Trumbo-Poster
10年ぶりくらいにシネマシャンテで観たよ。シネコンの座席に慣れてしまうとあそこの横幅はきついものがあったが、年配のお客さんで満席になってる光景は良かったですね。

ダルトン・トランボや赤狩り時代のハリウッドについてはそれなりに知ってるつもりだったが、それでもヘレン・ミレン演じるヘッダ・ホッパーのこととか知らなくて、いろいろ新しい発見がありましたね。その一方でこの人たちの経歴はどういうものなんだろう?と思ってウィキペディア片手に観たくなる衝動もありましたが。

ジェイ・ローチの初の非コメディ映画という説明もあるようだけど、あの人は最近HBOで「Recount」や「Game Change」といった実話のTVムービーをよく撮っているので、それの延長線にある作品と思って構わないだろう。

TVムービーよりは(おそらく)予算がふんだんに使えたのか、豪華なキャストがいろいろ出てまして、彼(彼女)らの演技によって手堅い作りの作品になっているなあと。ヘレン・ミレンや主演のブライアン・クランストンが相変わらず安定した演技を見せているほか、ルイ・CKやエル・ファニング、ダイアン・レイン、マイケル・スタルバーグ、ステーブン・ルートなどといった役者が好演していていい感じですね。

でも男優はみんな中年ばかりのせいか、みんな丸っこい体型になっていたような。おかげで普段は太っているダン・バケダールが相対的に痩せて見えたぞ。ジョン・グッドマンも「10クローバーフィールド・レーン」に続いてでっぷり太ってるので健康状態を心配してしまったけど、きょう公開された「Kong: Skull Island」の予告編を見たらちょっとスリムになってたので、大丈夫だよね…?ジョン・ウェインを演じるデビッド・ジェームス・エリオットも恰幅が良くなってて、クレジットを見るまで彼だと気付かなかった。つうかジョン・ウェインってあんなに太ってたっけ?

全体的な出来は前述したようなTVムービーの枠を超えるものではない無難なつくりになっているが、波乱に富んだ人物を題材にしていることと、優れた役者たちが揃っていることで十分に楽しめる作品になっている。実際のトランボは映画で描かれた以上の共産主義者でスターリンを尊敬してたらしいが、日本の共産党もこういう映画を使ってね、やんわりと協賛者を広めていってもいいんじゃないかと思ったりもするのです。


なんかよく分からないけどすごい!なんだこれは!公式サイトはこちら

この手の実写化って最近はポルノ版ばかりが作られてる印象があったので(シンプソンズとか)、また登場人物がすっぽんぽんになるのではないかと勝手に期待して見てたのだが、これはあくまでもファンが真面目なオマージュとして作ったものらしいぞ。

まあ確かにキャラクターの声が違うのは違和感あるし、一つ目のリーラはグロすぎやしないかという気もするものの、ロボットのベンダーなんかはとてもよくできているではないか。こういうの自分たちで作ってしまうのがいいよねえ。

予告編だけではなく長編もきちんと作る予定らしいので、ここは暖かく見守ろうではないか。フォックスが訴えなければいいのだけど。
poster

Green Room
こないだ不慮の事故で亡くなったアントン・イェルチン出演のサスペンス。題名の「グリーン・ルーム」ってバンドとかの「楽屋」のことな。日本ではなぜか来年2月とはるか先に公開らしいですが、これあまり前知識なしに観た方がいいと思うので、以下はネタバレ注意な。

4人組パンク・バンドの「The Ain’t Rights」はレーベルとまっとうな契約もしてない無名バンドで、バンを運転して地方でライブを行って日銭を稼いでいた。そして彼らはポートランドの森の中にあるバーでのライブを紹介されるが、そこはスキンヘッドのネオナチたちが集うおっかない場所であった。バンドのメンバーたちは身の危険を感じつつもライブをこなし、金を受け取って帰ろうとしたところである事件を目撃してしまう。その事件を目撃した彼らをネオナチたちは帰すことができず、バンドのメンバーたちは仕方なしに楽屋に籠城することになるのだが、彼らを引きずり出すためのネオナチたちの攻勢が始まる…というあらすじ。

