良心的兵役拒否者でありながらも第二次世界大戦に参戦し、沖縄の激戦で多くの人命を救った衛生兵デスモンド・ドスの活躍を描いた、メル・ギブソンの久々の監督作品。以下ネタバレ注意。

内容はおおまかに3つのパートに分かれていて、前半は敬虔なセブンスデー・アドベンチスト教会の信者として育ったデスモンドが、信仰上の理由から人を殺めることを拒否し、家庭内での暴力を目撃した経験から銃を持つことまで拒みつつも、戦場で戦う人々のために貢献したいという思いから陸軍へ入隊志願する姿が描かれる。

銃を扱わないばかりかベジタリアンで肉を食べず、安息日は訓練をしないデスモンドは当然ながら上官や同僚に疎まれるわけで、トイレ掃除を命じられ、同僚たちにはリンチをくらう次第。でもね、これが旧日本軍だったら上官に体罰をくらって恐らく廃人になってますよ。というわけで日本人から見ると彼が受けてる仕打ちは意外と生ぬるかったりする。ついに彼の態度が問題視されて軍法会議にかけられるのだが、デスモンドの父親の尽力もあって彼は除隊を命じられず、銃を持たぬまま戦場へ赴くことを許される。こういうのがアメリカ軍の余裕ですかね。なおデスモンドの父親は第一次大戦でPTSDになって飲んだくれで息子たちに暴力を振るってたらしいのだが、その一方でこうして息子を助けたりしてて、あまり怖いという印象は受けず。つうか前半の演出はTVムービー並みのクオリティで主人公の葛藤もあまり表されておらず、凡庸な出来であったよ。

それが後半になって沖縄の戦場に場面が移ってからは俄然と話が面白くなる。日本軍が死守する前田高知の絶壁ことハクソー・リッジを陥落させるためにアメリカ軍が崖をよじ登り、上にいる日本兵と肉弾戦を繰り広げていく。戦場の描写は凄惨で、撃たれた兵士が単に倒れるようなものではなく、当たった銃弾はすべて体を貫通して血を撒き散らし、掃射を受けた兵士の肉と骨が避け、死体の臓物が飛びちってグロ描写が満載。ここらへんは反戦のメッセージというよりも監督の趣味なんだろうなあ。なお肝心のデスモンドは銃が撃てないのであんまり活躍せず、負傷した兵士を介抱している程度。

そして最後のパートでは戦闘が一段落したあとで、戦場に残された負傷兵をデスモンドが単身救出していくさまが描かれる。日本兵の目をかいくぐって一人また一人と兵を運び、崖の下へと降ろしていく。ここが一番の見所で、主人公の献身がよく分かるようになっているわけですね。最終的には75人以上の兵士をデスモンドは救出したという。

なお戦後のデスモンドは戦時中に罹患した結核のために片肺と肋骨5本を失い、抗生物質の過剰投与で聴覚を失い、働けない彼にかわって看護婦の妻が家計を支え、それで2006年まで生きていたという波乱の人生を送ったらしいが、そこらへんは映画では描かれてません。

また気になる日本軍の扱いだが、日本兵同士が会話するようなシーンは全くなし。ゾンビのごとく死を恐れずにわらわらと襲いかかってくる、強大で不気味な存在になっている。まあ切腹とか特攻のようなシーンもあるのだが、あまり気になる描写はなかったかな。こういうのを見て反日と騒ぐ人は、何にでも騒ぐのでしょう。

デスモンドを演じるのはアンドリュー・ガーフィールド。相変わらずフニャフニャした話し方だが純朴な主人公の役には合っている。「沈黙」では同じく日本で神が何も答えてくれないことに苦悶していた彼だが、こちらでは神に一方的に語りかけてひたすら行動!「あと一人だけ助けさせてください」とか言いつつ何十人も人を助けてます。

彼をしごく上官にヴィンス・ヴォーン。銃が大好きなコテコテの右翼らしいので、鬼軍人の役は板についてます。もう一人の上官を演じるのがサム・ウォーシントン。相変わらず特徴がないというか、無味乾燥な役者で…。あとは主人公の父親をヒューゴー・ウィービングが演じてたりします。アメリカ軍の映画なのに監督がオーストラリア人で、アメリカ人のキャストが少ないな。

反戦映画というには血湧き肉躍る戦闘描写が満載で、単にメルギブが戦争映画撮りたかっただけじゃないの?とも思うけれど、戦闘シーンの迫力は凄いし、こういう人が日本の相手国にいたんだよ、というのを知るのには良い映画かと。


というわけで今年のアカデミー作品賞。いちおうネタバレ注意。

観る前はあらすじがアートハウス映画っぽくていまいち分りにくい印象を受けたものの、要するに黒人のBL映画であった。戯曲を原案にしたものらしいが、話の舞台となるマイアミのリバティーシティ出身であるバリー・ジェンキンス監督の実経験が強く反映された内容になっているみたい。

