった。そんなある日、彼は前立腺の検診を受けたことで肛門への異物挿入に目覚め、小さな文房具から始まりテレビのリモコン、さらには子犬といった大きなサイズのものまで彼の肛門は飲み込んでしまう。しまいに彼は公園にいた子供さえも飲み込んでしまうが、罪の意識に駆られて自殺を試みて失敗する。その9年後、挿入断ちをしていた彼はAAの集いでラッセルという男性と出会う。ラッセルが語るアルコールへの誘惑を聞いたチップは、再び異物挿入の魅力に取り憑かれて様々な物を飲み込み、同僚の子供までも手に(尻に?)かけてしまう。しかし偶然にもラッセルは刑事であり、ラッセルが起こした一連の事件の捜査をしていくうちにチップが怪しいと考えるのだったが…というあらすじ。

設定を聞くと下ネタB級コメディのように思われるだろうがコメディ要素は皆無で、あくまでも真面目なサスペンスとして作られている。エロ・グロ描写もほとんどなし。低予算作品ではあるものの役者のわざとらしい演技もなく、撮影や音楽も臨場感があって意外なくらいに手堅い出来になっていた。とはいえ内容が内容なので真剣にとらえることは難しいのだが、「RUBBER」のカンタン・デュピューの一連の作品に雰囲気はよく似ているかと。アホな設定を真面目に撮ってるというやつ。

チップが異物挿入の誘惑に逆らえずにあらゆるものに手を出す一方で、刑事のラッセルはアルコールの誘惑を断ち切ろうと努力しているわけで、これは「レクイエム・フォー・ドリーム」のごとく中毒性をテーマにした映画でもある。話が進むにつれてチップの肛門は絶大な力を持つようになり、ブラックホールのごとく周囲のものを引き寄せて飲み込むことができ、クライマックスはそれに飲み込まれてしまったラッセルの逃亡劇が描かれるのだが(いや本当に)、それはもはやクローネンバーグのボディ・ホラーのよう。つまりこの作品はSFでもありホラーでもあり、刑事ドラマそして中毒を扱ったサスペンスでもあり、まあ結局のところは全部中途半端になっているわけだが、この設定でこういう映画を作れてしまうのは凄いことかと。

チップを演じるタイラー・コーナックって監督も務めていて、さらに脚本と音楽も担当している。この人のこと全く知らなかったけど他の作品もチェックしてみたいな。ラッセルを演じるタイラー・ライスという役者も、自分流を貫く刑事を好演している。

どうしてもその設定のためにイロモノ扱いされるのは免れないが(デートや食事中には観ないほうがいいよ)、普通によくできた映画でした。アイデアの勝利。

「Shadow in the Cloud」鑑賞

クロエ・グレース・モレッツ主演のB級アクションホラー。アメリカとニュージーランドの合作になるのかな?

舞台は1943年のニュージーランドの空軍基地。日本軍との戦火が激しくなるなか、サモアに向けて飛び立とうとする爆撃機に一人の女性隊員が乗り込んでくる。モードという名の彼女は司令官に極秘任務を命じられたということで、謎めいた荷物とともに同行することになった。しかし女性の隊員はまだ珍しく、他の男性クルーたちは彼女を侮蔑的に扱って胴体下部の銃座に押し込んでしまう。荷物を運ぶためその仕打ちにも耐えるモードだったが、その爆撃機には機体を分解していまうという怪物グレムリンも乗り込んでいたのだった…というあらすじ。

飛行中の航空機におけるグレムリンとの戦い、というと「トワイライト・ゾーン」の「2万フィートの戦慄」が有名だが、こちらは主人公が爆撃機の銃座にいることから「世にも不思議なアメージング・ストーリー」の「最後のミッション」にも似ているところがあるかな。特に前半は銃座に閉じ込められたモードと他のクルーが無線で話す密室劇(?)が延々と続き、製作費お安いんでしょうねーと思ってしまった。

後半になってモードの持ち込んだ荷物の謎が明かされ、日本軍の戦闘機が攻めてくるなかでグレムリンとも戦わなければならない状況になってくるとそれなりに面白くなってくるものの、いろんな要素が微妙に噛み合ってない印象があって、ちょっと工夫すればもっと面白くなったんじゃないかと思う。BGMも実に場違いなシンセ音楽が多用されてて、なんか80年代のB級サスペンスみたいなノリになってるのだが、あれ狙ってやってるのかな。

