the-tick-amazon-series-640x427-c
「(仮題) 」だそうです。

アマゾンがよくやるパイロット版をいくつか公開して、そのうち人気があったやつをシリーズ化するという施策のうちの1つだが、日本でもプライムビデオが始まった関係で日本語字幕付きでタダで観られるよ。新番組なのにまったく宣伝してないところがアマゾンジャパンっぽいですが。トップメニューからどうやっても見つからず、「ティック」で検索してやっと見つけたぞ。

原作はベン・エドランドが80年代に生み出したインディペンデント・コミック「The Tick」で、インディペンデント作品としてはかなり有名な部類に入るんじゃないかな。スーパーヒーローもののパスティーシュ的なコメディ作品で、怪力だけど愚鈍なヒーローのティックと、そのサイドキックで小心者のアーサーたちが、悪の黒幕ザ・テラーや数多くの忍者たちとドタバタを繰り広げるような内容だったような。実はコミックはきちんと読んだことないのよ。ティックの雄叫びが「スプーン!」なのは知ってます。

アメリカで誰もが知ってるようなキャラクターではないものの、根強い人気はあるようで1994年にはアニメ化されているし、2001年にはパトリック・ウォーバートン主演で実写のシットコムにもなっている。そして15年ぶりにまた映像化されたというわけ。

このパイロット版の脚本はエドランド自身によるもので、意外にも話の主人公はティックよりもアーサーになっている。子供の頃にヒーローたちとザ・テラーの戦いの巻き添えとなって目の前で父親が死ぬのを見た彼は、それがトラウマとなって精神的に不安定な少年になっていたが、死んだとされるザ・テラーが生きていることを信じて独自に調査を行い、その過程で青いコスチュームに身を包んだ大男ザ・ティックに出会う。さらに彼はティックから蛾をモチーフにしたコスチュームを渡されて…といったあらすじ。

いちおうコメディなんだけど笑える箇所はあまりなくて、スーパーヒーローのいる世界を比較的リアルに描いた内容になっていた。「キック・アス」や「POWERS」なんかに近い雰囲気かな?そもそもティックは実在せず、アーサーの想像が生み出した存在なのではないか、ということも示唆されていたりする。ベン・エドランドってここ10年くらいはコミック作家よりもテレビドラマの脚本家をやってたらしいが、その経験がこういうリアルな描写につながったのかな。

プロデューサーにパトリック・ウォーバートンが名を連ねているが今回のティックを演じるのは彼ではなくピーター・セラフィノウィッツ。ダース・モールの声に始まり「スペースド」から「LOOK AROUND YOU」から「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」、さらに最近ではドナルド・トランプの声までいろんなことをやってる多才な人ですな。裏のサイモン・ペッグというか。ここでもいい感じで演技してるけど、マスクで顔の大半が隠れてるのが残念といえば残念か。あとは敵のザ・テラー役をジャッキー・アール・ヘイリーが演じていたが、コミック原作の作品にばかり出てるなこの人は。

コメディを期待すると肩透かしをくらうかもしれないが、ヒーロー(サイドキックか)のオリジンを真面目に描いたものとしては比較的よくできていた。いかんせん知名度のある作品だからアメリカでシリーズ化が決定されるんじゃないでしょうか。そしたら日本でも題名が正式決定されるのでしょうか。

Batman_ The Killing Joke
・実のところ、あまり観る気がしなかった作品である。原作はバットマンのコミックのなかでも1、2を争うくらいに有名な、そして優れた作品であるが、個人的にあれはもう当初のコミックのままで完璧だと考えていて、ブライアン・ボランドがのちに色を塗りなおしたバージョンも邪道だと思うくらいなので、アニメ化などもってのほかなのですね。しかしブルース・ティムがプロデューサーで、ケヴィン・コンロイとマーク・ハミルがそれぞれバットマンとジョーカーの声をあてるという、「Batman: The Animated Series」の黄金のメンツが戻ってくるとなれば鑑賞せずにはいられなかったんだよ!

