ボストンマラソン爆弾テロ事件の被害に遭った男性ジェフ・ボウマンを主人公にした、実話に基づいた作品。以下はいちおうネタバレ注意。

ボストン育ちのジェフは元恋人のエリンとよりを戻すことを期待して、彼女が参加したボストンマラソンをゴール付近で観戦していたところ、突如起こった爆発によって両足を吹き飛ばされる重傷を負い、病院に運ばれる。意識を取り戻した彼は爆弾犯の顔を覚えていたことからそれが犯人確定の手がかりとなり、傷害にも屈しない彼の姿はボストンで英雄視されることになる。しかしその一方でジェフはリハビリに苦しんでいた…というあらすじ。

邦題からして困難に立ち向かう主人公の感動もの、といった印象を受けるけど、実は意外とそうでもなかった。コストコの従業員として働くジェフは自らのヘマで汚した調理場の掃除を他人に任せてレッドソックスの試合に行くようなボンクラで、テロ被害に遭ったことで一躍英雄扱いを受けるものの、やってることは相変わらず友人たちとビール飲んでだべってるだけ。一度は別れた恋人のエリンが気を遣って身の回りの世話をしてくれるのにろくに感謝もせず、さらには彼女と保護なしのセックスをして妊娠させてしまうというダメっぷり。この映画はジェフの書いた自伝をもとにしてるのだが、本もこんな内容なのだろうか?

ジェフの家族もみんなだらしなくて、母親は酒ばかり飲んでるおばちゃんだし、ボストン訛りで言葉が汚くて、ジェフの面倒を見ているエリンを疎んじているほど。じゃあ人物の描き方が不快かというと決してそうではなくて、むしろ非常にリアルだと思いました。爆弾で両足を失ったからといって皆が聖人君主になるかというと、そういうわけではないでしょ?むしろ従来の暮らしに戻りたいと思うだろうし、エレベーターのない家に住んでる一方で立派な義足を贈与されるジェフの空虚さがよく醸し出されているのではないかと。
セレモニーに招かれてもジェフは感動的なスピーチを口にするわけでもなく、むしろ彼の姿に一方的に感動した人たちが自身の境遇を彼に投影し、心を揺さぶる話を彼にして、ジェフが逆にそれに感動するという有様。平和活動家として活躍しており、事故現場に居合わせたことでジェフに応急処置をして彼を救ったカルロス・アレドンド(上のカウボーイハットの人)こそ本来ならば英雄扱いを受ける人なのだが、彼もまた自分の亡き息子たちの姿をジェフに重ね合わせる人として登場している。話の最後ではさすがに感動パターンに話を持って行こうとして全体のトーンが崩れている気もしたけどね。

ひどい目に遭ったのに変わろうとしない主人公の物語、という意味では「BIG FAN」に似ているところがあったかな。監督はデビッド・ゴードン・グリーンで、彼のボンクラをボンクラとして描くスタイルはブレないですね。ジェフを演じるジェイク・ギレンホールも抑え気味の演技で好演していて、エリン役のタチアナ・マスラニーは相変わらず演技が巧いです。

映画のラストでは再び結ばれて子供が産まれているジェフとエリンのカップルも、実際は映画の撮影がちょうど終わった頃に離婚していて、現実はどこまでも非情ではある。でも困難に立ち向かってる人だって欠点はあるし、自動的に英雄になれるわけじゃないんだよ、ということを示した点では興味深い作品であった。


昨年いろいろ高い評価を受けたインディペンデント作品。

舞台は名前の通りフロリダで、ディズニーワールド近くの安アパート(モーテル)群に住む人々の姿を、そこに住む6歳の少女ムーニーの視点で描いたもの。あまり確固としたストーリーはなくて、貧しくもその日暮らしで元気に生きようとする住人たちと、アパートの世界しか知らない子供たちの無邪気な行動、それでも忍び寄ってくる貧困の影、といったものが淡々と語られていく。

ムーニーは無邪気であるものの、話の初っ端から他の住民の車にツバをひっかけるようなクソガキで、他の子供たちとともにアパートの配電盤に潜り込んで停電を巻き起こしたり、さらに非道いイタズラをしたりとやりたい放題。アパートの管理人のボビーはそんな彼女たちに手を焼きながら、時には厳しく叱ったり、時には変質者から守ったりと親代りの身となってアパートを切り盛りしている。

