日本では10月公開のホラー映画。プロットについて話すと必然的にネタバレになる系の作品なので、以下はネタバレ注意。

これ先に監督のジョーダン・ピールについて語っておくと、もともとThe CWのスケッチ番組「MAD TV」のレギュラーやってたコメディアンで、あの番組が終わったあとに同じくレギュラーだったキーガン=マイケル・キー(なお2人とも黒人と白人の混血)と組んで、コメディ・セントラルで「キー&ピール」という番組を始めた人なんですね。そしたらその番組での人種をネタにした数々のスケッチ(ここで観られるよ)が大ヒットして、2人はいちやく人気者になったのです。そして一緒に「キアヌ」といった映画に主演した一方で、お互いのソロ活動が増えてきて「キー&ピール」は5シーズンで終了。

そのあとキーガン=マイケル・キーはいろんな映画やテレビ番組に出まくってて、ピーボディ賞の司会とかもやってたんだけど、ジョーダン・ピールのほうはメディア露出がグンと減って、何してるんだろうと思ったらホラー映画を監督してるという話が聞こえてきて、そして初監督作として世に出たのがこの「ゲット・アウト」。初週から大ヒットをとばして製作費の何倍もの収益を稼ぎ、黒人監督のデビュー作としては最も興行的に成功した作品になったとか。

話が長くなったけど、要するに作品紹介などで使われる「コメディアンによるホラー映画」というのは正しいんだけどあまり意味がなくて、ピールもキーもすごく頭がいいのはインタビューなどから明らかだったし、ピールが往年のホラー映画が大好きでよく研究していることも公言してたので、ホラー映画のファンが熱意をもって作った作品だと思って観ればいいんじゃないかと。

そして肝心の内容ですが、都会でカメラマンをやっている黒人のクリスは、白人のローズという女性という恋人がおり、2人ははじめてローズの両親たちの住む田舎町を訪れる。自分が黒人だということを懸念していたクリスだが、ローズの両親は人種など一切気にせずにクリスを暖かく受け入れる。恋人の実家で受けた歓迎に安心するクリスだったが、やがて何かが微妙におかしいことに気づき…という内容。

警察のいない田舎町で遭遇する恐怖、というのはホラーの定番だが、ここに人種の要素が入っているのがこの映画のミソ。明確な人種差別の描写などはない一方で、白人が黒人をベタ褒めするとき、裏にはなにか魂胆があるんじゃね?といった疑心暗鬼の雰囲気がうまく醸し出されている。奴隷制とかのメタファーも巧妙に隠されており、これすべての謎がわかった後にもう1度観ても面白いんじゃないかと。コメディではないんだけど現代社会への皮肉がうまく盛り込まれていて、ホラー映画の定石を巧妙にアレンジしてたり、謎解きの要素が強い点などは「キャビン(・イン・ザ・ウッズ)」に似ているところがあるかな。

その一方ではどうしてもホラー作品にするために、「人種差別の怖さ」の表現が薄れてしまったところもあるかな。劇中に明確なレイシストは登場せず、もっと別の意味でクリスは身の危険にさらされることになる。また話の重要な道具に「催眠術」を持ってきたのはちょっとズルいんじゃないかと。主人公も最後になってやたらケンカが強くなるし、いささか設定に粗さが目立ったことは否めない。

主役のクリスを演じるのはイギリス人のダニエル・カルーヤ。最近は黒人の役もイギリス人ばかりが演じていると問題視されてるとかなんとか。恋人のローズを演じるのは「ガールズ」のアリソン・ウィリアムズ。他にはキャサリン・キーナーやブラッドリー・ウィットフォード、スティーブン・ルートといった俺好みの役者が揃ってます。

監督のピールは映画の構想時は「オバマが大統領になったし、人種差別なんて過去のものじゃね?」とか考えてたらしいが、ところがどっこい、先週末のバージニアでの騒ぎにも象徴されるように、アメリカの人種差別は猛威をもって再び台頭しようとしているわけで、そういうご時世がこの映画の大ヒットにつながったんだろうな。今年のTVシリーズの新作も、警察と黒人コミュニティの軋轢をテーマにしたものが比較的多いし。そういう背景が日本の観客にどこまで理解されるのか、という不安はあるのだが、これは普通にホラーとしても良くできた作品なので、「キャビン」とか「イット・フォローズ」みたいな独創的なホラー映画が好きな人は楽しめると思う。


こんど新作「ベイビー・ドライバー」(傑作!)が公開されるエドガー・ライトの1995年のデビュー作。そう、「ショーン・オブ・ザ・デッド」の9年前に1本撮っていたのだよ(この前にも「Dead Right」という短編を作っているらしい)。