・原作を書いたのはアラン・ムーアだが例によってクレジットに名前は一切登場せず、脚本を「100 Bullets」のブライアン・アザレロが担当している。40数ページの原作を長編アニメにするのは難しかったのか、前半3分の1くらいはオリジナルストーリーになっており、若くて頭の切れるマフィアの男を捕まえようとするバットガールの話に時間が割かれている。マフィアの一家と若き女性の物語という点では「100 Bullets」に似ているところがあるかな。アザレロが書いたバットマンの「Broken City」や「Joker」とかではなく。これでバットガールのキャラを立たせ、彼女とバットマンの関係を描いたつもりなのだろうが…

・…そもそもそんなことする必要あったのか?原作はアレゴリーに満ちているが、テーマは明確で、混沌とした世界で正気を保とうとするバットマンと、狂気を司るジョーカーの対立と、彼らがいかに表裏一体の存在であるかという話なのですよね。その中でバーバラ(バットガール)とゴードン警視総監はあくまでもジョーカーに使われる道具でしかないわけ。それなのにバットガールのキャラを立たせてしまったことで、バットマンとジョーカーの対立の図式がブレまくってしまっている。極端なことを言うとバットガールがいなくても話は成立すると思うのだが。

・原作では極端なくらいのイメージのセグエによってジョーカーの過去と現在が描かれ、バットマンとよく似たオリジンを持っていることが終盤の「One bad day」のセリフへと結びつくわけだが、冒頭にバットガールの話を持ってきたことで話の焦点がズレてしまってるのよな。彼女の運命を知りながら、彼女の活躍を30分も観るのはちょっとしんどいものがあったよ。いっそ冒頭30分(とミッドクレジットのシーン)を削除したら原作にかなり近い出来になっていただろう。

・一方でブルース・ティムのキャラクターデザインは相変わらず美しいし、日本と韓国のスタッフが担当したらしいアニメーションもよく動いている。その反面、ブライアン・ボランドの緩急つけたアートの見事さを再認識する結果にはなったが。声優はケヴィン・コンロイのバットマンもさることながら、マーク・ハミルのジョーカーがやはり素晴らしいですね。後半は完全に彼の演技で話が支えられている。残念なのはレイ・ワイズによるゴードン総監で、心理的な虐待を受けながらも砕けない男の強さをもっと出して欲しかった。この作品、ボイスディレクターがDC作品の常連であるアンドレア・ロマーノではないんだよね。

・原作を知ってる者としては、やはり前半のバットガールの話が余計だし、知らない人にとっては、途中でバットガールが退場するのが不可解に感じられるのではないでしょうか。結局のところ、やはりアラン・ムーア作品の映像化には手を出さないほうがいいという鉄則をまた証明することになってしまった。ブライアン・アザレロも好きなライターなんだけどね、他人の作品の脚色には関わらないほうがいいかと。

April Poster HD
ジャック・タルディのコミックを原作にした、フランス・ベルギー・カナダ合作のアニメーション映画。観たのは英語吹替版。

話は普仏戦争が忍び寄っていた1870年のフランスから始まる。戦争にあたり無敵の兵士を欲していたナポレオン3世は、科学者のグスターヴ・フランクリンに内密で傷ついた細胞を修復させる特効薬の開発を命じていたが、ラボでの爆発によりナポレオン3世もグスターヴも命を落としてしまう。国を継いだナポレオン4世は平和主義者だったので戦争は回避されたものの、それから60年のあいだ、世界各地で著名な科学者(化学者)が誘拐されるという事件が起きる。おかげで世界の科学的発展はストップして電力の発見も起きず、石炭と木炭によるスチームエンジンの噴煙により大気は汚染されていた。誘拐されずに残った科学者たちは政府に強制連行されて政府のための研究を強いられていたが、グスターヴの息子プロスパーは息子夫婦と孫娘のエイプリルとともに身を隠し、グスターヴの特効薬の完成を目指していた。しかしピゾーニ警視率いる警察部隊が彼らの研究所を強襲し、一家は離れ離れになったばかりか、エイプリルの両親は何者かに誘拐されてしまう。それから10年、ティーンとなったエイプリルは両親の開発した薬で人語が話せるようになった猫のダーウィンとともに、身を隠しながら特効薬の研究を続けていた。しかしそこにもピゾーニの追跡が迫り…というようなあらすじ。