モレッツ以外の役者や監督はよく知らない人たちばかり。脚本はマックス・ランディスが書いていて、あいつハラスメントで叩かれてるのによく起用されたな、と思ったらプロデューサーからは外されて、脚本も監督がそれなりに書き直しを加えたみたい。冒頭でモードに投げかけられる侮蔑的な言葉のどのくらいをランディスが書いたのかはちょっと興味あるな。

決して出来のいい作品ではないもののアクション部分はそれなりに楽しめるし、90分もなくてサクッと観られる作品なので、ビールでも飲みながら何も考えずに観るには適してる作品でしょう。

「プロミシング・ヤング・ウーマン」鑑賞

アカデミー賞にもいろいろノミネートされて話題の作品。日本は7月公開かな。以下はネタバレ注意。

30歳になるキャシーはかつて医大にも通っていた前途有望な女性だったが、ドロップアウトしていまは実家で暮らし、コーヒーショップでダラダラ働いていた。しかし彼女には裏の顔があり、それはナイトクラブで酔った振りをして、彼女に言い寄って部屋に連れ込む男たちを逆に痛い目に遭わせることだった。周到な準備をして男たちに仕置きをしていくキャシー。いったい何が彼女にそのような行為をさせるのか…というあらすじ。

話が進むうちにキャシー自身でなく幼なじみの親友が大学で性的暴行を加えられたことが示唆され、それに対する復讐としてキャシーがビジランテ的行動をとっていることが明らかになってくるのだが、「Ms.45(天使の復讐)」みたいなバイオレンスものではなくて、武器も使わずにもっと個人的な辱めを加えていくといった感じ。彼女の復讐の対象は男性に限らなくて、事件を揉み消した学長や同級生たちにも及んでいく。

ここ最近のMeTooムーブメントを強く反映しているような内容で、まあ男性が観るといろいろ気まずい思いを抱くんじゃないだろうか。キャシーはいい年してパステルカラーのギャルっぽいファッションをしている人で、実家の部屋もお屋敷みたいな内装になってるわけだが、これ若い頃で彼女の時間が止まっていて、そのときから今まで彼女が物事を明らかにできなかったことを象徴してるのでしょうね。セットデザインといえば弁護士の家の花が枯れてるところも印象的だった。

監督のエメラルド・フィネルってこれが監督デビュー作だが、イギリスでは役者やってるほかに「キリング・イヴ」のショウランナーもやってた人だそうで、この作品の雰囲気もイギリスのドラマっぽかったかな。銃が出てこないところとか、キャシーと両親の小ぢんまりとした関係とか。

キャシー役のキャリー・マリガンはいま35歳だそうだが、キャシーの痛々しいファッションがよく似合っております。最初は観ていてドン引きするものの、やがて孤独な仕置人のコスチュームみたいに見えてくるから不思議。共演者がやけに豪華で、クランシー・ブラウンやアルフレッド・モリーナ、アリソン・ブリー、コニー・ブリトン、モリー・シャノンなんかが出ています。プロデューサーはマーゴ・ロビーだぞ。