当時は劇場1館だけで公開されたという超低予算作品で、DVD化もされてないので幻の作品かな…と思っていたらググったらすぐに動画が見つかった。アップしたの誰だ。なお上の画像に「20周年」とあるように、こないだLAで20周年記念の上映があったとか。

内容は題名から分かるようにセルジオ・レオーネあたりのマカロニ・ウェスタンのパロディとなっていて、さすらいのガンマンが自分の愛馬を殺した悪党を追い詰める、というのがざっくりとしたプロット。でもコメディなので話は脱線しまくってるけどね。

監督が友達を総動員して作ったアマチュア映画なので、出てくるインディアンやメキシコ人は顔に色を塗った白人だし、馬は自分の足で動かす木馬。ならず者たちの酒場は近所のパブで、西部の荒野は郊外の森あたりで撮ったんだろうなあ、というのがよく分かる。

話もしょーもないギャグが次から次へと繰り出される展開で、まあ正直なところあまり面白くありません。78分という短尺ながらも、結構グデグデになってしまっていたような。ガンアクションのところの編集とか、音楽と映像の合わせ方とか、のちに開花するライトの才能の片鱗がうかがえた…ような気がした…。

出演者もみんな無名の役者(?)ばかりで、当然ながらサイモン・ペッグもニック・フロストも出てません。主役のガンマンを演じるグラハム・ロウはライトの後の作品(「SPACED」とか)にも出ているみたい。最後にイギリス版「どっきりカメラ」みたいな番組の司会をやっていたジェレミー・ビードルという人がカメオ出演しているんだが、彼はどういうツテで出演したんだろう。

まあエドガー・ライトのよっぽどのファンでもない限り観る必要はないだろうが、西部劇愛というか映画愛が感じられる作品だし、後に傑作を作り続ける人がかつてはこういうものを撮っていた、というのを知る意味では興味深い作品ではないかと。というわけでみんな「ベイビー・ドライバー」観に行きましょう。

これはファンメイドのトレーラー。


広島の原爆記念日に触発されたわけではないけど、かつて社会現象を巻き起こした作品なのに観たことなかったな、と思いyoutubeにあがってた低画質のものをチマチマと観る。

ウィキペディアにも日本語版記事があるので詳細はそっちを見てもらうとして、冷戦の緊迫状態にあった1983年に、アメリカとソ連との核戦争、およびその結果を描いたTVムービー。エクスプロイテーション的な内容ではなくて、当時はその生々しさが話題になって高視聴率を稼ぎ、なんと現在においてもアメリカ史上で最も視聴されたTVムービーなんだとか?日本でも当時は大きく話題になってましたね。126分とTVムービーにしては長尺だが、原爆が落ちてからの後半はCMなしで放送されたのか。

話はカンサスを舞台に、医者とその家族、結婚式を控えた娘のいる家族、基地に派遣された軍人たちの日常生活が、東西ベルリンにおける米ソの軍事衝突を境に緊迫感が高まっていき、やがて核ミサイルに襲撃され、廃墟となった土地で生きるさまが描かれていく。

なんでカンサスかというと核ミサイルの基地があるので軍事的なターゲットになっているそうな。アメリカ各地にも核ミサイルが落ちたようなことが示唆されるけど、高層ビルが吹き飛ぶようなシーンは出てきません。というかミサイルの発射シーンや核爆発で森や建物が崩壊する映像は明らかに軍の記録映像の使い回しで、まあ劇場映画とかに比べると低予算だったんだろうなあと。

キノコ雲の特撮なんかは悪くないんだけどね。原爆の被害もピカッと閃光が走ったらすぐに人が骨になっている感じで、「はだしのゲン」よろしく人の皮が焼けただれたり火脹れで顔が腫れ上がるような光景は全くなし。こういう作品は「ゲン」や「風が吹くとき」のように観る人にトラウマを与えてなんぼだと思うのだが、家族向けネットワークのABC放送ということでキツい映像にはいろいろ規制が入ったらしい。放射能によって人々の髪の毛が抜け落ちていく描写とかは頑張ってました。

監督は「スター・トレック」シリーズや「タイム・アフター・タイム」といった娯楽作で知られるニコラス・メイヤーだが、テーマのせいか演出はかなり淡々としている。つうか退屈の域。最初の1時間で戦争に向けて事態がエスカレートするさまが描かれ(ラジオでのニュース放送がメインだが)、中間地点で原爆が爆発、後半は生き残った人々が無気力なまま暮らし、やがて放射能により何人かが絶命していく。銃を持った自警団みたいなのが出てくるのがアメリカ的だなとは思いました。

出演者は故ジェイソン・ロバーズを筆頭に、「ポリス・アカデミー」でブレイクする前のスティーヴ・グッテンバーグや髪のあるジョン・リスゴーなどが出ていて今から見ると比較的豪華なのだが、いかんせん話が淡々としてるので目立った演技はなかったかな。