英語版の声優はポール・ジアマッティやスーザン・サランドン、JKシモンズなど。フランス語版のエイプリルの声はマリオン・コティヤールがあてているらしい。

架空歴史の設定がいろいろ詰め込まれてますが、これで冒頭20分くらいの展開ね。ここからセンス・オブ・ワンダーの展開が続き、話も意外などんでん返しを迎え、スチームパンクからアクションから家族愛までいろいろ盛り込み、最後は本当にホロっとする終わり方に持っていくのがもう本当に素晴らしいのでございますよ。話の前半こそ世界設定の説明のためか話のエンジンがかかるのが遅い気がするし、話の黒幕も早い段階で予想がついてしまうものの、中盤からの冒険活劇は非常に爽快。

アメリカの批評では「ミヤザキ・ミーツ・ピクサー」なんて言われているみたいだけど、確かにメカの描写などは「未来少年コナン」などを彷彿とさせるところがあり。人物の動きはジブリ作品や「The Legend of Korra」に比べれば物足りないものがあるかもしれないが、猫のダーウィンの躍動感なんかはいいですよ。つうか化学者の女の子が主人公の冒険アニメなんてそうそうないでしょう。メガネっ娘要素こそないものの、自分で運命を切り開いていくエイプリルの活躍が素晴らしいのですよ。

これ日本で公開されてないのが非常に勿体ない。日本でも受ける要素はいろいろあると思うのだがなあ。いっそジブリが配給をすればいいんじゃないかと思う傑作。

Hardcore Henry
ティムール・ベクマンベトフ製作の、ほぼロシアで撮影されたSFアクション。以降はネタバレ注意な。

物語は一人の男が科学者のラボで目覚めるところから始まる。過去の記憶がない彼の前には女性科学者のエステルが立っており、彼の名前はヘンリーであること、彼女は彼の妻であること、そしてヘンリーは瀕死の重傷を負ってラボに連れ込まれたことなどを語る。失われた片腕や片足にサイバネティックスの義手・義足をつけられ、発声のためのモジュールをつけてもらおうとするヘンリー。しかし厨二病のジュリアン・アサンジみたいな大富豪のエイカンが現れてラボを襲撃し、ヘンリーはエステルとともに脱出するものの、すぐさまエイカンの部下に妻を奪われてしまう。ヘンリーも危機一髪のところを謎の男ジミーに助けられ、エステラを救い出すためにジミーが伝える任務をこなしていくのだが…というあらすじ。

作品の最大の特徴としては、全編を通じて主人公のPOV(視点ショット)でストーリーが進んで行くというもの。そういうつくりの映像作品といえば早くも1947年に「湖中の女」があったし、最近はやりのファウンドフッテージものもその一種だが、この作品は映画よりもファーストパーソン・シューティング(FPS)のビデオゲームに影響されたものになっている。主人公のヘンリーは銃や刀を使って迫り来る敵をバッタバッタとなぎ倒し、ジミーに与えられるミッションをこなして、ラスボスへと近づいていく。

ということは他人がゲームやってるのを見てるのと変わりなくね?という意見も当然出てくるわけで、批評家には評判が悪いのはそのためだろうが、カメラワークは凝ってるしSF的な要素も意外と多いし、思っていたよりかは十分に楽しめる作品でしたよ。まあ個人的に最近のゲームをやってないので、ゲームのクオリティがどんなものになってるか知らないというものあるが。

観る人は映画の間じゅうずっとヘンリーの行動を疑似体験するわけだが、声が出せずに話ができないヘンリーが何を考えているかは十分に理解できず、彼はいわゆる「信頼できない語り手」のような存在になっている。ヘンリーの感情や状況を表す小道具として音楽が効果的に使われていて、「荒野の七人」のテーマは笑ったな。冒頭こそ状況が分からずに逃げ惑うヘンリーだが、どうもパルクールの名手らしくロシアの街を縦横無尽に駆け巡ってくれるぞ。これパルクールやってる人の頭にGoProのカメラをつけて撮影したらしいが、カメラの重さでみんな首を痛めて、最終的には監督のイリヤ・ナイシュラー自身がヘンリーを演じる羽目になったとか。