ムーニーの母親のヘイリーたち(シングルマザーばかり)も生活がいいかげんといった意味では子供たちと似たり寄ったりで、安く仕入れた化粧品を通りで売りさばいて糊口をしのぎ、生活が逼迫してくると売春にも手を出す始末。彼女たちの生活とサブプライムローン危機を結びつける見方もあるようだけど、こういう貧困レベルで暮らす人たちはいつの時代にもいると思う。ただ生活のレベルが日本の低所得層とはまた異質で、いまいち共感しにくいところもあるんだよな。同じくその日暮らしをする若者たちが主人公の「American Honey」に似たものを感じました。

題名がフロリダのプロジェクト(公営団地)を指していることは明白だが、「フロリダ・プロジェクト」ってディズニーワールドの開発時の名前でもあるそうな。住人たちがディズニーワールドにやってきた観光客から様々な形で恩恵を受けていることが示唆されるが、テーマパークのきらびやかな世界との対比みたいなものは描かれていなかった。

監督のショーン・ベイカーって前作「タンジェリン」をiPhoneで撮影したことで知られる人で、劇中のフロリダの美しい夕暮れとか雲の姿をiPhoneで撮れたのかと驚いたが、さすがに今回は35ミリで撮ったみたい。ただし一箇所だけiPhoneで撮影されたシーンがあります。アパートの運営に奮闘するボビーをウィレム・デフォーが熱演していて、アカデミー賞にノミネートされたのは伊達ではないのだが、ムーニーを演じる弱冠7歳のブルックリン・プリンスと、母親のヘイリーを演じるブリア・ビネイトの演技はデフォー以上のものだったと思う。リトアニア出身のビネイトってインスタグラム経由で知った監督に起用されたらしいが、身体中のイレズミはみんな本物だし、これが映画初出演だとは思えないほど体を張った演技をしている。演じられる役は限られるかもしれないが、今後の活躍に期待したいですね。

前述したように登場人物に完全に共感できなかったこともあり、本国の批評家に絶賛されたほどの映画ではなかったと思うが、それでも悪い作品ではないですよ。


公開中なので感想をサクっと。ネタバレ注意。

・まあ今回のが前後編になることは以前から周知されていたし、前半だけの時点で評価を下すのは適切ではないのかもしれない。でもこの作品って今までのマーベル映画が向かってきた1つの結集点であるわけで、それに見合うカタルシスがなんか感じられないのよな。たとえば仲たがいしていたキャップとスタークは後半において一致団結するかもしれないが、それはむしろ前半に持ってきて、「シビル・ウォー」からの流れにひと段落つけてから新しい脅威に立ち向かわせたほうが良かったのではないかとか。

・それでその脅威となるサノスですが、もともとコミックでもそんなに面白いキャラクターではないと個人的に思うのです。ラスボスっぽいのにダークサイドと違って策士ではないというか、どうも短絡的というか。映画ではコミックの設定である「死の女神を喜ばせる」という目的(あれもあれで感心しない設定だが)がなくて、宇宙を救うために人口を半分に減らすという目的をもって行動しているものの、あれだけ無数の惑星や次元があることを今まで映画で見せてきたのに、「宇宙は有限だ」とか言われてもピンとこないのよな。むしろガントレットの力で皆を救うことをせえよ。

・とはいえ、あれだけのキャラクターを多数登場させつつも、それぞれに活躍の場を与え、アクションシーンを重ねて話をダレさせない一方で、単純なアクションが続く内容(「ホビット」現象な)にさせない手腕はさすがであった。とはいえ庶民的ヒーローの彼と彼が出てこなかったのは残念だし、もうちょっと話にメリハリがあっても良かったけどね。

・ブラック・パンサーに続き、今度はアイアンマンとスパイダーマンも『ナノテク』のおかげでセリフを話すたびにマスクがシャカシャカと外れる仕様に。キャップは戦闘中でもマスクすることすら放棄してるし。マスクしたまま話のできるスーパーヒーローはおらんのか?ゴーグルしてても鼻腔できちんと演技をしていた「レディ・プレイヤー1」のタイ・シェルダンを見習うように。

・PG13のレーティングならね、「ファック」という言葉は一度なら使ってもいいんだよ。あの親父さんに「マザファッカ」と言わせても構わないんだよ…。

・「アレステッド・ディベロップメント」のキャラクターが登場するという話は前に聞いていたが(クレジットにもちゃんと借用した旨が説明されている)、「トバイアス・フュンケが後ろにいた」なんて誰も気づかないよ!

