DCコミックスのスーパーヒーローを主人公としたThe CWの新作シリーズ。日本でもネットフリックスでやるとか?

舞台となるのはフリードランドという都市。そこではザ・ハンドレッドという黒人系のギャングが幅をきかせて街の治安を最悪なものにしており、これによって警察の黒人に対する取り締まりも非人道的なレベルにまで達し、善良な黒人の市民たちは辛い暮らしを強いられていた。そんな善良な市民のひとりであるジェファーソン・ピアスはかつて電撃を自在に操るヒーロー「ブラック・ライトニング」としてギャングと戦っていたが、連日のように重傷を負って帰って来る彼を見かねた妻が彼のもとを去ったことから、ヒーロー業は引退してふたりの娘を育て、高校の校長として健全な若者の教育に勤めていた。しかし娘の一人がザ・ハンドレッドのメンバーに連れ去られたことから、怒りに燃えるピアスはブラック・ライトニングのコスチュームをまた身につけ、悪と戦うことを決意する…というあらすじ。

DCコミックスのブラック・ライトニングは1977年に登場したキャラクターで、マーベルのルーク・ケイジと同様に、当時のブラクスプロイテーション映画の人気に影響されて登場したといっていいのかな。スーパーマンの本拠地メトロポリスのスラム地区でギャングと戦うヒーローという設定で、当初は細身で胸をはだけたファッションで、確かアフロのウィッグも被っていたんじゃないかな?

彼のソロ・シリーズは比較的すぐに終わってしまったものの、80年代前半にはバットマン率いるバットマン&ザ・アウトサイダーズの一員として活躍しまして、俺も彼のことを知ったのはこのシリーズにおいてだったな。その後はクリエーターのトニー・イザベラとの権利的な?ゴタゴタがあった関係で90年代前半はDCユニバースに登場しなかったキャラクターなのです(いちおうイザベラが執筆したシリーズが当時あったが、イザベラが投げ出すような形ですぐ終わった)。

それが解決したのか2000年代になって再登場したときはスキンヘッドになってガタイも良くなり、もっと大人になったキャラクターになっていた。今回のTVシリーズのコスチュームはこの当時のものをベースにしているみたい。彼のふたりの娘たちもこのころ登場して、彼女たちをスーパーパワーを持っていることから、それぞれ「サンダー」および「ライトニング」というヒーローになって今に至っている。TVシリーズのほうも、少なくとも長女のアニッサはサンダーとして活躍することになるみたい。

もともとThe CWでなくFOX向けのシリーズとして作られたこともあり、プロデューサーとしてグレッグ・バーランティが関わっているものの、いわゆる「アローバース」の作品ではない。まあ「スーパーガール」も当初はアローバースの作品ではなかったわけで、これも来年のスイープス(視聴率調査月間)のころにはザ・フラッシュとクロスオーバーしてるんじゃないですかね…?

キャストの大半が黒人だというのは言わずもがな、主人公がティーンの子供をもった年配のヒーローということもあり、他のDCコミックス系のドラマとは毛色の変わった作品になっている。批評家のあいだでは思慮深いヒーローが登場した、ということで評判が良いみたいだけど、まだ第1話を観ただけでは何ともいえんな。警察が市民に横暴的なあたりは、最近のドラマの流行りの「Black Lives Matter」を反映した内容になるかと思ったが、警察よりもギャングがメインの悪役になるみたい。まあ結局のところThe CWのスーパーヒーロー番組であって社会派ドラマというわけではないが、「他の街で活躍している連中はみんな『ヒーロー』と呼ばれるのに、(黒人の)ブラック・ライトニングは『ビジランテ』だけと呼ばれるのは何故なのか」というようなセリフが出てきたのは興味深かったです。