30年前に比べると世界情勢も変わってきているので、現代ではそのまま通用しないような要素もあるし、これが例えばテロリストによる核の起爆や北朝鮮のミサイルといった出来事だったらいろいろ話は変わってくるのだろうけど、こないだの震災を含め、大災害に遭ったあとの人々はどう生き延びるのかという所はいろいろ考えながら観ました。とりあえず食料の備蓄と懐中電灯の準備は日頃から行っておきましょう。


原題「Poesía Sin Fin」で、アレハンドロ・ホドロフスキーの新作。2年くらい前にクラウドファウンディングで製作費を募っておりまして、25ドルほど出資したのでございます。それで5月くらいに作品は完成してダウンロード可能になってたんだけど、不親切にも英語字幕が提供されてないので鑑賞できず、仕方なしにネット上に転がってた字幕ファイルとあわせて観るはめに。でも字幕のタイミングがずれまくってたうえにフランス語の会話の部分がぜんぶ抜けてたな。字幕が提供されてないのは欧米の出資者にも不満が出ているようだし、そのあと出資者に提供されたサントラのダウンロードもアメリカ国内でのみ可能と、どうも今回のクラウドファウンディングはアフターケアがいまいちのようでしたね。日本での試写イベントに招かれる権利はあるんだろうか(もう行われた?)。

内容は完全に前作「リアリティのダンス」の続編で、同じ役者が演じるホドロフスキー一家がチリのサンティアゴに移住してきたところから話は始まる。父が経営する商店を手伝いながら、医者になることを強制されるアレハンドロ少年だったが、本人の夢は詩人になることであった。そして青年になった彼はエンリケ・リンやニカノル・パラといった詩人や芸術家に出会い、自分もまたスタジオを持って芸術性を開花させていく、という物語。

「リアリティのダンス」は記憶喪失になった父親の帰還などのマジックリアリズム的な要素が多分にあったが、こちらは比較的ストレートに自伝的な内容になっている。それでも小人の女性などといったホドロススキー的な描写はいろいろ出てきますが。予算もなんとなく低予算のようだけど、セット芸術などは印象的だし、画面の色使いなども美しいシーンがいろいろ出てきていたな(撮影はなんとクリストファー・ドイル)。あとたまに「黒子」が出てきて、画面上の小道具を片付けたりする演出が斬新でございました。

前作に続いてホドロフスキーの父親役を演じるのが、ホドロフスキーの息子のブロンティス。さらに青年時代のホドロフスキーを演じるのがブロンティスと17歳くらい年の離れた弟のエイダン・ホドロフスキーで、つまり兄弟が親子の役を演じているというわけ。ホドロフスキーの母親を演じるのはこちらも前作に続いてパメラ・フローレスだが、今回はホドロフスキー青年とねんごろな仲になる女性詩人ステラ・ディアスの役も一人二役で演じていて、どことなく近親相姦っぽい雰囲気がありますね。

息子二人に加えてホドロフスキー本人も狂言回し的に随所で登場。クレジットを見るとスタッフにもホドロフスキーの親族がいるようで、もはや家内制手工業のような映画作りになってきたな。ブロンティスの娘もモデル兼女優をやっているそうで、いずれ続編に登場してくるのでは。でもホドロフスキーは実際は姉がいたようだけど、不仲だったそうで劇中ではいなかったことになってるのが手厳しいな。

前作を観たときほどの衝撃はなかったけど、それでも非常に独創的な出来の作品であり、一見の価値はあるかと。どうもホドロフスキー(88歳!)にはこの自伝的な内容の話を5部作にする構想があるらしいのだが、本当にできんのかそれ。いずれパリにおいて「デューン」を撮ろうとする逸話が出てきたりするのだろうか。

なおクラウドファウンディングの出資者に対する謝辞はいちおうあるものの、最後にパーっと出るだけで自分の名前を確認するようなことはできなかった。まあ期待してたわけじゃないんだけどね。チェッ。

ブログで取り上げない作品(試写会で観たため)が増えてきたので、年末への備忘のために書いておく。順不同。

・LOGAN/ローガン
・メッセージ
・グレート・ウォール
・ムーンライト
・トレインスポッティング2
・レゴバットマン ザ・ムービー
・ディストピア パンドラの少女
・ジェーン・ドウの解剖
・スパイダーマン ホームカミング
・ベイビー・ドライバー

「ワンダーウーマン」はまだ観てません。「ガーディアンズ2」は及第点。「沈黙」はどこかの阿呆が冒頭に映画館でケンカはじめて、雰囲気をマズくしたのが残念であった。