Midnight Special (2016)
ジェフ・ニコルズの新作。これ何も知らないまま観るのがベストだと思うので、以下はネタバレに注意。

舞台となるのはテキサス郊外。目にゴーグルをかけた8歳の少年が、二人の男が運転する車に乗って真夜中を疾走していた。男のうち一人は少年の父親で、カルト教団にいた少年を奪い返し、友人であるもう一人の男性とともに教団から逃れようとしていたのだった。この少年の名前はアルトンといい、神秘的なメッセージを受信するなどといった不思議な能力を持っていたため、教団では神の子のような扱いを受けていた。さらにアルトンがアメリカ政府の極秘の暗号電波をも受信したことから政府が彼の存在に気付き、彼らもアルトンを追い始める。教団と政府に追われるなか、父と子はアルトンが告げた場所へと向かうのだが…というあらすじ。

親と子の不思議なお告げに関する物語、という意味では監督の前々作「テイク・シェルター」に通じるものがあるかな。政府が迫り来るなかでの逃避行は「E.T.」の後半を彷彿とさせるが、個人的には70年代のSF映画っぽい雰囲気も感じました。アルトンが夜空から◯◯を落とすシーンとかゾクゾクするよ。その一方でアルトンの能力が強力すぎて、彼を追う教団と政府があまり怖い存在になってないのが残念。逃避行がもっと絶望的なものになっていればラストのカタルシスが一段と冴えていたかも。あとこの手の作品にしては音楽が比較的凡庸だったかな。クリフ・マルティネスあたりが担当してればもっと印象的な内容になってたのでは。なおエンドクレジットでは監督の兄貴が一曲歌ってます。

主演はニコルズの作品の常連であるマイケル・シャノンで、共演者にはアダム・ドライバー、キルステン・ダンスト、ジョエル・エドガートン、サム・シェパードなどとかなりの面子が揃っている。「ファーゴ」もそうだったけどキルステン・ダンストってオバハン演じるようになってからいい女優になりましたね。

本国ではスピルバーグ作品と比較されているようだけど、そう呼ぶには何かが足りない(子供の観点とか、トラウマ的な父と子の関係とか)ような気がするものの、「スーパー8」なんぞに比べればずっと良いぞ。題名通り真夜中にミニシアターとかで観たら非常に楽しめる映画ではないでしょうか。

p16-19750-adv01_roadies_s1_pr_releasead_300
劇場新作「アロハ」は本国で酷評されて興行成績も散々になり、日本ではVODスルーでDVDさえも発売されないという憂き目に会ったキャメロン・クロウの監督・脚本によるShowtimeの新シリーズ。

題名通りロックバンドのツアーを支えるローディーたちの生活を追ったもので、ロードマネージャーのビルとプロダクションマネージャーのシェリを中心に、映画学校へ通うことを考えているケリーアン、その双子の弟のウェズリー、予算管理のために管理会社から派遣されてきたレッジといったキャラクターが登場する群像劇になっている。

キャメロン・クロウの作品の常として悪人が存在しないため、セックスや四文字言葉が飛び交っても過激な内容にはならないし、バンドを追うストーカーもメンバーを射殺するような輩ではなく夢見る少女といった振る舞いで、なんか全体にほわ〜んとした感じ。登場人物がファミリーとして結束し、夢を語り合うあたりは、いかにもキャメロン・クロウ作品かと。

いちおう舞台は現代で、ツアーをしているバンドもザ・ヘッド・アンド・ザ・ハートという実在のバンド(おれ知りませんでした)なのだが、劇中で流れる曲はボブ・ディランとかだし、スタジアムは観客で一杯になるし、音楽配信によるビジネスの変化とかには言及されないし、なんか「あの頃ペニー・レインと」のレトロなロック黄金期がいまだに続いている世界なんでしょうね。

