昨年にサンダンスなどで公開されて高い評価を得ていた作品。

11歳の少女トニは地元の体育館で兄と一緒にボクシングを習っていたが、たまたま目にしたチームダンスのレッスンに心を奪われ、ダンスのレッスンも受けて他の少女たちに追いつこうとする。しかしチームのなかで奇妙な痙攣を起こして卒倒する少女が表れ、さらに同様の症状を起こす少女が続出したことでトニは不安になっていく…というあらすじ。

ホラーっぽい演出もあるんだけどホラーではなくて、むしろ思春期を迎える少女の不安定な心境を映し出した内容になっている。72分という短い尺のなかでは怪奇現象に対する説明などは一切行われず、ムダな部分がないままトニの話が淡々と続いていく。セーレムの魔女狩りなどの集団パニックの話をベースにしているらしいが、怪奇現象に見舞われる人が続出した場合、むしろ症状が出ない人のほうが異端なのでは?ということも示唆されていて、題名の「FITS」は「痙攣」だけでなく「周囲にフィットすること」も意味していることがよく分かる。

監督のアナ・ローズ・ホーマーにとってこれがデビュー作になるらしい。著名な役者は出ていなくて、トニ役はロイヤリティー・ハイタワーというなんかカッコいい名前の女の子が演じている。この作品の好評価を受けて、監督も主演女優もこれから活躍していくんじゃないかと。ダンスのシーンもいいですよ。

いわゆるアートハウスシネマなので万人受けする作品ではないかもしれないが、映像も美しくそこそこ楽しめる作品だった。


トム・ハーディが父親のチップス・ハーディと共に企画したBBCのミニシリーズ。脚本は「イースタン・プロミス」のスティーブン・ナイトが手がけ、製作にはリドリー・スコットも絡んでいる。

舞台は1814年のロンドン。錯乱して死んでいった父親の葬儀に、何年も前にアフリカで失踪して死んだと思われていたジェームズ・ディラーニーが姿を現し、周囲を驚かせる。アフリカで財をなしたジェームスだが、父親が残したバンクーバーの小さな土地の所有権を受け取りに彼はやってきたのだった。実はその土地はイギリスとアメリカの領土争いの境界にあり、その土地を手にすれば中国への貿易の足がかりにすることができるため、イギリス東インド会社はジェームスの腹違いの妹から土地を買い取る予定だったが、優先的な所有権を持つジェームスが受け渡しを拒んだことで、ジェームスと東インド会社は対立することになる…というようなあらすじ。

全8話あるうちの第1話を見た限りでは、まだ登場人物が紹介される程度しか話が進まないので今後の展開はちょっと分かりにくいな。ジェームスがアフリカで何をしてきたのか、そして帰国した彼が何を画策しているのかが徐々に明らかになっていくみたい。そもそも題名がなぜ「TABOO」なのかは不明なのだが、ジェームスと妹のあいだで何かがあったことが示唆されている。また東インド会社が徹底的に邪悪な企業として描かれるようで、それが歴史家のあいだで論議を呼んでいるらしいが、あの会社ってムガール帝国を滅亡させたりと悪いことやってたよねぇ。

ジェームスを演じるトム・ハーディは寡黙なものの、怒れば暴力を振るうことを厭わないという人物でマッド・マックスそのまんま。過去のビジョンに悩まされているという点も似てるな。彼の妹を演じるのがウーナ・チャップリンで、東インド会社のボスがジョナサン・プライス。

いまのところは良く出来た歴史ドラマだな、という印象しか受けないものの、今後の展開によってはかなり面白くなる作品かもしれない。トム・ハーディが主演しているという点だけで見る価値はあるでしょう。


ここ数年はクリスマスに「ドクター・フー」を観て、正月に「SHERLOCK」を観るのが恒例になったな…と思いきやシリーズ3の放送ってもう3年前か。前シリーズは結構グデグデな終わりかたをして、時空を乱したメタな展開の「忌まわしき花嫁」は番外編的な扱いになっていたが、今回はシーズン第1話ということもあってか比較的「通常の」エピソードっぽくなっている。とはいえ大きな展開が起きる内容になっており、それについて言及せずに感想を述べることはできないので、以下はネタバレ注意。

いいですね?