内容は3部構成になっていて、麻薬中毒者の母を持ち、幼いころからゲイだといじめを受けてきたシャイロン少年が、成長するにつれて自分のアイデンティティやセクシャリティについて向き合っていく姿を叙情的に描いたもの。

第1部が子供の頃の話で、ろくに親に養ってもらえず困窮していたところを麻薬売人のホアンに助けられ、彼が父親代わりになって育ててもらうという話。第2部がティーンの頃で、同級生にひどくいじめられながらも、自分のセクシャリティに目覚めていく内容、そして第3部が成人したシャイロンが学生時代の友人と再会するというもの。

何か派手なことが起きるというよりも、決して楽ではない日常の暮らしの部分を丁寧に描いているといった感じですかね。ここがすごい!という内容ではなく、シビアなストーリーながらも美しい映像と音楽でもって主人公の成長を表現しているというか。マイアミがこういうものなのかもしれないが、夜のシーンとかは本当に美しいですよ。

そして全体を支えているのが出演者たちの演技。主人公のシャイロンは時代にあわせて3人の役者が演じていて、いずれも内気で寡黙な役まわりであるために実はいちばん感情移入しにくいのだが、代わりに脇役の演技が光っていて、なかでもアカデミー賞を獲ったマハーラシャ・アリの演技は本当にどっしりとしていてすごい。(代理の)父親の雰囲気を醸し出しているというか。また彼の妻をジャネール・モネイが演じているのだが、ヤクの売人の女にしては美人すぎやしないか。彼女だけ老けないし。そして3部にわたって唯一出演してるのがナオミ・ハリス演じるシャイロンの母で、たった3日(!)ですべてのシーンを撮影したらしいけど若い頃から老け役までしっかり演じきってます。

まあ万人受けする作品ではないではないだろうけど、いろいろ心に響くものもあり、良い作品でしたよ。白人だらけだと叩かれた昨年の反動もあるだろうとはいえ、白人が全く出てこないゲイのティーンの物語に作品賞が与えられ、ムスリムの役者に初めて男優賞が与えられたのは画期的なことかと。「ラ・ラ・ランド」同様に、それ単独でというよりも、これから続くであろう作品のために門戸を広げた作品として後々に評価されていくものになるんじゃないでしょうか。


・おれジャズは苦手っす。
・アカデミー賞で一悶着ありましたが、結果的に話題になったし劇場でヒットしてるし、良かったんじゃないですか。
・全体的な感想としては、ミュージカルの入門編的な作りになっている作品かと。過去の作品のオマージュを散りばめながら、ビッグナンバーのところはしっかり派手に展開させて、恋愛に関するシーンは親密に撮って、能天気なミュージカルなどにはせずに緩急をつけて万人受けする内容に、巧みに仕上げている。
・ただその一方で、皆が受け入れやすくするために作りをあまりにもベタにしてしまったのではないか、という印象は最後まで拭えなかった。カフェでバイトしてる女優志望とか伝統にこだわるミュージシャンなんて手垢のついた設定だし、歌が始まると周囲が暗くなるところとか、プラネタリウムでの演出はあまりにも型通りで興ざめしてしまった。デミアン・チャゼル、「セッション」のほうがもっとエッジの効いた演出してたよね。
・「その予定が今日だったの、忘れていた!」という展開も1度なら許すよ、でも2度やるなよ!スマホでスケジュール管理してるなら、ちゃんと予定入れとけ!
・演出にくらべて撮影は確かに見事。1時間もないマジックアワーでの撮影はさすがにグリーンスクリーン使ったのではと思ったら、本当にロケ撮影してるんですね。アカデミー賞受賞は妥当かと。
・エマ・ストーンって「ドスのある声」というイメージが強かったが、その声で今回は歌も頑張ってます。ちょっと音の伸びが弱い気もしたものの、アカデミー賞おめでとうございます。ゴズリングはまあいつもの感じか。劇中でいちばん幸せな人はなんとトム・エヴェレット・スコットだった。
・そしてエマ・ストーンの化粧はシャワーでも落ちない。

・ミュージカル黄金期の雰囲気をスクリーンに蘇らせたということで高い評価を得ているようですが、一方ではテレビだと「Crazy Ex-Girlfriend」とか、その前だとまあ「GLEE」とか、もっと斬新なミュージカルが出てきていると思うのですね。劇場映画でももうちょっと目新しいことやっても良かったんじゃないかと。同じく「映画に関する映画」ということで同じくアカデミーに過大評価された「アーティスト」のあとに白黒サイレント映画の波は(さすがに)やってこなかったが、こちらはもっと万人受けしやすい内容なわけで、この「ラ・ラ・ランド」の成功をきっかけにより多くのミュージカル映画が製作され、より優れたものがでてくることにつながるのであれば、これは十分に素晴らしい映画だということになるんじゃないでしょうか。