キャストはルーク・ウィルソンにカーラ・グギノ、イモージェン・プーツにレイフ・スパールと、インディ映画なら主役をはれる面子が揃っていて異様に豪華。ゲストにはルイス・ガスマンとかレイン・ウィルソンなんかも登場するらしい。

まあキャストだけでも一見の価値はあるとは思うが、コメディとしてもドラマとしてもストーリーの起伏に乏しいというか。仲良い人たちが和気あいあいとしてるのを見るのは決して不快じゃないんですよ。ただそれを何話も観たいかというと、ちょっと考えてしまうような番組であった。

Feed the Beast, Season 1
AMCの新シリーズ。デンマークの番組のリメークらしい。

ワインの知識にかけては右に出る者がいないソムリエのトミーは、妻のリーと親友のシェフであるディオンとともにブロンクスにレストランを開く予定だったが、リーがひき逃げにあって死亡してしまい、事故を目撃した二人の息子のTJはショックで失声症になってしまう。さらにヤク中であったディオンがハイになっているうちにレストランを燃やしてしまい、トミーの夢は脆くも崩れてしまう。それから1年後、リーのことを忘れられずアル中気味になっていたトミーのもとに、出所したディオンが戻ってくる。彼は過去にとらわれているトミーを説き伏せ、新たにレストランを開くことを決心させるのだが、実はディオンはポーランド系ギャングに多額の借金をしており、このレストランの収益を彼らに渡すという約束をしていたのだった…というあらすじ。

グルメとミステリーの組み合わせは過去にもいくつかあったが、クライム・サスペンスとの組み合わせは珍しいかも。ディオンは地中海料理を得意とする腕利きのシェフという設定であるものの、暗くて閉め切られたレストランのなかで料理を作ってるため、あまり美味しそうには見えず。彼はギャングだけでなくギャングを狙う刑事にも目をつけられているわけだが、得意の料理も彼らにとっては関係ないわけで、いまいち料理とサスペンスの食い合わせが良くないんだよな。

肝心のサスペンスも、登場人物が無能であるために物事が悪い方向に向かっていく展開が雑な印象を受けた。トミーの息子が口をきかないため意思疎通ができず、周囲の人が勝手に勘違いしていくさまも、見ていてなんかまどろっこしいのよな。息子を失声症にさせた必要ってあったのだろうか。

ちなみに劇中では、ブロンクスって白人がいなくて誰もレストランなんかに行かないような土地だけど、だんだん洗練されてきていて第2のブルックリンのようになってきている。だからいまレストランを開けば人気がでるぞ、といった点が強調されてるのだが、ブロンクスってそんなところなのか?

主演は「フレンズ」のデビッド・シュワイマーで、今回はシリアスな演技を見せてくれます。ディオン役はイギリス出身のジム・スタージェス。あとは「ザ・ワイヤー」のジョン・ドーランなんかが出演していた。

アメリカでの評判もイマイチなようで、成功するにはもうちょっと既存のドラマのスタイルから抜け出す必要があるんだろうなあ。コンセプト自体は悪くないと思うんだけどね。

Animal Kingdom, Season 1
オーストラリアの同名映画(日本でも公開?)を元にしたTNTの新シリーズ。

ヤク中の母親がオーバードースで死亡したため、17歳のジョシュアは仕方なしに疎遠になっていた祖母(「スマーフ」の愛称で呼ばれている)のところに連絡し、彼女と3人の叔父たちのところに移り住むようになる。しかし彼らは強盗などを行って生計を立てている一家であった。さらに出所したばかりのもう一人の叔父ポープにジョシュアは目をつけられ、犯罪の手助けをするように強要されるのだった…というあらすじ。

元の映画は見てないのですが、ウィキペディアのあらすじを読む限りではかなり映画に近い内容になってるのかな?舞台は当然ながらオーストラリアからカリフォルニアに移っているが、昼間からビール飲んでサーフィンやったりして遊んで、その一方で結構えげつない犯罪に手を染めたりしてる一家の姿がリアルに描かれてます。