観てスッキリするかというと全くそんなことはない作品なのだけど、時代をうまく反映した作品だなとは思う。モヤモヤは残るけどね。

『ゴジラvsコング』鑑賞

HBO MAXで先に観てしまいましたが、さすがにこれは大スクリーンで観たら印象変わるだろうね。なお1962年の東宝版は未見です。以下はネタバレ注意。

  • 113分というモンスターバース映画では最も短い尺であるために、「細かいことはいいんだよ!」というノリで話がガンガン進む。その反面いろいろ雑なところもあるのだけど、怪獣映画にリアリティ求めても仕方ないでしょ、と割り切ってしまえばいいのかと。ギャレス・エドワーズ版が東日本大震災をモチーフにした真面目な映画だったとしたら、こちらは「東宝チャンピオンまつり」で「みなしごハッチ」と併映されそうな、娯楽に徹した作品になっている。
  • 話の中盤まで粘って粘ってゴジラの姿を見せなかったエドワーズ版と違って、今回はコングもゴジラも冒頭から全貌を見せつけてくれる大盤振る舞い。ケンカでは牙・爪・熱線が揃ったゴジラのほうが明らかにアドバンテージがあるので、弱いコングのほうがストーリー的には主役っぽい扱いになってるかな。よってゴジラは冒頭で早々とヒールターンしてちょっと悪者。怖い怪獣というよりも肥えた大トカゲみたいな演出は不満に感じる人もいるだろう。
  • 両者の対決に加えて、裏で暗躍する巨大企業とか新しい世界とかが出てくるのだけど、まず巨大企業のセキュリティがザル。すんごくザル。こういう映画のお約束とはいえ部外者に易々と侵入されて機密情報がバレまくってるし、自動ドアとか勝手にロックされてるし。防水処理もちゃんとしてればなあ。
  • 新しい世界のほうも突然存在が明かされるのだけど、科学的考証がどうしても気になってしまったよ。重力とか日光とか、あそこからあそこまで移動するのが早すぎるだろうとか。あと香港が大きすぎやしないか。あそこあんなに高層ビルあったっけ。
  • 前作「キング・オブ・モンスターズ」からはカイル・チャンドラーとミリー・ボビー・ブラウンが出てるけど出番は少ない。ブラウンの代わりに別の怪獣使いの少女が出てきます。ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンズに続く「なぜ怪獣映画にこの女優が?」枠でレベッカ・ホールが出演。個人的には「ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル」のデブ君とかロニー・チャンなどが出てたのが嬉しい。小栗旬ってよく知らなかったけど、英語がダメなのでセリフがみんな肩に力が入っている感じ。まあおかげで謎の東洋人という雰囲気は醸し出していたが。でも「芹沢」を名乗るべきキャラだったかは疑問が残る。

前作の「怪獣がいればみんなハッピーハッピー!世界の治安も経済も良くなって、みんなモテて背もグーンと高くなる!」といった終わり方は怪獣愛が溢れていて清々しかったのですが、今回もなんか「中学生のときにぼくが考えた最強の怪獣対決!」みたいな話がそのまんま映像化されていて、決して嫌いではないですよ。ただエドワーズ版からずいぶん遠いところに来たな、とは思う。

しかしモンスターバース、これでずいぶんネタが尽きたような気がするがどうするのだろうね?このまま東宝チャンピオンまつり路線でいくのならば、いずれゴジラが熱線で空を飛んだり、ゴジラの息子(名前は一般公募)が登場するのだろうか。あまりそっちには行って欲しくない気もするのです。

「Another Round」鑑賞

こんどのアカデミー賞で監督賞と外国作品賞にノミネートされてるデンマークの作品。原題は「DRUK」。

コペンハーゲンで教師をしているマーティンおよび3人の同僚は仕事もうまくいかず、家庭でも退屈な日々を過ごし、いわゆるミッドライフ・クライシスを迎えていた。飲み仲間である4人はスウェーデンの学者による「人は血中のアルコールが0.05%低い状態で生まれてくるので、ちょっと酒が入ってる状態が一番最適なのである」という学説を見かけ、それを実践するために日中に酒を飲み、8時以降は飲まないという誓いを立てる。これにより仕事でのストレスが消えて生徒受けも良くなったマーティンたちは、さらに血中のアルコール濃度を上げようと酒に深入りするのだが…というあらすじ。

メディアではコメディ・ドラマとして紹介されてるけどコメディの要素は殆どなくて、酒に救済を求める男たちの姿を淡々と描いている感じ。聞いた話ではデンマークって未成年の飲酒率が突出して高くて社会的にも大目に見られてるそうで、劇中でも生徒と教師が飲酒についてフランクに語り合うシーンが出てきたりする。とはいえ流石に学校で酒を飲むのは禁止されてるので主人公たちはいろいろまずい状況に置かれていくのだが。おれ個人は酒に弱くて顔がすぐ赤くなるタイプなので、周囲にバレずに酒を飲める人、というのがちょっと理解できんのよね。

主人公のマーティンを演じるのはマッツ・ミケルセン。酔ってキレッキレのダンスを披露してくれます。監督のトマス・ヴィンターベアって俺の苦手なドグマ95の人か…。もともと監督の娘さんの体験をもとに原案が練られて、主人公の娘役も彼女が演じるはずだったのが、撮影開始直後に交通事故で亡くなるという、ちょっとヘビーな背景があるらしい。

酒による失敗を描いてる一方で酒を糾弾する内容になっていないところが、ヨーロッパ的というか。でもこれたぶん「フレンチアルプスで起きたこと」みたいにハリウッドでリメークされそうな気がする。主人公たちが泥酔してゲロ吐いてベッドで寝小便しても、なんかスタイリッシュに見えてるのはそれはミケルセンたちのような俳優が演じてるからだからね、みんなはあまり酒に溺れないようにしようね。