ブログで取り上げない作品(試写会で観たため)が増えてきたので、年末への備忘のために書いておく。順不同。

・LOGAN/ローガン
・メッセージ
・グレート・ウォール
・ムーンライト
・トレインスポッティング2
・レゴバットマン ザ・ムービー
・ディストピア パンドラの少女
・ジェーン・ドウの解剖
・スパイダーマン ホームカミング
・ベイビー・ドライバー

「ワンダーウーマン」はまだ観てません。「ガーディアンズ2」は及第点。「沈黙」はどこかの阿呆が冒頭に映画館でケンカはじめて、雰囲気をマズくしたのが残念であった。


日本でも来月映画祭で公開されるのかな?題名から若き女性が下着姿でくんずほぐれつするような内容を期待してはいけないよ。中年のオバハンふたりが殴り合うという映画。

ニューヨークの裕福な家庭に暮らすベロニカは、パーティーの場でバーテンダーとして働くアシュリーに再開する。かつて二人は同級生だったのが疎遠になり、アシュリーは画家を目指しながら貧乏暮らしをしていたのだ。身分の違う二人の会話はすぐにぎこちないものとなり、二人だけになった場では些細なことから殴り合いになってしまう。アシュリーのパンチをくらって階段から転げ落ちたベロニカは昏睡状態になり、2年間も病院で眠ることに。そして目を覚ました時、彼女は財産を失って無一文担っており、逆にアシュリーは絵画の腕前が評価されて売れっ子のアーティストになっていた…というあらすじ。

ベロニカ役にサンドラ・オー、アシュリー役にアン・ヘッシュ。助演にアリシア・シルバーストーンで、あとはディラン・ベイカーとかピーター・ジェイコブソンなんかが拘束時間半日といった感じでちょっと出演してます。

ストーリー的にはこの後アシュリーも痛い目に遭うわけですが、なんか中身がスカスカで95分の尺ながらもすごく間延びした印象を受ける。これFunny or Dieの30分くらいの短編だったら面白かったのでは。いちおうアメリカの医療保険の風刺とか、海外で戦争しかけて派兵していることへの皮肉なんかが込められているものの、どれも中途半端でピンとこないな。

むしろ元レズビアンのヘッシュにレズビアンの役をやらせたり、ヒッピーまがいの育児本を出して論議を呼んだアリシア・シルバーストーンに、ヒッピーまがいの育児にこだわる母親(赤ん坊にはwifiの電波や、中国製の玩具を近づけない)を演じさせるなど、かなりエグいキャスティングをしてるのが面白かったのですが、これどこまで意図的に配役したんだろう。

また劇中で3回くらいある格闘シーンは、どれも典型的なハリウッド風のケンカというか、全体的に凡庸で目新しさはなし。「ゼイリブ」みたいに時間配分を無視して延々と続けるとか、個人的に映画至上もっとも痛々しいケンカだと思ってる「ゆきゆきて、神軍」の素人同士の取っ組み合いのような、生々しさを感じさせる出来になってたらもっと面白かったと思うんですけどね。

というわけであまり出来の良い作品ではありませんでした。うーん。


原題は「The Girl with All the Gifts」で日本では7月公開。これマイク・ケアリーの小説が原作なのですね。ケアリーといえばコミックのライターとしてDC/ヴァーティゴの「ルシファー」のストーリーを担当してたり、ファンのあいだでは評価の低いポール・ジェンキンズのあとを継いで「ヘルブレイザー」を担当して人気を復活させたという人だが、俺はそんなに作品を読んだことがないかな。以降はネタバレ注意。

舞台となるのは近未来。謎の真菌類が世界中に蔓延し、それに感染した人々はゾンビ化して生身の人間の肉を喰らう怪物となっていた。生き残った少数の人間は軍事基地に避難してゾンビの侵攻に耐えていたが、ゾンビ化した母親から生まれた子供たちは、人肉への食欲を持ちながらも、高い知性と学習能力を備えていることが判明し、彼らを用いてゾンビ化に対するワクチンの研究が進められていた。子供たちの中でも特に高い知性を示した少女メラニーは教師のヘレンと仲良くなるものの、基地がゾンビたちによって陥落。メラニーとヘレンはワクチンを研究していた博士や数人の兵士とともに基地を脱出し、他の基地に合流しようとゾンビたちの蔓延するイギリス本土を旅することになるのだった…というあらすじ。

劇中のゾンビたちは「ゾンビ」ではなく「ハングリーズ」と呼ばれ、通常はじっと立った休眠状態でいるものの、匂いや音に過敏に反応し、人肉(動物もあり)を嗅ぎつけると全速力で追いかけてくるという存在。アリに寄生して行動を変化させる実在の真菌類をモデルにしてるのかな?彼らに噛まれると当然自分もハングリーズになります。

話の中心となる少女メラニーは第2世代のハングリーズとして人肉への渇望を抱きつつ、ヘレン先生たちを安全地帯へ導こうとする存在だが、彼女を研究対象とみなす博士や、彼女を怪物扱いする兵士たちとの葛藤が道中で描かれていく。イギリス作品のせいか、アクション中心のゾンビ映画というよりも、「28日後…」みたいなアートシネマっぽい描写もあり。

メラニーを演じるのは新人のセニア・ナヌマで、ヘレン先生をジェマ・アータートンがノーメイクで演じてます。兵士たちのリーダー役がパディ・コンシダインで、基本的に彼が出ている作品はハズレがないですな。あと観るまで知らなかったのだが、博士役にグレン・クローズ。今になって彼女をイギリスのゾンビ映画で見かけるとは思わなかったけど、体をはった熱演をしていて、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」よりもずっといい役でした。