パンクスvsネオナチの戦い、というと政治思想のぶつかり合いのように聞こえるけどそんな要素は一切なくて、ゾンビのごとく攻めてくるスキンヘッドたちに抵抗する栄養失調気味のパンクたちという、「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」「要塞警察」を踏襲したような内容になっている。高円寺のトイレで右翼構成員に絡まれてるバンドのおにーちゃんたち、という図式でしょうか。

ネオナチ(ちなみに監督は彼らを「極左集団」だと呼んでいる)のリーダーを演じるがパトリック・スチュワート。ピカード艦長やエグゼヴィア教授といった「いいリーダー」のイメージから一転して、狡猾で冷酷なリーダーを演じている。あのドスの効いた声で部下たちに淡々と攻撃を命じる姿がね、実はすごく似合っていたりするのよ。対するバンド側のギタリストを演じるのがアントン・イェルチン。おれイェルチンってどうもあの鼻にかかったような声と重みのない雰囲気が決して好きではなかったのだけど、ここでは逆にそうした特徴を活かし、追い詰められた軟弱者といった感じを存分に出していた。残念な人を亡くしてしまったものよ。あとはバンドのベーシストを、「ランナウェイズ」でもベーシストを演じてたアリア・ショウカットが演じてます。

そしてバンドとともにトラブルに巻き込まれる、スキンヘッドたちの知り合いの女の子をイモージェン・プーツが演じているのだが、彼女は物事のあらましを説明する役目を担っている一方で、バンドのメンバーたちよりも状況を把握しているということで結局いちばんおいしい役になっているような。メンバーたちが状況が全くわからないまま襲われる図式になったほうが話は面白くなったのではないかとも思うが、それでは観客にあまりにも不親切かな。

結構グロいシーンもあるというのでビクビクしながら観てたが、思ったほどではなかったかな。ただしアクション映画ばりの銃撃シーンなどがあるわけではなく、ナタやカッターナイフで相手に斬りかかるという攻撃方法が現実的であり、話の展開をよりスリリングなものにしていた。

全体的に荒削りな印象も受けるものの、パトリック・スチュワートの演技によって話も引き締まってるし、出色のサスペンスではないでしょうか。

Everybody Wants Some!!
邦題は「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」でリチャード・リンクレーターの新作。

リンクレーターといえばコメディからドラマからSFまで幅広いジャンルを手がけることでアン・リーやダニー・ボイルに匹敵するような監督ですが、個人的にはやはり2作目の「バッド・チューニング (Dazed and Confused)」が最高傑作だと思うのですね。70年代のテキサスの1日を舞台に、パーティーに参加しようとするティーンたちの姿を描いたあの作品は本当に大好きで、エアロスミス嫌いな俺でも「スイート・エモーション」で始まるあのオープニングは映画史上に残るものだと信じて憚らないのです。そして今作はその「バッド・チューニング」の「精神的な続編」という意図でつくられたわけで、そりゃ期待するでしょ。また主人公が大学にやってくる、という意味では「6才のボクが、大人になるまで。」の続きでもあるらしいぞ。

時代設定は1980年代で、野球のピッチャーとして奨学金をもらった新人のジェイクがテキサスの大学へやってくるところから始まる。彼は野球部の他のメンバーたちと同じ寮に住むことになり、そこでは皆がひたすら酒と女のパーティーに明け暮れていた。ジェイクも寮の皆とすぐに仲良くなり、女の子たちを口説きに行ったところ一人の女の子に惹かれて…というようなあらすじ。

「バッド〜」の出来事が1日だけだったのに対して、こちらは木曜から月曜までの数日間の話なので野球の練習シーンなどもあるものの、プロットとかはあまりなくてひたすら男たちの乱痴気騒ぎが続く内容になっている。「バッド〜」は高校生たちがパーティーの場所とビールを入手するのに苦労してたが、こっちは親元から離れて暮らす大学生なので最初から酒とプッシーがやり放題。マシュー・マコノヒーが演じたウッダーソンみたいな連中がたくさん出てきます。大学寮が舞台ということで「アニマル・ハウス」に似ているかな。

