デイヴ・バウティスタ主演のアクションサスペンス。あまり期待しないで観たら結構面白かった。

舞台となるのは題名通りニューヨークはブルックリンのブッシュウィック地区。そこに住む女学生のルーシーは恋人と地下鉄の駅を出ようとしたところ、突然地上からは銃撃戦の音と爆発音が鳴り響き、火だるまとなった人物が飛び込んできた。慌てて二人が出口に向かうとそこは戦場のようになっており、何者かの集団と住民たちのあいだで銃撃戦が行われていた。ルーシーの恋人は様子を伺いに外へ飛び出すものの、爆発に巻き込まれて死んでしまう。一人となったルーシーは自宅を目指すものの、重武装した兵士やギャングに襲われ、路地裏の小さな地下室へと逃げ込む。そこに住むのは元兵士のスチュープであり、彼に助けられたルーシーは二人で彼女の家へと向かい、混沌とした物事の真相を把握しようとするのだが…というあらすじ。

ネタバレになるけど言ってしまうと、ブッシュウィックに侵攻してきたのはテキサスを中心とする南部の市民軍で、ふたたびアメリカ合衆国から離れることを大統領に認めさせるために北部の州を襲撃したのだという。ブッシュウィックが狙われたのは非白人が多いということと、銃規制が厳しいから住人の反撃には合わないだろうと推測されたという説明がされるのだが、そこはアメリカ、ブルックリンの住民だってみんな銃は持ってるのだ!ということで後半は市民軍に抵抗する住民の市街戦が繰り広げられていく。銃と火炎瓶で戦うユダヤ教徒がなんかカッコいいぞ。

最近流行りの、ゲーム視点的な長回しシングルショット風のスタイルで全編が撮られており、まあところどころ編集が入っているし、「トゥモロー・ワールド」ほどの凝った長回しは無いものの、冒頭の地下鉄のシーンなどでかなり効果的に緊張感が盛り上げられている。

スチュープを演じるのがデイヴ・バウティスタ。「ブレードランナー2049」でもそうだったけど、肉体的なピークを過ぎた、どことなく陰のある大男を好演しており、ここらへんはアクションに偏重しがちな他のWWE出身の俳優たち(ロック様含む)とは一線を画していますね。そんな彼と組むルーシーを演じるのが「ピッチ・パーフェクト」のブリタニー・スノウ。それ以外はそんなに有名な役者は出ていないかな。

まあB級映画かといえばB級映画だし、ラストの展開もなんか落とし所を間違えているような気がするのだけど、思っていた以上に楽しめる作品であったよ。もし日本のレンタル屋とかでも見かける機会があったら、鑑賞を一考することをお勧めします。


ネタバレせずに語ることは難しいけど、まだ観てない人も多そうなので白文字にしますね。個人的にはどうもしっくりこない内容であったよ。
(以下白文字)

・これ言ったら元も子もないんだろうけど、ファースト・オーダーってなんであんなに強大なんだ?前回の銀河帝国だって武器や軍艦は共和国のものをそのまま流用してあそこまで大きくなったのに、帝国の残党であるファースト・オーダーはたかだか30年で帝国以上の装備を揃えて、共和国軍を完全に駆逐する寸前まで行ってるわけ?まあ話の都合上、強大な敵が必要だったのは分かるのだが圧倒的な戦力の差にはずっと疑問を抱きっぱなしだったよ。

・さらにカイロ・レン(ベン君)には10年以上前からスノークの魔の手が忍び寄っていたわけで、これを考えるとルークたちの勝利してる期間て本当に短かかったなあ。これでスノークがいかに恐るべき敵であるかがきちんと描かれればよかったのに、結局はカイロ・レンのかませ犬であったよ。じゃあ代わりにカイロ・レンいかに恐るべき敵であるかが描かれるかと思いきや、相変わらず猫背の情緒不安な若造で、スノークの親衛隊を倒すのに苦労してる有様だし。あんなのがリーダーで大丈夫かファースト・オーダー。「ローグ・ワン」でダース・ベイダーの無双っぷりがきちんと出ていたばかりに、相変わらずの強大な悪役の不足が嘆かわしい。あとでっかい大砲をラストの脅威に持ってくる展開、そろそろやめませんか。

・そんなファースト・オーダーに追われる共和国軍ですが、後ろから撃たれながら全速力で逃げるという、文字どおり尻に火がついた展開に。主人公たちを切羽詰まった状態に置くというのは間違いじゃないと思うんですよ。ファースト・オーダーがもっと前にジャンプすればいいんじゃないかとか、ジャンプがあんな強力な攻撃方法になるならとっくに武器化されてるよね、と突っ込むのは置いておいて。ただ緊迫した状況にありながら、その解決案が「カジノ惑星に人を送る」というのはアンバランスなのではないか。舞台がカジノ惑星になったとたんに話が間延びするのですもの。そしてそこに登場する、ベネチオ・デル・トロのDJ!なんかスゴいキャラクターなのかと思ったらそうじゃなかった!彼、あれで終わりじゃないよね?あとでどこかで話が回収されるよね?そうでないと出た意味がないのでは。