また何も語らぬヘンリーを導く謎の男ジミーを「第9地区」のシャルート・コプリーが熱演していて、なんと一人7役くらいで異なるファッションのジミーを演じ分けている。なんでそんな多様なジミーがいるのかは、見てのお楽しみ。コプリーってキワモノ映画にばかり出演してる印象があるが、あの演技力はもっと評価されるべきだろ。あとはティム・ロスがチョイ役で出てますが、なんで出たんだろう。あの人も最近は役を選ばなくなってきているような。

あちこちに振られまくる視点は観ていて疲れてくるし、話のつじつまが合わないようなところも多々あるものの、おバカなロシアのアクションSF映画としては1つの頂点に達してる作品ではないだろうか。街中で銃撃戦が展開されてもまるで警察がやってこないあたりがね、おそロシア。ギミックっぽいアクション映画かと思って観たら、予想以上に楽しめる内容であった。

nakedattraction
恋人探しをする身体障害者たちを題材にした「The Undateables」など、やたらエッジの効いたリアリティ番組で知られる英チャンネル4の新番組。

『現代ではみんなデートアプリを使って恋人を探し、ファッションとか髪型に気を使ってるけど、重要なのは結局のところお互いの肉体に興味を感じるかでしょ?ならば最初から裸を見ればいいじゃん!』とかいうコンセプトのもと、恋人募集中の男性もしくは女性の前に、すっぽんぽんの6人の候補者が登場し、ほぼ肉体的興味だけで候補が絞られていくという身も蓋もない構成になっている。イギリスのテレビ局(民放のみ?)は深夜帯なら性器を見せても良いことになってるらしく、あれもこれも見せられて凄いことになっております。

第一回目の前半では恋人を探している女性が登場し、その前にはケースで隠された6人の全裸の男たちが。そして司会者の「それでは下半身を見てみましょう」という掛け声とともにケースの下半分が開き、みんなのチンコが見えることに。そして女性は各候補者の体を吟味し、「あれは大きすぎるわね」とか「割礼してるのもありね」とか「ゾウさんの入れ墨(!)してる人がいますね」とか気ままなコメントをしていく。なお様々な人種の候補者がいるだけでなく、義足の人がいたのはチャンネル4っぽいところですね。

そして下半身の段階でまず1名の候補者が脱落し、次はさらにケースが上がって首から下が丸見えに。「腹筋ボディもいいけど、ぽっちゃりお腹もいいわね〜」と女性が気ままに候補を選んでいて、ここらへん男性の視聴者としては身悶えしながら観ておりましたよ。さらにここで1名が脱落し、次でやっと候補者の顔が明かされることに。それでも候補者は声を出すことができず、純粋に見た目だけでまた1名が脱落することに、それから候補者は少しだけ女性と話すことができ、そのときの印象でさらに1名が候補から外れることになる。

そして残った二人のうちから一人を選ぶわけだが、「これはお互いの肉体的相性を見ないといけないですよね」ということで今度は女性のほうが全裸になって登場!下の画像ではモザイクかかってるけど実際はかかってなくて、なんかすごい光景になってましたよ。
Naked-Attraction
こうして一人の男性が最終的に選ばれ、やっと服を着て女性とデートに行くことに。番組ではその1ヶ月後の二人についても紹介され、いい感じで付き合っているみたい。脱落した候補者はいわゆる「脱ぎ損」ではないかと思うのだけど、「番組で裸になることで自分の体に自信が持てた」と皆が口を揃えてコメントしており、そういうものなのかなあと。なおモデル並みのボディをしてるような候補者はあまりいなくて、緩んだ体型の人も結構いたりします。

さらに番組の後半ではバイセクシャルの女性が恋人探しに登場し、彼女の前には全裸の男性3人と女性3人が出てくるという、なんでもありの展開になってました。これ最初から男性が女性を物色する内容にしてたら相当叩かれていただろうけど、恋人探しをするのが女性だったことでそこらへんは「政治的に正しく」なった感じですかね。それでも本国では賛否両論の意見が巻き起こってるらしいが、視聴率はかなり稼いだようなのので今後も話数を重ねていくことになるかもしれない。

悪趣味といえば悪趣味な番組ではあるのだけど、日本では絶対に放送できないということもあり、なかなか刺激的な番組でございました。