精神的な続編とはいえ「バッド〜」と異なるところもいくつかあって、あっちは高校の新入生から卒業生まで登場人物の年齢層が幅広くて、高校生活への期待や卒業後の不安みたいなものが盛り込まれていたが、こちらはそいういうのなし。野球選手として食ってけるのかという心配も誰も抱いてない。また小さい町で育ってそのまま抜け出せないのかな、という内心の吐露も「バッド〜」に比べて無かった。そもそもみんながスポーツ奨学生として入学できてる時点で一種の勝ち組なのかもしれない。そういう点では感情移入できるところが少なかったかな。まあ自分が年とっただけかもしれませんが。

音楽は「バッド〜」がキッスやフォグハットなどの70年代ロック満載だったのを踏襲して、こちらはブロンディやカーズやディーヴォといったニューウェーブ系のものがガンガン使われてます。キャストは主人公のジェイクを演じるブレイク・ジェンナー以外は比較的無名の人が多いかな?これが映画初出演の人もいるみたい。「バッド〜」も当時無名だったキャストがあとから数多く大スターになったわけで(マコノヒー!アフレック!ジョボビッチ!)、こちらも皆が後から有名になることに期待します。

最初から最後まで遊んでばかりの内容には賛否両論あるかもしれないし、最近のアメリカの大学寮はむしろ人種差別の温床になってるというような報告もあるようだけど、こういう青春もあったんだよという1つの時代の描写としては手堅い作りになっているかと。

The A Word
BBCのシリーズで、イスラエルの番組をもとにしたものだとか。

舞台はイギリスの湖水地方の小さな町。そこでビール構造業を営むポールは妻のアリソン、娘のレベッカ、息子のジョー、および父親のモーリスと暮らしていたが、5歳のジョーがヘッドフォンで音楽ばかり聴いていて、家族や周囲の子供たちと打ち解けないことに困惑していた。そしてロンドンでの生活がうまくいかず故郷に戻ってきた弟のエディーの妻ニコラが医者だったこともあり、以前に彼女から紹介された専門家に診てもらったところ、ジョーには自閉症の傾向があることが分かり…というあらすじ。

第1話(から3話まで)の監督は「フル・モンティ」のピーター・カッタネオだがコメディにはなっておらず、かといって重々しい内容にもならず、自閉症の子供を抱えた一家の生活をテンポよく描いている。観る人は題名からしてジョーが自閉症(autism)であることは分かってるので話の前半はまどろっこしいところもあったけどね。

また話の焦点はジョーだけにあたらず、家庭で気にされてないと感じる娘のレベッカや、過去に不倫をしてエディーとよりを戻そうとするニコラの話などが、噂がすぐ広まる小さな町において語られていく。つうか湖水地方って一年中ずっと雨が降ってるところで自殺率もやたら高いし、なんであんなところに人は住むんですかね。でも自然の風景は美しいですよ。

キャストはそんなに知ってる人はいなかったが、一家の祖父であるモーリスを演じるのがクリストファー・エクルストン。この人最近やたらイギリスとアメリカ両方の番組に出演してるような?祖父を演じるには若すぎるような気もするが、家庭の空気を読まずに自ら積極的に行動するジイさんを好演している。また自閉症のジョーを演じるマックス・ヴェントの演技も大変素晴らしい。

ジョーはサヴァン症候群の天才などではなく、あくまでも周囲とコミュニケーションがとれない子供として描かれているが、彼が音楽を聴きまくり、その歌詞を暗唱できるのは周囲との壁をつくるためだという理由が話のなかで示唆されている。そして彼が聴いているのは父親のポールの好きなニューウェーブ系の音楽なのだが、5歳児がジュリアン・コープとかジ・オンリー・ワンズとか歌ってるんですぜ。ここらへんは製作者の趣味だろうか。

自閉症の描写がどこまで本物なのか俺にはわかりませんが、ガーディアン紙が実際に自閉症の娘がいる家庭に番組の感想を聞いてたりしてます(そこそこ正しいらしい)。全体的には手堅い作りの番組ですかね。第2シーズンも製作されるらしいぞ。