・キャラクターの点では旧作のキャラクターたちにはふさわしい場が与えられた一方で(アクバー提督は除く。あれちょっとひどくないか)、フィンの立場が結構微妙だった印象を受けた。前作はフォースの覚醒していないレイと同等の立場でいいコンビだったものの、今回はレイが完全に主役になって、ダメロンもリーダー格になったので手持ち無沙汰な感じが。ジェダイというエリートではなく庶民的なキャラクターとしての視点を与えてくれるのはいいのですが、その割にはどうも前作に比べて活躍してなかったよな。

・スター・ウォーズ作品としては最長の尺を持ちながらも、アクションが次々と続くので決して中だるみするような内容ではない。ただその一方で話の展開は意外なほど少なくて、レイはジェダイとして完全には覚醒せず、上述したようにカイロ・レンも究極の悪役にはほど遠いし、そもそもカジノ惑星っていく必要あったののか?という気はするよね。3部作の真ん中として、話の設定にも結末にも時間を割く必要はない余裕があったのは分かるが、今後のディズニーによるSW映画(エピソード9で終わる訳はなく、永遠に続く)は、これからみんなこんな内容になっていくのかなと一抹の不安を抱かずにはいられなかった。

・とはいえラスト30分のクライマックスは手に汗握る面白さなんだけどね。ジェダイじゃなくてもフォースは使えるとか、「スター・ウォーズらしさ」(それが何であれ)の固定観念に果敢に調整したという意味では賞賛されるべき作品でしょう(実際はエピソード1〜3がその役目を果たしているのだが、ファンのお口には合わなかったようで)。次作はまたJJ・エイブラムスが戻ってくるらしいので、例によって過去の作品を焼き直した、あまり冒険をしない内容になるだろうから、今はこの、次はどうなるかわからないという気持ちを吟味しておきましょう。


本日公開なので感想をざっと。以下はネタバレ注意。でも上のポスターでバレてるように、スーパーマンでてくるよ!もはや公然の秘密!

・個人的には大きな問題だと思ったことが2つあったので、先に挙げていく。1つは映像が相変わらずのザック・スナイダー画になっていて、グリーンスクリーンの前で撮影しているのがバレバレという点。色合いも汚くなっている。「ワンダーウーマン」だとセミッシラなんてもっと美しく撮れていたじゃん?それがここではCGの添加物だらけの映像になっていて、クオリティが明らかにダウンしていたのが残念だった。

・もう1つはダニー・エルフマンの音楽が単調かつ耳障りな点。重厚なストリングスが延々と続いて、メリハリがないのよ。自身が作曲したバートン版バットマンのテーマも流用してるんだけど、あの曲調って今回の映画には合わない気がするのよな。ダニー・エルフマンは嫌いじゃないけど、作風の引き出しが狭いのではという考えを最近抱いているのです。ハンス・ジマーのワンダーウーマンのテーマを持ってきたのは当然として、ジョン・ウィリアムスのスーパーマンのテーマを一瞬使ってたのはイイネ!と思ったけど。あと作曲家ではなく音響の仕事だろうが、ブーム・チューブの「BOOM!」とマザー・ボックスの「PING!」はもっと特徴的な音にして欲しかった。

・さらにもう1つ文句を言うと、やはり悪役のインパクトが弱い。「あのお方(Ω)」の登場を後にセーブしたうえでステッペンウルフを持ってきた戦略はよく分かるけど、やはりマイナーなヴィランという印象は拭えない。「ワンダーウーマン」もそうだったけどDCは悪役の選択が微妙すぎるような。「あのお方(Ω)」が登場するのはグリーン・ランタンのときなのかなあ。

・とまあ悪い点を先に書いたけど、実は結構楽しめる作品であったよ。各キャラクターの立ち位置がはっきりしていて、みんなチームとしてだんだん結束してきちんと活躍して、ちゃんと話が盛り上がる冒険活劇になっている。本国の批評家が叩きたくなる内容なのはわかるが、スナイダーの過去2作よりずっと優れているし、ジョス・ウィードンの「エイジ・オブ・ウルトロン」より良いんじゃないかと。

・一説によるとワーナーのCEOの直々のお達しで、DC映画としては最短の2時間という尺になったらしく、予告編で使われていた映像も本編ではカットされていた。これによってテンポが良くなったのか、はたまた説明不足になったのかはよく分かりません。いずれ長尺バージョンも出るでしょ。なおどこまでがスナイダーの手によるもので、どこからがウィードンなのかというのを詮索するのは野暮だと思うので行いません。