主人公のピアスを演じるのはクレス・ウィリアムズ。「Hart Of Dixie」ででっかい市長を演じていた彼か。日本語のウィキペディアにも「とても身長が高い。」とだけあるように、とても身長が高い(193センチ)人なので、別にスーパーパワーなくてもケンカ強いんじゃね?とは思うものの、1970年生まれという結構な歳のせいかアクションにあまりキレはないです。なおブラック・ライトニングは単に手から電撃を放出するだけでなく、それで人を持ち上げたりもできるのだが、あれどういう仕組みなのだろう。自ら人を殺めたりはしないものの、ギャングの体を銃撃戦で盾に使うくらいのエゲツないことはやってます。

その彼に敵対するザ・ハンドレッドのボスがトバイアス・ホエールというのだけど、アルビノの黒人というキャラクターにちゃんとアルビノの黒人俳優(ラッパーのクロンドン)を適用するあたりがハリウッドの多様なところか。あとはピアスの娘たちや元妻、警察の刑事などに加えて、ピアスの親代わりだったという仕立て屋が登場するのだけど、バットマンにおけるアルフレッドみたいな役回りで、ピアスの引退中も黙々とブラック・ライトニングのスーツを改良していたというマッドサイエンティストぶりがなんか格好よかったぞ。

第1話を観た限りではそんなに特筆するほど際立った作品だとは思わなかったけど、本国の批評家の評判は概ね良いようなので、ピアスだけでなく娘のサンダーも活躍するようになると面白くなってくるのかも知れない。とりあえず今後の展開に期待。


「刑事ジョン・ルーサー」のニール・クロスによるBBCの新作ドラマ。以降はネタバレ注意。

ロンドンで働く刑事のチャーリー・ヒックスは、新しく自分の部署に異動してきたエレイン・レンコとともに、団地で起きた自殺の調査を始める。最初は普通の飛び降り自殺のように思われたが、死亡したのがNASAにもハッキングしたという敏腕のハッカーだったことから、何か重要なデータを彼が入手し、それを彼のパートナーが奪って彼を殺した疑いが強まり、ヒックスとレンコはそのパートナーを追跡する。そのデータが取引される現場でパートナーとその取引相手を逮捕した二人だが、その直後にMI5らしきグループの襲撃を受け、逮捕した二人は殺されてしまう。ヒックスとレンコはどうにか襲撃から逃れ、回収したデータを確認すると、「ハード・サン」と名付けられたそのプログラムには、今から5年後に壮絶な災害が地球を襲い、人類は絶滅するという衝撃的な予測データが記されていた。その内容にショックを受けるヒックスとレンコだったが、そのデータを狙う一味の魔の手はヒックスの家族にも迫り…というあらすじ。

「マッド・マックス」みたいな「ポスト・アポカリプティック(大災害のあと)」の話じゃなくて、「プリ・アポカリプティック(大災害のまえ)」のドラマ、と巷では紹介されてたりするが、何じゃそりゃ、という印象は否めない。「フラッシュフォワード」みたいなSF風味はなくて、基本的には犯罪サスペンスのドラマといった感じ。データをめぐる話に加えて、レンコが以前に息子に殺されかけた話とか、ヒックスの前の同僚が謎の死を遂げており、実はレンコがそれについて探っているとか、いろいろ伏線は張られているものの、それらが「ハード・サン」とどのように関わっていくかは現時点では全くわかりません。

主演はレンコ役にモデルのアギネス・ディーン、ヒックス役にジム・スタージェス。どちらもあまりよく知らない役者だな。スタージェスってホワイトウィッシュだと叩かれた「ラスベガスをぶっつぶせ」に出てた人か。ディーンはモデル出身とはいえいい演技をしています。

まあこれからどういう展開になっていくのか、第1話を観ただけでは何とも分からんねー。「トーチウッド」みたいなダークなSFになるのか、それとも犯罪サスペンスで押していくのか?そもそも5年後に人類破滅が待ち受けているなか、どこまで話を引っ張れるのか?あまりにも話の設定が漠然としていて、次回も観たくなるほどではなかったものの、まあ海外のレビューサイトなどであらすじは追うようにします。


FOXの運命を握るのはルパート・マードックであろうとも、ネットワークの顔となるのはライアン・マーフィーだ!ということで今年もたくさん出てくるであろうライアン・マーフィーの新作ドラマ。他にもプロデューサーとしてブラッド・ファルチャックやティム・マイナーが関わっている。