荒くれ者の叔父たちを統括してるのが一家の母親であるスマーフで、演じるのはエレン・バーキン。祖母なんて演じられるような年齢だったっけと思ったら実際にそんな年齢でした。もともと下町育ちのタフな女性という感じだったから、優しいようで情け容赦ない母親の役がよく似合ってます。あとの出演者はあまり知られてない人ばかりかな。

しかし設定がテレビシリーズに向いていないような気がするのだが、そこはどうするんだろうね?映画は2時間ほどで結末を持ってくることができるが、テレビではジョシュアが一家のなかでしんどい目に遭う展開が何話も続くとは思えないし…まあプロデューサー(および第1話の監督)はベテランのジョン・ウェルズなので、そこらへんはきちんと考えてるんでしょう。少なくとも第1話は手堅い作りの作品であった。

cf7kkqeuuaeqame
アメリカで見てきた。27日公開でも東海岸が27日になってれば西海岸では26日に封切りされるの?日本公開は8月なのでネタバレしないように感想をざっと:

・本国では批評家の評判が悪くて、なかには「ファイナル・ディシジョン以下」という評もあったので覚悟しながら観たけど、何のことはなく普通に楽しめる作品であったよ。

・そりゃミュータントが狩られるなか、政治的不安を背景にエグゼビアとマグニートとミスティークの思想を絡め、さらに過去と未来の姿を描いた傑作だった前作に比べれば出来は劣るよ。大人が主人公だったあちらに比べて、こっちは少年少女が主体の映画だもの。だから変に期待せずに気楽に観ればいいんじゃないですか。

・悪い点を先に言っておくと、やはり悪役にアポカリプスを持ってきたところ。コミックでも図体デカくて威張ってる割にはいまいち何をしたいのかよく分からない奴なのだが、今回も石の下敷きになって何千年も無力だったのが突然目覚めて世界に新しい秩序をもたらそうとするあたり、なんか迷惑なオッサンだなという感じは否めない。ミュータントであるXメンたちに脅威を与える存在でないと悪役としての魅力は半減してしまう。さらにコミックと違って普通の人間サイズなので、どうもみみっちい感じがするんだよな。これは「デッドプール」のコロッサスみたいに巨大なキャラにすることはできなかったのか。

・その一方では人気のあるキャラクターの立て方が見事で、クイックシルバーの活躍シーンなんて前回以上に痛快だし、基地で出てくるあいつの格好なんてオールドファンが泣いて喜ぶような姿ですからね。各キャラクターの掛け合いなんかはやはり監督が手馴れているなあと。

・あまり強そうでなさそうで実は強いアポカリプスを倒すために最後はアレが出てくるわけですが、やはりそうする必要があったんだろうな。当然あるエンドクレジット後のシーンの展開(原作知らないと解りにくいかも)と掛け合わせると、次作(あるいはウルヴァリン3)はアレとあいつが戦う内容になるのだろうか。

・エンドクレジットといえば、コミック業界の人たちってクレジットに載ってたっけ?俺は気づかなかったよ。

・前述のクイックシルバーが主役を食っているのは別として、生徒たちが活躍するためかマカヴォイ/ファスベンダー/ローレンスの3人のシーンは前回よりも少なめ。新しいキャストもそんなに強烈な演技をしているわけでもなく、演技面は全体的に薄いかな。オスカー・アイザックなんてすごくいい役者だけど、やはりアポカリプスの重厚なメークの下では強烈な印象を残せず。オリビア・マンのサイロックも宣伝されてるほど活躍してないものの、今後の「Xフォース」で再登場するのかな?あとソフィー・ターナー演じるジーン・グレイの訛りが気になったのだが、あれはオランダ訛りという設定か?

・今回は夫婦で出演されております。

・先月の「シビル・ウォー」と比べる向きもあるようだけど、あちらは新しい展開への布石を敷いていたのに対し、こちらはいちおう三部作の締めくくりということで、別に比較しなくてもいいんじゃないかと。十分に面白い作品。