良心的兵役拒否者でありながらも第二次世界大戦に参戦し、沖縄の激戦で多くの人命を救った衛生兵デスモンド・ドスの活躍を描いた、メル・ギブソンの久々の監督作品。以下ネタバレ注意。

内容はおおまかに3つのパートに分かれていて、前半は敬虔なセブンスデー・アドベンチスト教会の信者として育ったデスモンドが、信仰上の理由から人を殺めることを拒否し、家庭内での暴力を目撃した経験から銃を持つことまで拒みつつも、戦場で戦う人々のために貢献したいという思いから陸軍へ入隊志願する姿が描かれる。

銃を扱わないばかりかベジタリアンで肉を食べず、安息日は訓練をしないデスモンドは当然ながら上官や同僚に疎まれるわけで、トイレ掃除を命じられ、同僚たちにはリンチをくらう次第。でもね、これが旧日本軍だったら上官に体罰をくらって恐らく廃人になってますよ。というわけで日本人から見ると彼が受けてる仕打ちは意外と生ぬるかったりする。ついに彼の態度が問題視されて軍法会議にかけられるのだが、デスモンドの父親の尽力もあって彼は除隊を命じられず、銃を持たぬまま戦場へ赴くことを許される。こういうのがアメリカ軍の余裕ですかね。なおデスモンドの父親は第一次大戦でPTSDになって飲んだくれで息子たちに暴力を振るってたらしいのだが、その一方でこうして息子を助けたりしてて、あまり怖いという印象は受けず。つうか前半の演出はTVムービー並みのクオリティで主人公の葛藤もあまり表されておらず、凡庸な出来であったよ。

それが後半になって沖縄の戦場に場面が移ってからは俄然と話が面白くなる。日本軍が死守する前田高知の絶壁ことハクソー・リッジを陥落させるためにアメリカ軍が崖をよじ登り、上にいる日本兵と肉弾戦を繰り広げていく。戦場の描写は凄惨で、撃たれた兵士が単に倒れるようなものではなく、当たった銃弾はすべて体を貫通して血を撒き散らし、掃射を受けた兵士の肉と骨が避け、死体の臓物が飛びちってグロ描写が満載。ここらへんは反戦のメッセージというよりも監督の趣味なんだろうなあ。なお肝心のデスモンドは銃が撃てないのであんまり活躍せず、負傷した兵士を介抱している程度。

そして最後のパートでは戦闘が一段落したあとで、戦場に残された負傷兵をデスモンドが単身救出していくさまが描かれる。日本兵の目をかいくぐって一人また一人と兵を運び、崖の下へと降ろしていく。ここが一番の見所で、主人公の献身がよく分かるようになっているわけですね。最終的には75人以上の兵士をデスモンドは救出したという。

なお戦後のデスモンドは戦時中に罹患した結核のために片肺と肋骨5本を失い、抗生物質の過剰投与で聴覚を失い、働けない彼にかわって看護婦の妻が家計を支え、それで2006年まで生きていたという波乱の人生を送ったらしいが、そこらへんは映画では描かれてません。

また気になる日本軍の扱いだが、日本兵同士が会話するようなシーンは全くなし。ゾンビのごとく死を恐れずにわらわらと襲いかかってくる、強大で不気味な存在になっている。まあ切腹とか特攻のようなシーンもあるのだが、あまり気になる描写はなかったかな。こういうのを見て反日と騒ぐ人は、何にでも騒ぐのでしょう。

デスモンドを演じるのはアンドリュー・ガーフィールド。相変わらずフニャフニャした話し方だが純朴な主人公の役には合っている。「沈黙」では同じく日本で神が何も答えてくれないことに苦悶していた彼だが、こちらでは神に一方的に語りかけてひたすら行動!「あと一人だけ助けさせてください」とか言いつつ何十人も人を助けてます。

彼をしごく上官にヴィンス・ヴォーン。銃が大好きなコテコテの右翼らしいので、鬼軍人の役は板についてます。もう一人の上官を演じるのがサム・ウォーシントン。相変わらず特徴がないというか、無味乾燥な役者で…。あとは主人公の父親をヒューゴー・ウィービングが演じてたりします。アメリカ軍の映画なのに監督がオーストラリア人で、アメリカ人のキャストが少ないな。

反戦映画というには血湧き肉躍る戦闘描写が満載で、単にメルギブが戦争映画撮りたかっただけじゃないの?とも思うけれど、戦闘シーンの迫力は凄いし、こういう人が日本の相手国にいたんだよ、というのを知るのには良い映画かと。


32年ぶりの来日、と聞けば行かずにはいられまい。場所がブルーノートというハイソな場所だったせいか、それとも50年くらい(!)活動してるバンドのせいか、年配の客が多かったような。

目玉とタキシードの格好という印象が強くて、来日のチラシなどでもそのイメージが使われているものの、彼らは何度もイメチェンを繰り返しておりまして、今度の来日にあわせて出してきたのが上の、牛とペスト医師みたいな格好。どういうコンセプトがあるのかわからないし、模索するだけ野暮でしょう。当然こんな格好では歌えないし楽器も見れないということで、実際のステージ上ではもっと簡略化された衣装でした:

ミクラスみたいなツノを持った牛がボーカルで、ペスト医師はギターとキーボードとドラムという構成。衣装の端っこから覗ける手や顔の一部を見るあたり、そんなに年寄りそうには見えなかったので、当然ながらオリジナルメンバーが演奏しているとか、そういうものではないのでしょう。ギタリストが他のメンバーよりも背が高くて、そんなに身長差があるバンドだとは知らなかった。まあレジデンツを名乗ってれば中の人はどうでもいいんだよ!ということで。

肝心の演奏はステージ左の風船上のスクリーンに、相変わらずのヘタウマなCGの人物が曲の合間に投影され、カウボーイとかバレリーナの夢を語るという演出がされていた。多人数の夢の話という点では「ジンジャーブレッド・マン」に似てたような?新譜からの曲が多かったのか、「マンズ・マンズ・ワールド」以外は知ってる曲が無かったぞ。「ワームウッド」の曲とかもやってたようだけど。ボーカルは相変わらずのダミ声シャウト系で、キーボードとエレクトリックドラムでさまざな音を出している感じ。ドラマーがコーラスもやってたはず。

まあレジデンツのライブに何を期待していたのか分からないので、こういうものだったとしか言いようがないのですが、いかんせんステージが狭いためにパフォーマンスが限られてるような印象は受けました。あれ後ろの垂れ幕外せばもっとステージ広いよね?2日目も3日目も行く予定なので、初日とどう違った演奏をするのか見てきます。


というわけで今年のアカデミー作品賞。いちおうネタバレ注意。

観る前はあらすじがアートハウス映画っぽくていまいち分りにくい印象を受けたものの、要するに黒人のBL映画であった。戯曲を原案にしたものらしいが、話の舞台となるマイアミのリバティーシティ出身であるバリー・ジェンキンス監督の実経験が強く反映された内容になっているみたい。

内容は3部構成になっていて、麻薬中毒者の母を持ち、幼いころからゲイだといじめを受けてきたシャイロン少年が、成長するにつれて自分のアイデンティティやセクシャリティについて向き合っていく姿を叙情的に描いたもの。

第1部が子供の頃の話で、ろくに親に養ってもらえず困窮していたところを麻薬売人のホアンに助けられ、彼が父親代わりになって育ててもらうという話。第2部がティーンの頃で、同級生にひどくいじめられながらも、自分のセクシャリティに目覚めていく内容、そして第3部が成人したシャイロンが学生時代の友人と再会するというもの。

何か派手なことが起きるというよりも、決して楽ではない日常の暮らしの部分を丁寧に描いているといった感じですかね。ここがすごい!という内容ではなく、シビアなストーリーながらも美しい映像と音楽でもって主人公の成長を表現しているというか。マイアミがこういうものなのかもしれないが、夜のシーンとかは本当に美しいですよ。

そして全体を支えているのが出演者たちの演技。主人公のシャイロンは時代にあわせて3人の役者が演じていて、いずれも内気で寡黙な役まわりであるために実はいちばん感情移入しにくいのだが、代わりに脇役の演技が光っていて、なかでもアカデミー賞を獲ったマハーラシャ・アリの演技は本当にどっしりとしていてすごい。(代理の)父親の雰囲気を醸し出しているというか。また彼の妻をジャネール・モネイが演じているのだが、ヤクの売人の女にしては美人すぎやしないか。彼女だけ老けないし。そして3部にわたって唯一出演してるのがナオミ・ハリス演じるシャイロンの母で、たった3日(!)ですべてのシーンを撮影したらしいけど若い頃から老け役までしっかり演じきってます。

まあ万人受けする作品ではないではないだろうけど、いろいろ心に響くものもあり、良い作品でしたよ。白人だらけだと叩かれた昨年の反動もあるだろうとはいえ、白人が全く出てこないゲイのティーンの物語に作品賞が与えられ、ムスリムの役者に初めて男優賞が与えられたのは画期的なことかと。「ラ・ラ・ランド」同様に、それ単独でというよりも、これから続くであろう作品のために門戸を広げた作品として後々に評価されていくものになるんじゃないでしょうか。


最近いちばんトンガった番組を作り続けている放送局であるFXの新作シリーズ。「アメリカン・ホラー・ストーリー」や「アメリカン・クライム・ストーリー」のようなアンソロジー作品で、ということはつまりクリエーターはライアン・マーフィー。

名前の通り歴史上のイザコザをテーマにしたもので、第1シーズンは「Bette and Joan」と称して、1962年の映画「何がジェーンに起こったか?」の撮影時における主演のジョーン・クロフォードとベティ・デイビスのあいだの諍いに焦点をあてたものになっている。