マグヌセンの射殺とモリアーティの復活というクリフハンガーで幕を閉じた前シリーズだが、前者は政府の力でウヤムヤにされ、後者は「生前に撮影したメッセージだろ」とさっさと片付けられてしまう!まあ後者はさすがに後への伏線になってるでしょうが。よって無罪放免になったシャーロックはベイカー街に戻って以前にも増して難事件の推理に精を出し、ワトソンとメアリーのあいだにも子供が生まれて皆が大忙し。そんなところにレストレードが持ち込んだ事件を手がけたシャーロックは、事件の依頼人の部屋にあったマーガレット・サッチャーの胸像が何者かによって破壊されたことに興味を抱く。そして同様の事件が起きていることを知った彼は、やがてそれが彼の知人に密接につながっていることを発見するのだった…というあらすじ。

エピソード名は「The Six Thatchers」で、名の通りコナン・ドイルの原作の「6つのナポレオン像」をベースにしている。あとは「四つの署名」や「黄色い顔」あたりの引用がちらほら。脚本はマーク・ゲイティスでスティーブン・モファットが手がけてないせいか、変に話が入り組んだりせず、意外と原作に忠実に話が進んで行く。ナポレオン像を追ううちにシャーロックが発見したものが話の展開を大きく変えるわけだが、推理ものというよりは政治サスペンスの色合いが強かったかな。コードネームなんていくらでも都合のいいものを付けられるしねぇ。

そして登場人物の一人の運命が大きく変わることになりまして、これもまた一応原作どおり(明記はされていないが強く示唆されている)のでまあ驚くほどではなかった。しかしその一方では(以下白文字)マーティン・フリーマンとアマンダ・アビントンが破局したという、出演者の私生活に直結している内容だったので、なんか観た後にモヤモヤしたものを感じてしまったよ。脚本の執筆には関係なかったと思うんだけどね。あの登場人物の正体については1つの噂があったのだけど、結局は誤りだったのかなあ。

全体としては悪い出来ではなかったけど、3年(1年?)も待たされたことによる過度な期待に沿うものではなかったかな。主演二人が多忙になりすぎたことで、これが最後のシーズンになるかもしれないという噂もありますが、あと残る2話でモリアーティの伏線もきっちり回収して、満足のいく終わりかたをしてくれることを望みます。


あけましておめでとうございます。

ご存知のように2016年は有名人がやたら亡くなったり、政治の素人がアメリカの大統領になったりとロクな年ではありませんでして、個人的にも仕事でガックリくるようなこともありまして、2017年はもっとマシな年になることに期待したいところです。転職しようかなぁ。

その一方でこれからの人生ガツガツせずに、そこそこの生活レベルで趣味に生きる生活をするのもありなのかと思うところもありまして、まあ人生的にそういう岐路に来ているのでしょう。少なくとも生きてて退屈しないだけの趣味はあるわけで、それはそれで幸せなのかも。最近は忙しくて本を読む暇がないので、今年は無理してでも時間をつくって、読みたかった小説とかを読む習慣を身に付けたいところです。あとはやはり健康に気をつけましょうね。体壊したら何もできないですから。

旅行はたまったマイレージを使って香港かマカオあたりに行きたいのと、JRの周回切符みたいなのを使って鈍行の旅をするのもいいかなと。ちょっと足を伸ばして筑波山や赤城山に行くのも良いかな。あまりケチケチせずに旅行には金を使いたいですね。その一方でお金が入ったらどこかのチャリティに寄付することも心がけようかと。

ブログもどこまで頻繁に更新できるかよく分からなくなってきましたが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

上位5位と下位5位を、順不同で観た順に並べていく:

<上位5位>
・「ブリッジ・オブ・スパイ
あまり期待しないで観たら、唸るくらいに面白かった。主人公が1対2の捕虜交換に奔走する脚本が巧みなんだよな。

・「オデッセイ
主人公が難題を1つ1つ解決していくさまが、何度でも観られる映画。サバイバルに必要なのは信仰とかではなく科学なんだよという態度も素晴らしい。

・「ハードコア(・ヘンリー)
ギミック映画だと言ってしまえばそれまでなんだけど、意外としっかりSF映画してたし、シャールト・コプリーの演技は見事だった。

・「April and the Extraordinary World
今年は日本に限らず、アニメーションの当たり年だった。

・「Kubo and the Two Strings
もう1つのアニメの傑作。なんでこれが日本で公開されないのか、とんと分からん。

<下位5位>
・「ANOMALISA
なぜリサは日本語を習っているのか?彼女の最後の言葉の意味することは?といったことにまつわるファンセオリーも調べてみると興味深いですよ。
・「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
まあ今年のアメコミ映画は、「デッドプール」や「アポカリプス」よりもこれだろうなあ。
・「ハイ・ライズ
・「MIDNIGHT SPECIAL
空から火の玉が降ってくるシーンはとても良かった。
・「ロブスター」
かなり遅れて観たけど、ランティモス節が炸裂してて「アルプス」よりずっと良かったです。

インディペンデント系で高評価を得ている「グリーン・ルーム」や「Swiss Army Man」はそこまでいい作品だとは思わず。邦画はアニメも含めて興行成績が好調だったようですが、やはり「シン・ゴジラ」は全く肌にあいませんでした。あとはアカデミー賞にひっかかりそうな作品も最近はNetflixスルーというものが出てきて、劇場でかからない代わりに細分化された配信プラットフォームで独占配信されるというのがちょっと厄介なところです。

来年はアメコミ映画が5本?くらい公開されるようで、どんな出来になるでしょうね。個人的にはやはり「トレインスポッティング2」に期待したいところです。