・出演者はやはりワンダーウーマンを演じるガル・ガドーがいちばんいい。安心した演技をしているというか。この映画の前に「ワンダーウーマン」が公開されたことでキャラクターに深みが加わったのが大きなプラスになっているな。それに対する新参者としてはフラッシュを演じるエズラ・ミラーがトリックスター的な役回りで良かったです。TV版「フラッシュ」のファンも満足出来るキャスティングではないかと。何をやっても叩かれるベンアフも思ってたより良かったし、ヘンリー・カヴィルのCG処理されたヒゲも気にならなかった。スーパーマンのコスチュームはやはりカラフルであるべきですね。

・アクアマンは威張ってる割にはあまり活躍しなくて、実はそこらへんがコミック通りでもある。海中で会話をするときにいちいち気泡に入る描写にはビックリしたけど、ソロ映画撮ってるジェームズ・ワンが「あれは僕の映画ではやらない」とか言ってるのでいちおう安心。

・おれザック・スナイダー作品ってはっきり言って嫌いだし、冒頭に書いたように彼の映像センスって残念でしかないのですが、それでも意外と楽しめる作品であった。しかし興行的には惨敗しているし、一方で「ワンダーウーマン」が大ヒットしたことを考えると、これからのDC映画って今までのスナイダー(あともしかしたらノーラン)色が弱まって、また違ったスタイルをもったものになっていくのかもしれない。そういう意味では1つのフェーズの終わりというか過渡期にある作品だし、興行成績にめげずにこれをバネにして、これからのDC映画が多様なものになっていくことに期待しましょう。


ダーレン・アロノフスキーの新作。完全に合法的にスクリーナーを入手したので観た。何を話してもネタバレになってしまう作品なので、以降はネタバレ注意。

(ネタバレ注意!)

舞台となるのは人里離れた草原のなかにポツリと建つ一軒家。そこには小説家の男とその妻が住んでおり、男がライターズブロックに苦しんでいるなか、妻は古い家(彼らが買い取ったものらしい)の修繕に勤しんでいた。そんなある晩、ひとりの見知らぬ男性が彼らの家を訪ねてくる。夫は彼を気兼ねなく迎え入れ、妻はその事態に困惑しながらも彼を接待する。そして次の日、今度はその男性の妻がやってきた。最初はふたりをもてなす小説家の妻だったが、やがてふたりの振る舞いは客人としての限度を超すようになり、さらにその息子たちもやってきて…というあらすじ。

あらすじからもわかるように、登場する人物には一切名前がついておらず、劇中でも「あなた」とか「彼」といった感じで人が呼ばれるだけ。話の展開も明確なプロットが存在せず、時間が経つにつれて物事がどんどんカオス化していく(ただし実は2部構成になってるので途中でいったん平穏が訪れる)。途中観ていてなんとなくイヨネスコあたりの不条理劇を連想しました。小説家の妻が壁のなかに潜む何かを幻想するあたりは「レクイエム・フォー・ドリーム」の冷蔵庫のシーンを彷彿とさせるかな。話の展開に明確なオチがあるかというと実は無いので、スリラーやホラーというよりもダークなファンタジーに近い内容だったりする。これアレハンドロ・ホドロフスキーが撮ってたほうがしっくり来たかもしれない。

それでこうした登場人物たちが何を象徴しているかというとですね、主人公である小説家の妻は、タイトルの「マザー」が示すとおり「母なる自然」を指しているそうな。そしてその他の人物や出来事は聖書のアレゴリーになっているらしい。いちばんわかりやすいのは訪問者の息子ふたりがケンカするところか。それが創世記の誰を指しているのかはわかりますね。そうなるとふたりの両親は誰かというと、といった感じ。つまりこれ、前作「ノア」に続くアロノフスキー流の聖書の解釈だそうな。

アロノフスキーは脚本の初校を5日で書き上げたらしいが、よく言えば勢いがあるし、悪く言えば詰めの甘さが目立つ出来になっている。大自然を擬人化して、そのイジメられっぷりを描くって小学生並みのアイデアのような…。サスペンスの描写は相変わらず巧みだったけど、CGの出来が雑だったかな?撮影はなんと16ミリで行われたらしく、殆どが室内での撮影なので映像美みたいなものはない。日本では興行的に厳しいと見られたのか劇場公開中止の憂き目にあったが、観てる際の気まずい感じを他の観客と共有したかったな、という気もする。

