ジム・ジャームッシュの新作。日本では「パターソン」の邦題で8月公開かな?

舞台となるのはニュージャージーのパターソンという街。主人公のパターソン(街の名前と同じだね、というツッコミが劇中でも入る)はバスの運転手をして暮らしており、毎朝早く起きてバスを運転し、夕食には妻と愛犬の待つ自宅へ帰る、という生活を繰り返していた。そんな彼の隠れた情熱は詩を書くことで、同じくパターソンに住んでいた詩人のウィリアム・カーロス・ウィリアムズに憧れながら、自分が目にして経験する物事について詩をノートに綴っていくのだった…というあらすじ。

ジャームッシュの前作「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」はファンタジーというかサスペンス性が強い内容だったが、こちらは一転して日常系の物語。パターソンの月曜から日曜までの1週間を切り出し、彼の淡々とした生活を描いている。事件というかトラブルも発生するものの、あまり影響が出ずにそのまま人生が続いていく感じ。あとは乗客の会話に耳を傾ける運転手、という点では「ナイト・オンザ・プラネット」に通じるものがあるかな。

主人公のパターソンは暇さえあれば詩を綴っている人物だが、アーティスト気取りのようなところは一切なく、詩人かと聞かれても否定するほど。むしろケーキ作りやインテリアやギターに興味が移りまくる彼の妻のローラのほうが、いわゆる意識の高い人にように振舞っているかな。

パターソンを演じるのはアダム・ドライバー。やはり「スター・ウォーズ」なんかよりもこういう一般人の役のほうが似合うよね。彼が書く詩はジャームッシュの好きな詩人が提供したものらしいが、撮影にあたってちゃんとバスの運転手の資格を取得したというのは流石だなと。あとは「ミステリー・トレイン」にも出演してた永瀬正敏がちょっと登場してます。

内容が内容だけにナレーション形式で詩がたくさん詠まれていて、これ日本語に訳すの大変そうだなと思っていたら「詩を訳すのは雨具を着てシャワーを浴びるようなものです」という身も蓋もないセリフが出てきておりました。まあそれでも訳さないといけないわけですが。

あまりにも淡々としすぎていて、アメリカで非常に高い評価を得ているのがちょっとよく分からないのだけど、ごく普通の人々が持つアート心への賛歌、という点が受けてるのでしょう。悪くはない作品。


前作は劇場で2回観て、原作もクッソ読みづらい原書で読んだし(「ポルノ」は読んでない)、舞台版も見に行った。それくらい思い入れのある映画であったので、果たしてこの続編が期待に応えることができるかについてはそれなりの不安を抱いていたわけですね。海外での評判もいまいちだったようだし。

んで結論から言いますと、十分に楽しめる良作であった。もちろん前作ほどのキレというか疾走感は無いよ。あちらはボンクラがカタギの生活をしようと努力するエネルギーに満ちていたのに対し、こちらは中年にさしかかって人生の壁にぶつかった男たちが右往左往する話なのだから。でもそれが自分のような主役たちと同い年の者にとっては非常に親身に感じられるわけですね。公開週なのに劇場ガラガラだったけど、これもっと若い人が観たらどう感じるだろう。

20年の時を経て、登場人物も役者たちもみんな年をとっている。ユアン・マクレガーこそ未だに童顔であるものの、他の人物たちは髪が薄くなったり、丸っこい体型になっていた。30代でホグワーツの女学生を演じていたシャーリー・ヘンダーソンも(前作に出てないけど)さすがに老けてきている。そして彼らは結婚したり子供をつくったりしている一方で真っ当な大人になれず、家族への責任も抱けないわけだが、ベグビーに妻子がいる設定はちょっとズルいと思いましたよ。

そんな彼らが金儲けの話よりも夢中になれるのが「昔話」であり、過去の写真や逸話を壁に貼りながら、以前の武勇伝を語り合うときだけ、彼らの目は輝いている。(ここの部分はちょっと感情移入できなかったかな。自分が子供だったときの写真とか見て楽しいか?)

そして彼らは結局のところ怪しい金儲けに手を出すわけだが、スコットランドの経済状況や政治状況をうまく反映させてるのが面白かったな。親英派の集会とか。そして彼らを待ち受ける、ほろい苦い終わり方もまた良かった。

ダニー・ボイルの映像と音楽は相変わらず美しくて無駄がない。いつも彼の映画を通して(自分にとって)新しいミュージシャンを知るのですが(「トランス」のエミリー・サンデーとか)、今回はウルフ・アリスとかヤング・ファーザーズなどがめっけものでした。前作の映像と音楽も効果的に組み込まれてましたね。

一人くらいはカタギになってオフィスで働いているものの、安い給料で暮らしがしんどく、老いた親の介護でろくに結婚もできないような設定になっててもいいんじゃないの、とも思ったけどそれって日本的な発想なんだろうか。何にせよここ20年が何もなかったような設定の続編が多いなかで(インデペンデンス・デイとかX-ファイルとか)、時が経ったことを直視し、登場人物のその後をきっちり描いたことで、意義のある「続編映画」になっていたところに、この映画の大きな価値があるのでしょう。