監督のコーム・マッカーシーはテレビ番組のを監督を多数手がけてきた人で、これが初の劇場作品だとか。チェルノブイリの上空をドローンで空撮した映像を荒廃したロンドンの光景に使用したりと、大変な低予算作品ながらもいろいろ効果的なショットが用いられています。終盤のBTタワーとか非常に良かったですね。

非常に革新的というわけではないものの、ゾンビ映画に新しい観点を加えた良作。SF映画としても楽しめるし、ゾンビ作品に食傷気味の人でも楽しめる作品ではないでしょうか。


フランスの若手女性監督によるホラー映画。

厳格なベジタリアンの家庭に育った少女ジャスティーンは、かつて両親が学び、そして姉も学んでいる全寮制の獣医大学へと入学する。そこで彼女は新入生に対する上級生からの熾烈な入学の儀式を体験させられ、その一環としてウサギの肝臓を食べさせられるのだった。初めて肉の味を経験した彼女は全身に湿疹ができるものの、肉に対する強烈な食欲を感じるようになる。さらにゲイの男性であるルームメイトにも性的な興味を抱くようになり…というあらすじ。

トロント映画祭では上映中に失神者が出たとかで話題になったが、そこまでグロい描写はないかな。思春期を迎えたオクテの少女が、自らの内側に潜んだ欲望を露わにするとともに肉体的な変化を遂げていく、という「キャリー」や「ブラック・スワン」に通じるアート系のホラーといったところ。フランス映画ということもあり「顔のない眼」に近いものを感じました。

監督はしれっとインタビューで「これホラーというよりコメディだから」とか言ってるけど、音楽の使い方がそんな感じだったかな。過激なシーンにちょっと軽快な音楽がかかるところとか。

(ほぼ)新人俳優のガランス・マリエールが演じる無垢な少女ジャスティーンは友達もいないまま大学のなかにひとり残され、自分の欲望に身をゆだねていくわけだが、その彼女を導くのが、よりハードコアな容貌と生活をしているお姉さんのアレクシアで、彼女はジャスティーンにファッションの手ほどきなどを与えると同時に、自分の欲望を受け入れるさまを教えていく。

お姉さんというエクストリームな体験の先駆者がいることで、ジャスティーンが経験する変化の衝撃が薄まったような印象も受けたわけで、むしろお姉さんのキャラはいらなかったんじゃね?とも思ったが、彼女の存在がラストの強烈なオチにつながっているのでありました。

海外での評判が大変よかったために、期待していたほどの内容ではなかったけれども、よく出来た作品ではありますよ。ホットドッグとか食べながら鑑賞しましょう。


こないだアメリカで観てきたのだよ。当然以下はネタバレがあるので注意。注意!

・「オデッセイ」では故郷を遠く離れた宇宙飛行士が生存のために奮闘するさまを描いたリドリー・スコットが今回もまた、故郷を遠く離れた宇宙飛行士たちが生存のために奮闘するさまを描いている。違いはこちらの奮闘がすべて徒労に終わり、彼らがブチブチと殺されていくところだが。

・前半は「プロメテウス」っぽくて後半は「エイリアン」になってくるといったところか。全体的には闇スコットによる宇宙版「悪の法則」という感じですけどね。後ろですべてを操ってる存在の手中に、皆がズブズブとはまっていくのですもの。

・「プロメテウス」観た人も短編映像「Last Supper」と「The Crossing」は事前に観ておいたほうが良いと思う。後者はネタバレ気味だが話を補完するのに重要なので。

・「プロメテウス」は異星人・異生物の生態系が完全に意味不明でしたが:

今回はより「エイリアン」に近づいた生物(?)考証になっているかな。それでもチートっぽい展開があるけど。

・キャストは前作に続いてマイケル・ファスベンダーがアンドロイド役を演じているほか、キャサリン・ウォーターストンやダニー・マクブライド、ビリー・クラダップなど。ウォーターストン、短髪にするとパパに似てきていて…。マクブライドはコメディ畑の人だが顔つきがいかついので、今回の役には適していたと思う。エイミー・サイメッツがこういう大作に出てたのは意外だった。

・製作開始時から言われているように、ホラーとしての「エイリアン」の原点に立ち返った作りになっていた。「古城に迷い込んだ若者たちが、城主とその怪物に殺されていく」ハマーフィルム的な展開だよね。ただ今の時代において、「卵を覗いたらフェイスハガーが飛び出してきた!」という展開はもう誰も驚かないのでは。あと最後に1つどんでん返しがあるのですが、明らかにそれが事前に分かるような演出がされていて、そこらへんのスコットの意図はいかに。

・あとはSFとしても、人知を超えた謎の存在であったエイリアン(ゼノモーフ)のオリジンを明かしてしまうのは、彼らの神秘性を奪ってしまうのではないかという懸念が残る。80歳を目前にしてスコットは、「エイリアン」映画をあと1〜2本は撮ると意気込んでいるようなので、この映画で残ったモヤモヤしたものがうまく解決されるのかもしれないけど、それでも最後は第1作の初めにつながる(らしい)ので、結末がわかってる話を何本もつくるのはどうなのかとも思う。ちなみにエイリアン・クイーンって出てくるんだろうか。あれってキャメロンの創造物だよな。

・個人的にはあれはあれで好きだった「プロメテウス」以上に楽しめる内容だったし、ベテラン監督による一定水準以上のクオリティを保っている作品であることは間違いないのですよ。ただし後味が悪いまま劇場を出ることになるのは間違いないので、まあこれからスコット爺はどうしていくんですかね。デートで観るような場合は注意しましょう。