小説家の妻を演じるのがジェニファー・ローレンスで、体をはった演技を見せつけてくれます。映画史上に残るであろう無駄脱ぎもあるでよ。その年配の夫を演じるのがハビエル・バルデムで、相変わらず何を考えてるんだか分からない不気味な男役。彼らの訪問者をエド・ハリスとミシェル・ファイファーが演じていて、ファイファーのビッチぶりが強かったけど、後半にでてくる意外な女優も良かったな。あとはドーナル&ブライアンのグリーソン兄弟が兄弟役を演じてます。

普通のアートシネマ(にしては金かかってるし、興行的に惨敗したけど)として観る分には、まあ悪い作品ではないと思うのですよ。でもアロノフスキーのファンとしては、なんか彼にしては煮詰まってない作品だなという印象も受ける。とりあえず聖書をネタにするのはもう止めといたほうがいいんじゃないかと思うのです。


日本でもカルト的人気を誇るホラー西部劇「トマホーク ガンマンvs食人族」のS・クレイグ・ザラー監督の2作目。以降はネタバレ注意。

ブラッドリー・トーマスは元アル中で、働いていた自動車整備工場を経営難のためクビになってしまう。さらに帰宅した彼は妻のローレンが浮気をしていることを知るが、ブラッドリーは彼女を許し、金を稼ぐために麻薬の運び人となることを決意する。それから18ヶ月後、運び人として得た金でブラッドリーは裕福になり、ローレンも彼の子供を妊娠していた。そんなとき、彼の雇い主のところにメキシコのギャングから大口の取引の話がやってくる。ギャングを信用しないブラッドリーだったが、雇い主の要望もありギャングのメンバーと一緒に麻薬を引き取りに行くものの、警察の張り込みに遭って逮捕・収監されてしまう。中犯罪刑務所で7年という判決を受けて服役するブラッドリー。しかしギャングのボスの使い人が面会に訪れ、彼が逮捕されたことで大きな損益が出たため、それを償うためにレッドリーフ重犯罪刑務所に服役している別の囚人を殺害するよう命じられる。その使い人はローレンを誘拐しており、ブラッドリーが命令に従わなければ赤ん坊を痛めつけると言うのだ。選択の余地のないブラッドリーは、ローレンとまだ生まれぬ子を救うため、レッドリーフ送りになるのを狙って刑務所で暴れるのだったが…というあらすじ。

「食人族」はB級ホラー的な設定を重厚に語っていった職人芸的な作品だったが、こちらは監獄ものを同様のタッチで描いている。2時間超えの尺であるもののブラッドリーが収監されるまでの経緯が入念に描かれていて、肝心の監獄シーンが始まるのは1時間ほど経ってからだが、前半も無駄な会話がなく話の展開が早いので見ている側を飽きさせない。入所の手続きのシーンだけでも緊迫感があるのは巧いね。

そして後半になってローレンの運命を知ったブラッドリーは仏頂面の暴力マシーンと化して、自分の目的に向かって一時も無駄にせずに暴れまくる。いちおう彼は昔ボクシングをやっていたという設定で、その割にはパンチの脇が甘いような気もするものの、その巨漢を活かしていかなる攻撃も受け止め、相手が警棒を持っていようがカンフー使いであろうがお構いなしに殴り、締め付け、手足をベキベキに折っていく。フィニッシュムーブはうつ伏せに倒れた相手の頭を踏みつけることで、これによって頭蓋骨がたくさんパックリ割れていきます。「食人族」はそのえげつない人体破壊の描写が話題になったが、こちらも容赦ない光景が続きますよ。

ブラッドリーを演じるのはヴィンス・ヴォーン。政治的なスタンスとかであまり好きな役者ではないものの、2メートル近い巨漢から繰り出す格闘芸はやはり圧巻。彼のベスト演技だとする意見も多いみたい。なおブラッドリーは外見はゴツいのに車を運転するときはソフトロックばかり流してたりする。そんな彼の妻のローレン役にジェニファー・カーペンター。あとはナチ女収容所のイルザみたいな格好でレッドリーフの所長を演じるのがドン・ジョンソン。そして不気味なギャングの使い人役にはなんとウド・キアー。クラーク・ジョンソンも1シーンに出てたりと、前作に続きキャストが変に豪華だったりする。

まあ決して気軽に観られるような作品ではないけれど、エクスプロイテーション的なジャンルの作品をすごく真面目に撮っているのは特筆すべきことだし、「食人族」がツボにはまった人ならこちらも楽しめるでしょう。なおザラー監督の次回作「Dragged Across Concrete」は再びヴォーン(およびこの映画の出演者の大半)と組むほか、なんとメル・ギブソンも出演して、警察による暴力を扱った作品になるのだとか。ハリウッドでも右寄りの異端児扱いされてるギブソンとヴォーンによる警察映画ってどんなものになるのか?今から楽しみである。