かつてはハリウッドで絶大な人気を誇り高額のギャラを手にしていたクロフォードも、年をとるにつれてスタジオから声がかからなくなり、出演作は激減していた。ペプシコの社長の未亡人という立場であったもののペプシコから支払われる年金は乏しく、庭師たちに給料が払えない有様であった。そんなとき彼女は「何がジェーンに起こったか?」の原作小説に目をつけ、映画化を画策する。まずはロバート・アルドリッチに監督の話をもちかけ、そしてベティ・デイビスに共演を頼みこむ。彼女との仲は悪かったのだが、彼女との共演が大きな話題になることをクロフォードは狙っていたのだ。クロフォード同様に出演作に恵まれていなかったデイビスは共演を渋々受け入れる。こうして撮影が始まったものの、お互いに脚光を浴びたがる女優ふたりの共演がスムースに行くわけもなく…というあらすじ。

クロフォードはアル中でデイビスはチェーンスモーカーと、どちらもいい感じに壊れてます。グラマラスなハリウッドの世界を舞台に女性二人がイヤミを言いながら反目しあうところはキャンプ趣味たっぷりで、ここらへんはゲイ冥利につきるんだろうなあ。しかし最近のライアン・マーフィーは単に悪趣味の人ではなく「アメリカン・クライム・ストーリー」の鋭い描写が大絶賛を受けてるような人であるわけで、あちらがO.J.シンプソン事件をもとにアメリカの人種差別を描いたものだとすれば、こちらはハリウッドにおける年齢差別を扱っている感じ。女優が中年になっただけでスターの座から落とされ、仕事がまわってこなくなる光景を描写しています。なおFXはケーブル局なので放送禁止用語などの規制が緩く、こないだの「Atlanta」では(おそらく初めて)F wordがピー音なしに用いられていたが、こちらではC wordまでもが使われ、話題になってるみたい。

ジョーン・クロフォードを演じるのがジェシカ・ラング。映画を成功させるために苦心する役なんだけど、最近では「アメリカン・ホラー・ストーリー」の常連ということもありでホラーっぽい印象も受けます。一方で無愛想なベティ・デイビスを演じるのがスーザン・サランドン。劇中の白塗りメイクで登場するところが一つの見せ場な。ふたりの間で四苦八苦するアルドリッチ監督役にアルフレッド・モリーナ。あと当時の状況を往年の女優が回想するという形をとっており、オリビア・デ・ハビランドをキャサリン・ゼタ=ジョーンズが演じたり、キャシー・ベイツが出てたりします。

「何がジェーンに起こったか?」を観てないと十分に楽しめないかもしれないけど、ベテラン女優たちがハリウッド黄金期の女優たちを演じているという点で観る価値はあるかと。アメリカでの評判も良いらしいし、FXにおけるライアン・マーフィーの天下は続くので早くも第2シーズンの製作が決まってるのだが、そちらはイギリスのチャールズ皇太子とダイアナ妃のイザコザの物語になるとか!


・おれジャズは苦手っす。
・アカデミー賞で一悶着ありましたが、結果的に話題になったし劇場でヒットしてるし、良かったんじゃないですか。
・全体的な感想としては、ミュージカルの入門編的な作りになっている作品かと。過去の作品のオマージュを散りばめながら、ビッグナンバーのところはしっかり派手に展開させて、恋愛に関するシーンは親密に撮って、能天気なミュージカルなどにはせずに緩急をつけて万人受けする内容に、巧みに仕上げている。
・ただその一方で、皆が受け入れやすくするために作りをあまりにもベタにしてしまったのではないか、という印象は最後まで拭えなかった。カフェでバイトしてる女優志望とか伝統にこだわるミュージシャンなんて手垢のついた設定だし、歌が始まると周囲が暗くなるところとか、プラネタリウムでの演出はあまりにも型通りで興ざめしてしまった。デミアン・チャゼル、「セッション」のほうがもっとエッジの効いた演出してたよね。
・「その予定が今日だったの、忘れていた!」という展開も1度なら許すよ、でも2度やるなよ!スマホでスケジュール管理してるなら、ちゃんと予定入れとけ!
・演出にくらべて撮影は確かに見事。1時間もないマジックアワーでの撮影はさすがにグリーンスクリーン使ったのではと思ったら、本当にロケ撮影してるんですね。アカデミー賞受賞は妥当かと。
・エマ・ストーンって「ドスのある声」というイメージが強かったが、その声で今回は歌も頑張ってます。ちょっと音の伸びが弱い気もしたものの、アカデミー賞おめでとうございます。ゴズリングはまあいつもの感じか。劇中でいちばん幸せな人はなんとトム・エヴェレット・スコットだった。
・そしてエマ・ストーンの化粧はシャワーでも落ちない。

・ミュージカル黄金期の雰囲気をスクリーンに蘇らせたということで高い評価を得ているようですが、一方ではテレビだと「Crazy Ex-Girlfriend」とか、その前だとまあ「GLEE」とか、もっと斬新なミュージカルが出てきていると思うのですね。劇場映画でももうちょっと目新しいことやっても良かったんじゃないかと。同じく「映画に関する映画」ということで同じくアカデミーに過大評価された「アーティスト」のあとに白黒サイレント映画の波は(さすがに)やってこなかったが、こちらはもっと万人受けしやすい内容なわけで、この「ラ・ラ・ランド」の成功をきっかけにより多くのミュージカル映画が製作され、より優れたものがでてくることにつながるのであれば、これは十分に素晴らしい映画だということになるんじゃないでしょうか。