ADHDの人向けに作られてるかのごとく、カラフルな画面と怒濤の如きギャグの展開に圧倒されますが、かなり楽しめる作品。

前作の「LEGO ムービー」、いや失礼、「LEGO® ムービー」は後半の意外なメタな展開におおっ!となった秀作でしたが、こっちは映画のクレジットとかにメタなツッコミが入ったりはするものの、基本的にはバットマンの世界に話を置いている。コメディ映画なんだけどバットマンの孤独さに焦点をあて、彼にはなぜロビン(とその他の仲間)が必要なのか?という点をうまく解説した作品でありました。なんでバットマンのコスチュームに比べてロビンのものはあんなに派手なのか?というのはコミックでもきちんと説明されてない案件なのだが、それも冗談半分ながらうまく分析してましたね。

サイコなバットマンとパッパラパーなロビンの組み合わせという点では、かの悪名高き「All Star Batman & Robin, the Boy Wonder」を彷彿とさせましたが、当然ながらあそこまでダークではなく、映画やテレビ版を含めたバットマンのフランチャイズの歴史に敬意を払った内容になっている。カイトマンとかカレンダーマンといったマイナーなキャラクターが動く姿なんて拝めるとは思ってなかったですよ。ジェントルマン・ゴーストってバットマンのヴィランじゃないだろうとか、ブラック・バルカンとかワンダーツインズってジャスティス・リーグにいないだろうとかツッコミながら観るのもアメコミファンの冥利につきますな。エンドクレジットでも多数のアメコミのクリエーターたちの名前が挙げられてましたよ。

さらに今回の悪役はバットマンの伝統的なヴィランではなく(除くジョーカー)、フランチャイズの枠を超えた悪役大集合!ワーナーが版権持ってるキャラクターだけかなと思ったらジョーズも出てくるし、イギリスからは「ドクター・フー」のダーレクまで登場する大盤振る舞い!デカい恐竜はゴジラかと思ってたら「タイタンの戦い」のクラーケンだったか。

字幕版で観たがバットマンの声優は前作に続いてウィル・アーネットで、ケビン・コンロイでないのは仕方ないのかもしれんね。ロビンの声がマイケル・セラなので「アレステッド・ディベロップメント」のカナダ人ふたりの共演になっている。ザック・ガリフィアナキスがジョーカーの声をやってるのだけど、ちょっとサイコっぽさがなくて残念。ここはやはりマーク・ハミルにやらせてもよかったのでは。

バットマンのことを知ってればとても楽しめるし、そうでなくても普通に楽しめる作品。世界中で大ヒットしたようだし、アメコミ映画だからといってMCUやDCUといった狭いコンティニュイティに制限せず、こういうコメディ作品も作ったほうがコミックの柔軟性を示せて良いのではないかと思うのです。


良心的兵役拒否者でありながらも第二次世界大戦に参戦し、沖縄の激戦で多くの人命を救った衛生兵デスモンド・ドスの活躍を描いた、メル・ギブソンの久々の監督作品。以下ネタバレ注意。

内容はおおまかに3つのパートに分かれていて、前半は敬虔なセブンスデー・アドベンチスト教会の信者として育ったデスモンドが、信仰上の理由から人を殺めることを拒否し、家庭内での暴力を目撃した経験から銃を持つことまで拒みつつも、戦場で戦う人々のために貢献したいという思いから陸軍へ入隊志願する姿が描かれる。

銃を扱わないばかりかベジタリアンで肉を食べず、安息日は訓練をしないデスモンドは当然ながら上官や同僚に疎まれるわけで、トイレ掃除を命じられ、同僚たちにはリンチをくらう次第。でもね、これが旧日本軍だったら上官に体罰をくらって恐らく廃人になってますよ。というわけで日本人から見ると彼が受けてる仕打ちは意外と生ぬるかったりする。ついに彼の態度が問題視されて軍法会議にかけられるのだが、デスモンドの父親の尽力もあって彼は除隊を命じられず、銃を持たぬまま戦場へ赴くことを許される。こういうのがアメリカ軍の余裕ですかね。なおデスモンドの父親は第一次大戦でPTSDになって飲んだくれで息子たちに暴力を振るってたらしいのだが、その一方でこうして息子を助けたりしてて、あまり怖いという印象は受けず。つうか前半の演出はTVムービー並みのクオリティで主人公の葛藤もあまり表されておらず、凡庸な出来であったよ。

それが後半になって沖縄の戦場に場面が移ってからは俄然と話が面白くなる。日本軍が死守する前田高知の絶壁ことハクソー・リッジを陥落させるためにアメリカ軍が崖をよじ登り、上にいる日本兵と肉弾戦を繰り広げていく。戦場の描写は凄惨で、撃たれた兵士が単に倒れるようなものではなく、当たった銃弾はすべて体を貫通して血を撒き散らし、掃射を受けた兵士の肉と骨が避け、死体の臓物が飛びちってグロ描写が満載。ここらへんは反戦のメッセージというよりも監督の趣味なんだろうなあ。なお肝心のデスモンドは銃が撃てないのであんまり活躍せず、負傷した兵士を介抱している程度。