アカデミー4部門にノミネートされてる作品。

故オーガスト・ウィルソンの戯曲を映画化したもので、主演のデンゼル・ワシントンとヴィオラ・デイヴィスはブロードウェイで既に同じ役をやってるんですね。だからあんな長ったらしいセリフをスラスラ話していたのか。デンゼルは監督もやっていて、以前の監督作「アントワン・フィッシャー」はそんなに高い評価を得なかった覚えがあるが、この映画に前後して監督した「グレイズ・アナトミー」の1エピソードは絶賛されてたので、監督しての腕前も上がってるんでしょう。

話の50年代のピッツバーグ。ゴミの収集をして働くトロイは、かつてニグロリーグでの優秀な野球選手だったが、メジャーリーグが黒人を受け入れるようになった時には年をとりすぎており、プロで活躍できなかったことを悔やんでいる人物。彼の妻のローズは献身的な妻であり、一人息子のコーリーだけでなく、戦争で脳に障害を負ったトロイの弟や、トロイが結婚前につくった息子にも優しく接していた。そしてコーリーはフットボールの選手として成功をつかむ機会を手に入れるが、トロイはそのことを快く思わず…というようなあらすじ。

元が舞台劇のためか話の大半はトロイの家の裏の庭で進行して、そこで登場人物たちがいろいろ語り合う内容。たくさんたくさん語ってます。トロイは真面目に働いている一方で物分かりの悪い頑固親父であり、自分が野球で大成できなかったことを未だに根に持つために、人生を野球で語ろうとしてローズに呆れられるような人物。彼は自分が手にできなかった成功を息子たちが手にすることが気に入らず、露骨ではないものの彼らの進展を阻害するような、まあクズ親父ですね。彼は自分が黒人として初めて、ゴミの収集係でなく収集車の運転手になれたことを誇りに思っていたりするわけだが、おそらく時代的に黒人にもっと職業の選択が与えられた頃の話であって、そこらへんのジェネレーションギャップを表現した話になっているんだろう。

ただクズ親父を演じるにあたって、デンゼンル・ワシントンってやはりカッコよすぎるわけで、息子を威圧するような男性を演じても、観る人は彼に同調してしまうんじゃないだろうか。話の後半になってさらにクズっぷりを発揮するものの、それでも嫌いになれないというか。そんな彼に耐え続けるローズを演じるヴィオラ・デイヴィスは大変素晴らしくて、アカデミー助演女優賞は手堅いんじゃないかな?

なお題名の「Fences」というのはトロイが裏庭に建てたがっているフェンスのことを指しており、彼と周囲の人々の心の壁、および彼が死神を防ぐための柵、などであることが示唆されてます。あくまでも未完成であることがポイントな。

日本では残念ながら劇場公開されず、「フェンス」の邦題でDVDスルーされるそうな。決して派手な内容の作品ではないけど、親と子の断絶というのは日本人にも理解しやすいテーマだと思うので、アカデミー候補ということで興味を持った人は観てみて損はしないと思う。


公開よりかなり前に試写で観た映画はこのブログで扱わないポリシーなのですが、これはいろいろバイアスかかって叩かれそうな気がするので、ざっと簡単に援護しておく。

アメリカよりも中国市場を狙った作品なのに中国本土での評判は良くなくて興収もパッとせず、先週末に公開されたアメリカでも興収が散々のようで、おまけに中国が舞台なのにマット・デーモンを主人公にするあたりは、白人中心のホワイトウォッシュではないかと批評されてるわけですね。まあここらへんは全部事実といえば事実だろう。

でもあまり深く考えずに観ればね、これ結構楽しめる作品でしたよ。「中国の万里の長城はモンスターを防ぐために建造された!」という中学生が考えそうなアイデア(だが原案はマックス・ブルックス)にかなりの製作費が費やされ、色彩を強調したチャン・イーモウの演出が加われば、悪くないに決まってるやん。モンスター襲来に備えて太鼓がドコドコうち鳴らされるシーンとか、観ててゾクゾクきますぜ。

主人公だってマット・デーモンでいいじゃん!知らない中国人役者が出てるよりいいだろ。中国人女優の景甜が容姿端麗で勇ましい女性指揮官を演じていて、ここらへんも中学生の男の子が考えそうな設定になってます。こないだ落馬事故で大ケガしたらしいアンディ・ラウも賢い軍師の役がカッコいいし、いまいち何をやってるかよく分からないウィレム・デフォーもいい顔の演技をしてました。

壁を攻めてくるモンスターの種類が少ないのが残念だし、実のところあまり壁が役立ってなさそうだし、怪しい出来事を調べるために部下ではなく軍の指揮官が自ら出向いてくる(そして危険な目に遭う)なんて「スター・トレック」かよ!とまあいろいろツッコミを入れたくなるんだけど、それでも嫌いにはなれない作品であった。

チャン・イーモウの前作が抗日映画であったことを考えると日本では特に叩かれそうだが、そういう政治的な観念は置いておいて、正規料金払わずとも映画の日とかレディースデーとかに1000円ちょっとで観れば、十分に楽しめる映画であることをここに書いておく。