LAを舞台に、事故の現場に急行する救命士や警察(ファースト・レスポンダーと呼ばれる)の活躍を描いたもので、第1話では下水管に詰まった新生児の救助とか、強盗に押し入られた家の子供の救助など、まあいろんな事件が次から次へと起きています。

出演人物は緊急通報(アメリカでは「911」番)の電話に対応するオペレーターをはじめ、ベテラン消防士とその血気盛んな部下、冷静沈着な女性警官などが登場する。単に仕事での姿だけでなく彼らの私生活の様子も描かれ、オペレーターは痴呆症の母親の介護をしているし、ベテラン消防士は元アル中で、女性警官の夫はゲイとしてカミングアウトしたばかり、と皆が様々な悩みを抱えている。

出演者は結構豪華で、オペレーター役にコニー・ブリットン、消防士役にピーター・クラウザや俺の好きなケネス・チョイ、女性警官役にアンジェラ・バセットなどなど。アンジェラ・バセットってもうすぐ60歳なのにアクション多めの役を演じているのか。

まあ次から次へと緊迫した事件が続くので見てて飽きないし、役者もいい人たちが揃っているのだけど、これって20年近く前に「サード・ウォッチ」がやったことと内容は全く同じではないのか…?単に事件の一部始終を映すのではなく、もうちょっと捻りがあってもいいのでは。ケーブル局のFXではなく地上波のFOXの番組であるせいか、ライアン・マーフィーの作品にしては大味な印象を受けた。

なおディズニーによるFOX買収にあたって、マーフィーはディズニーCEOのボブ・アイガーから電話をもらって話し(それだけ彼は力を持っているのだ)、当面はFOXに残ることを決めたらしいが、この「9-1-1」は彼の作品にしては比較的凡庸かな、と思いました。


というわけで今年もやってきました「ドクター・フー」のクリスマス特番。これがないと俺のクリスマスは始まらんのよ(もう終わったけど)。今回は12代目ドクターを演じるピーター・カパルディの登場する最後の回、さらには長らくショウランナーを努めてきたスティーブン・モファットも降板する回ということもあり(脚本は当然モファット)、「記憶」をテーマにした今までのシリーズを回顧するような話であった。以降はネタバレ注意。

話は前のシリーズ10からそのまま続いていて、リジェネレーションの時期が間近に迫っていることを悟ったドクターは、それでも肉体の再生を拒んで南極へと到着する。そしてそこで出会った老人こそが、誰であろう初代ドクターであった。彼もまた(初の)リジェネレーションを拒んでターディスで南極に来ていたのだ。さらに二人は第一次世界大戦の戦場から迷い込んできた一人のイギリス兵に遭遇する。彼ら3人の出会いは時間の異常な乱れによって生じたものであり、その乱れを感知した巨大な宇宙船に彼らは捕獲される。その宇宙船で元コンパニオンのビルと再会するドクター。彼らを捕獲したのは人々の記憶を管理する存在「テスティモニー」であり、ドクターたちが兵士を元の戦地へ返すことを要求するが、彼を死地に戻すわけにはいかないとドクターはそれを拒み、宇宙船から脱走してテスティモニーの正体を探ろうとするが…というあらすじ。

初代ドクターを演じるのは故ウィリアム・ハートネル…では当然なくて、「An Adventure in Space and Time」でも同じ役を演じたデイビッド・ブラッドリー。昔ながらの頑固親父というノリの初代ドクターに対して、もっとモダンな12代目がいい凸凹コンビ感を出していまして、初代の女性に対する「政治的に正しくない」発言に慌てる12代目がいいぞ。彼らに出会うイギリス人兵士を演じるのが、裏方としても役者としても常連のマーク・ゲイティス。彼もモファットともに番組を去るという話があるので、ここで最後のお勤めでしょう。元コンパニオンのビルとしてパール・マッキーが再登場するほか、サプライズゲストも出てきます。