・まだ題名も明かされていない次作においてすべて話がきちんとまとまるのであれば、もう1年待つだけの価値は十分あるでしょう。今回の急いだ終わり方には一抹の不安を感じるが…。


ジャッキー・チェンがいつもと違って、寡黙な復讐者を演じたことで話題になったサスペンス。これ日本公開いつだ?以下はネタバレ注意。

中華系ベトナム人のクアンは中越戦争のときに国を離れてイギリスに移り、そこで生まれたティーンの娘を育てつつ中華料理屋を運営していた。しかし娘の送り迎えをしていたある日、IRAの分派が仕掛けた爆弾テロに彼と娘が巻き込まれ、娘は命を落としてしまう。悲しみに打ちひしがれるクアンは、地道に警察などに足を運び、彼の娘を殺した連中の正体を知ろうとする。実はクワンはベトナム戦争のときにアメリカ軍の特殊部隊として訓練を受けた元エージェントであり、ゲリラ戦の大ベテランであったのだ!そして北アイルランドの政治家であるリーアム・ヘネシーがテロと何らかの関係があると直感したクアンは、ヘネシーから情報を聞き出し、彼の娘を殺した者たちに復讐するために単身ベルファストへと向かうのだった…というあらすじ。

クアンはベトナム戦争で戦った経験があって、1984年にイギリスに亡命する前に11歳と8歳の娘がタイの海賊に殺されたという過去が語られることから、1954年生まれのジャッキー・チェンといちおう歳は合っているのかな?3女が産まれたのがやけに遅い気がするが。。ジャッキー、60代半ばにしては体のキレもあってそれなりのアクションを見せてくれるものの、さすがに屈強な若者をバッタバッタと素手で倒すようなことはできず、ワナを用いたゲリラ戦法で敵を倒していきます。相手が転んだら見事に当たりどころが悪かった、という展開が多いかも。

ご存知のようにジャッキーは決して英語が担当ではないので、今回のクアンもかなり寡黙な役になっています。代わりにヘネシー役のピアース・ブロスナンが状況を説明するセリフをひたすら喋って頑張っているのですが、このヘネシーは上のポスターを見ても分かるように、外見からしてシン・フェイン党の党首だったジェリー・アダムスがモデル。IRAが起こしたテロにどこまで関わっていたかが疑われるあたりも、もろにアダムズそのままなのだが、本人もまさか今になって自分が映画の悪役のモデルになるとは思っていなかったのでは。

これ「THE CHINAMAN」という原作小説があって、それが出たのが1992年なんだそうな。あの頃はまだIRAの活動が盛んだった頃だし(オマーでの爆弾テロが98年)、時勢を反映した小説だったのだろうが、それを2017年の設定にして映画化するのって、主人公の年齢設定も含めてやや無理があるような気がする。IRAって2000年代に入ってからテロを起こしたことってあるっけ?なお原作の題名「チャイナマン」は中国系への蔑称なので当然映画の題にはならなかったが、劇中では主人公を軽視する感じで周囲の登場人物がよく使ってます。警察官までがチャイナマン呼ばわりしてるのはどうかと思ったけど。

それで肝心のプロットなのだが、クワンがヘネシーを標的にするのはあくまでも「直感」であって物理的な証拠があるわけではなし。そのヘネシーも組織の誰が爆破テロを起こしたのか本当に知らないということが示唆されていて、それなりに頑張っている政治家が部下の失態のために謎のアジア人のオッサンにつきまとわれるという図式になっており、オフィスが爆破されて部下が殺されるヘネシーがなんか哀れであったよ。もうちょっと悪役を分かり易く描いても損はなかったかと。

監督は「グリーン・ランタン」以来久しぶりの作品となるマーティン・キャンベル。「ランタン」は駄作だったけど「カジノ・ロワイヤル」とかブロスナンと組んだ「ゴールデンアイ」は好きな作品です。劇中で2〜3回起きる爆破シーンはやけに迫力があるし(実際に現場の近隣の住民がテロだと思い込んで警察に通報したらしい)、そういうのが得意な監督なんだろうな。