そして最後のパートでは戦闘が一段落したあとで、戦場に残された負傷兵をデスモンドが単身救出していくさまが描かれる。日本兵の目をかいくぐって一人また一人と兵を運び、崖の下へと降ろしていく。ここが一番の見所で、主人公の献身がよく分かるようになっているわけですね。最終的には75人以上の兵士をデスモンドは救出したという。

なお戦後のデスモンドは戦時中に罹患した結核のために片肺と肋骨5本を失い、抗生物質の過剰投与で聴覚を失い、働けない彼にかわって看護婦の妻が家計を支え、それで2006年まで生きていたという波乱の人生を送ったらしいが、そこらへんは映画では描かれてません。

また気になる日本軍の扱いだが、日本兵同士が会話するようなシーンは全くなし。ゾンビのごとく死を恐れずにわらわらと襲いかかってくる、強大で不気味な存在になっている。まあ切腹とか特攻のようなシーンもあるのだが、あまり気になる描写はなかったかな。こういうのを見て反日と騒ぐ人は、何にでも騒ぐのでしょう。

デスモンドを演じるのはアンドリュー・ガーフィールド。相変わらずフニャフニャした話し方だが純朴な主人公の役には合っている。「沈黙」では同じく日本で神が何も答えてくれないことに苦悶していた彼だが、こちらでは神に一方的に語りかけてひたすら行動!「あと一人だけ助けさせてください」とか言いつつ何十人も人を助けてます。

彼をしごく上官にヴィンス・ヴォーン。銃が大好きなコテコテの右翼らしいので、鬼軍人の役は板についてます。もう一人の上官を演じるのがサム・ウォーシントン。相変わらず特徴がないというか、無味乾燥な役者で…。あとは主人公の父親をヒューゴー・ウィービングが演じてたりします。アメリカ軍の映画なのに監督がオーストラリア人で、アメリカ人のキャストが少ないな。

反戦映画というには血湧き肉躍る戦闘描写が満載で、単にメルギブが戦争映画撮りたかっただけじゃないの?とも思うけれど、戦闘シーンの迫力は凄いし、こういう人が日本の相手国にいたんだよ、というのを知るのには良い映画かと。


というわけで今年のアカデミー作品賞。いちおうネタバレ注意。

観る前はあらすじがアートハウス映画っぽくていまいち分りにくい印象を受けたものの、要するに黒人のBL映画であった。戯曲を原案にしたものらしいが、話の舞台となるマイアミのリバティーシティ出身であるバリー・ジェンキンス監督の実経験が強く反映された内容になっているみたい。

内容は3部構成になっていて、麻薬中毒者の母を持ち、幼いころからゲイだといじめを受けてきたシャイロン少年が、成長するにつれて自分のアイデンティティやセクシャリティについて向き合っていく姿を叙情的に描いたもの。

第1部が子供の頃の話で、ろくに親に養ってもらえず困窮していたところを麻薬売人のホアンに助けられ、彼が父親代わりになって育ててもらうという話。第2部がティーンの頃で、同級生にひどくいじめられながらも、自分のセクシャリティに目覚めていく内容、そして第3部が成人したシャイロンが学生時代の友人と再会するというもの。

何か派手なことが起きるというよりも、決して楽ではない日常の暮らしの部分を丁寧に描いているといった感じですかね。ここがすごい!という内容ではなく、シビアなストーリーながらも美しい映像と音楽でもって主人公の成長を表現しているというか。マイアミがこういうものなのかもしれないが、夜のシーンとかは本当に美しいですよ。

そして全体を支えているのが出演者たちの演技。主人公のシャイロンは時代にあわせて3人の役者が演じていて、いずれも内気で寡黙な役まわりであるために実はいちばん感情移入しにくいのだが、代わりに脇役の演技が光っていて、なかでもアカデミー賞を獲ったマハーラシャ・アリの演技は本当にどっしりとしていてすごい。(代理の)父親の雰囲気を醸し出しているというか。また彼の妻をジャネール・モネイが演じているのだが、ヤクの売人の女にしては美人すぎやしないか。彼女だけ老けないし。そして3部にわたって唯一出演してるのがナオミ・ハリス演じるシャイロンの母で、たった3日(!)ですべてのシーンを撮影したらしいけど若い頃から老け役までしっかり演じきってます。

まあ万人受けする作品ではないではないだろうけど、いろいろ心に響くものもあり、良い作品でしたよ。白人だらけだと叩かれた昨年の反動もあるだろうとはいえ、白人が全く出てこないゲイのティーンの物語に作品賞が与えられ、ムスリムの役者に初めて男優賞が与えられたのは画期的なことかと。「ラ・ラ・ランド」同様に、それ単独でというよりも、これから続くであろう作品のために門戸を広げた作品として後々に評価されていくものになるんじゃないでしょうか。