まあこのようにモフェット・フーの集大成というか同窓会のような内容なので、サスペンスとかはあまりなし。テスティモニーも悪役というわけでもないし。前のシリーズでXXしたビルを再登場させた手段が、50周年でローズを再登場させた方法の使い回しのような気もしたけど。あと俺が年をとっただけかもしれないが、数年前のプロットとか覚えてないのよ…。「宇宙最大のデータベース」として登場した彼とか、誰だったっけという感じだったし。そういう過去のプロットは、よくも悪くも新しいショウランナーが就任することで一掃されるのかな。あと毎度のことながらCGのキャラクターがショボいような。BBCそこらへんにもうちょっとお金かけようよ。

というわけで全体的にまったりしたエピソードであったが、ドクターが過去の自分と話し合い、自分の存在意義を再認識してリジェネレーションを受け入れる流れはよく描かれてましたよ。ラストのモノローグはウルっとくるほどの出来でございました。

こうして12代目は去り、次にやってくるのは13代目!初の女性ドクターだよ!ジョディ・ウィテカー演じる13代目は例によって最後にちょっと出てくるだけだが、多くの視聴者に好意的に迎えられているみたい(ヨークシャー訛りがキツいが)。また今までとは違った新たなドクターが楽しめそうなので、来年の秋まで待つのが残念ですが、期待しておきましょう。


グラント・モリソンがライターのイメージ・コミックスの作品を原作にした、SYFYの新シリーズ。

ニック・サックスはカタブツで有能な刑事だったが、汚職事件に巻き込まれて屈辱的な退職に追い込まれた過去をもち、今はヒットマンとなって自暴自棄な生活をしていた。それでも腕の立つ彼はクリスマスの近づいた晩に殺しの依頼を片付けるものの、その際に狙撃されて救急車に担ぎ込まれる。精神が朦朧とするなかで彼の前に現れたのは、青くて翼を持った陽気なユニコーン、ハッピーだった。ニックにだけ見えて、彼に語りかけてくるハッピーを幻覚の産物だと見なそうとしたニックだったが、ハッピーは彼の知らないことも知っているふしがある。ハッピー曰く、彼はヘイリーという少女のイマジナリーフレンドであり、サンタに扮したサイコ野郎にヘイリーが誘拐されてしまったため、訳あってニックに助けを求めてきたのだという。そんなハッピーはやはり幻覚なのではないかという疑念を抱きながらも、病院から脱出しようとするニック。しかし彼が殺しの相手から聞かされた、財産にアクセルするパスワードを狙って、別の殺し屋たちがニックの命を狙うことになり…というあらすじ。

原作コミックのアートを担当したのが「トランスメトロポリタン」や「ボーイズ」で知られるダリック・ロバートソン。なんつうか下品で暴力的なスタイルを特徴とした人でして、コミックも小汚い格好のニックが人をブン殴っていくという、グラント・モリソン作品にしては比較的異質な内容であったのを記憶している。

その一方でモリソン自身が第1話の脚本を共同執筆していることもあり、話の展開はかなりコミックに沿ったものになっていた。病院でニックを狙う殺し屋なんかはうまく脚色がされて話に厚みが出ているし、「ハードコア・ヘンリー」を彷彿とさせる過激なカメラワークも話の内容によくマッチしている。第1話で原作の4分の1以上を消化しているので、これからはどんどんオリジナルの展開になっていくのかな?

主役のニックを演じるのはクリストファー・メローニ。「ロー&オーダー:SVU」のシリアスな刑事役で知られる役者だが、もともとはコメディ畑の出身ということもあり自堕落なニックがよく似合っている。そんな彼を翻弄するCGのユニコーン、ハッピーの声を務めるのがパットン・オズワルドで、まあオズワルドの出てる作品にハズレはないよな。あとは別の殺し屋役でパトリック・フィッシュラーなども出ています。

まあこの高いテンションをどこまで保持できるかがシリーズ存続のカギなんだろうが、第1話は結構面白かったですよ。これをきっかけにグラント・モリソンの作品の映像化がもっと進まないかな。ロバート・カークマンくらいの扱いは受けてもいいと思うんだが。