ジャッキー・チェンといえば子供の頃に観ていたカンフー映画のイメージが強いので、今回のようなシリアスな演技は正直なところ違和感があって、エンドロールではNGシーン集が流れるのではないかとつい期待してしまったよ。しかしいつもとは違ったタイプの役を演じたことが批評家のあいだでは高く評価されたわけで、俺なんかよりもジャッキーに詳しい日本のファンなら一見の価値がある作品でしょう。


公開中なので感想をざっと。以下はネタバレ注意。

・冒頭の戴冠式とかを目にして思ったのは、なんかマーベル的というかディズニー的な作品だなということ。歌と踊りがあってカラフルなあたり、「ライオン・キング」や実写版「ジャングル・ブック」で培ったノウハウを活かしているというか。それ自身は悪くないことだけど、ディズニーとマーベルの融合はこういう形で進んでいくのかな、と思いました。

・話のプロット自体は典型的なものではあるものの、キャストに勢いがあっていいですね。特に(比較的無名な)女性キャストたちが生き生きと演技してるので観ていて楽しかった。「シビル・ウォー」ではMCUで何やってんだか良く分からなかったマーティン・フリーマンもいい感じだし。

・でも尺はもうちょっと削ってもよかったかも。ハーブを飲んで祖先に会うシーンが3回繰り返されたのはさすがに冗長だと感じましたよ。そんなに複雑なプロットではないのに、説明過多になっているシーンが多いというか。

・話の展開は「ライオン・キング」に似ているんだけど、現在のアメリカのアナロジーとしても通じるんじゃないかと、ふと思いました。王となる権利はいちおう多くの人に与えられていて、それでも王になるのにふさわしい人が選ばれていたのだけど、そしたらチーズバーガー食ってるようなゴロツキが突然現れて、制度を悪用して王様になってしまいました、というあたり。それでその王様は当然ヒドい命令を臣民に与えるわけだが、王様だからって言うことを聞けばいいのか?いやそうじゃなくて反抗して王を倒すべきだろ!という内容は、どこまでトランプ政権を意識したんだろう?たぶんあまり関係はないと思うが、そんなことを考えながら観てました。

・肉弾戦の多い戦闘シーンは迫力があるものの、黒づくめのキャラクターが暗闇のなかで戦うのはなんか見づらかった。ライアン・クーグラーは前作の「クリード」のほうがアクションはずっと優れていたな。

・そしてこれはスーパーヒーロー映画の大きな課題であるのだが、コミックと違って実写映画では、感情的なセリフを話すときはマスクでなく役者の素顔が見えないと効果的でないという問題。このためマスクの下の顔を映したり(「アイアンマン」)、主人公のマスクが吹っ飛んだり(ライミ番「スパイダーマン」)する工夫が必要となるわけですが、今回は幸か不幸かスーツのマスクが自在に付いたり外れたりするものだから、「マスク外す→セリフを話す→マスクつける→マスク外す→セリフを話す」という光景がクライマックスで続くので妙に気になってしまったよ。マスクをつけたままセリフを話したって、バチはあたらないと思うけどね。

・「アベンジャーズ2」に続いて、今回も大規模な韓国ロケが行われている。これによって韓国の映画業界がどれだけのメリットを得たか、みたいな数字は出ているのかな。「アベ2」のときは韓国での撮影はすべて第2班が行ったという話を読んだのだが、世界各地でロケをするほど監督の実質的なアプローチが減っていくことになるんだろうか。

・ベジタリアンの種族の漁師って、何を捕ってるんだ?ワカメ?

・作品の出来としては決して革新的なものではないだろうが、やはり黒人が大半のキャストでスーパーヒーロー映画を作り上げるということが、どれだけ待ち望まれていたかは、非常に好調な興行成績を見ればわかるだろう。最近のコミック映画やTVシリーズにおける、原作では白人のキャラを有色人種に差し替えるトレンドって必ずしも関心しないのですが(それはコミックが長らく白人ばかりを登場させていたツケなのだが)、ブラックパンサーは正真正銘の黒人ヒーローだからね。昨年の「ワンダーウーマン」に続き、マイノリティを主役にしたスーパーヒーロー映画が予算をかけて作られ、幅広い観客層に迎え入れられたということは非常に素晴らしいことだと思うのです。