「Revolution Of The Daleks」鑑賞

「ドクター・フー」の新年特番だよ。前回のシリーズ12が終わったのが3月あたまだから、ほぼ10ヶ月ぶりの新エピソード。シリーズ12はキャプテン・ジャック・ハークネスが突然再登場したり、謎のドクターが現れたりと面白くなりそうな展開がそこそこあったものの、結局はうやむやになってしまった覚えが。シリーズ最後にはドクターが突然逮捕されて宇宙の監獄に送られた…なんて10ヶ月前のことだから覚えてなかったよ!

そんなクリフハンガーも、冒頭にキャプテン・ジャックがやってきてドクターを救出することで一件落着。そんなんでは逮捕された意味がないような。一方地球では以前に破壊されたダーレクの残骸を載せたトレーラーが大企業によって盗まれ、ダーレクの技術を活かした警備ドローンに改造される。それを計画したのがクリス・ノス演じるビジネスマンで、彼って2年前の特番にも登場してたらしいのだが覚えてない…。彼はその警備ドローンをイギリス政府に売り込むのだが、ダーレクをコントロールできると過信して、あとでしっぺ返しを食らう展開って以前に何回もあっただろ!イギリス政府はいいかげん過去から学ぶべき。

それでもって当然のことながら死んだはずのダーレクが蘇って仲間を増やして反旗を翻すのだが、そのときに仲間をクローンで増やしてた工場は大阪にあるという設定。別に大阪で撮影をしたわけではないようだけど、どうも大阪人は金さえもらえればどういうことが工場で行われてるのかは気にしないらしい(しかもそのあとヒドい目に遭う)。

あとはまあドクターとジャックの活躍によって地球は救われるわけだが、ちゃっかり政府の無能っぷりが描かれて総理大臣がダーレクに粛清されるあたりが「ドクター・フー」っぽいのかな。これがクリスマス特番だったら雪を降らせたりサンタを出したりで旬な雰囲気を出せたかもしれないが、今回はどうも過去のエピソードの焼き直しという感が否めなかったよ。いまのショウランナーのクリス・チブナルって番組をこうしたい、というビジョンがどうも感じられないのよな。

なお今回をもって3人のコンパニオンのうちグレアムとライアンの男性二人が降板。義理の祖父と孫という関係が面白かったのだけどね。残ったヤズについてはドクターに対して百合の感情を持っていることが突然示唆されて、今後の展開はどうなるのか?

なおシリーズ13はコロナウィルスの影響でエピソード数が少なくなるそうで、製作が完了したらすぐ放送されるそうなのだけど、新たなコンパニオンになるらしいコメディアンのジョン・ビショップってこないだコロナ陽性になったそうで、製作に影響がないか心配なのですが。また新エピソードまで10ヶ月も待つのはイヤだぞ。

「MANGROVE」鑑賞

前作「WIDOWS」が日本では変な邦題をつけられてDVDスルーの憂き目にあったスティーブ・マックイーンだが、なんと映画を5本撮ってBBCで毎週放送するという企画を立ち上げてしまった。ボブ・マーリーの歌詞から名をつけた「SMALL AXE」というアンソロジー・シリーズで、シリーズとはいえ70分から120分くらいのイギリスにおける人種問題をテーマにした映画が撮られ、1つはフィクションであとの4つは実際の出来事をテーマにしたものらしい。

そしてその一本目がこの「MANGROVE」。マングローブ・ナインと呼ばれる黒人9人の法廷での闘いを題材にしたものらしいが、そんな事件があったなんて全く知らなかったよ。

舞台は60年代後半のロンドンはノッティング・ヒル。トリニダード生まれの黒人フランク・クリクロウは西インド諸島料理のレストラン「マングローブ」を開店し黒人コミュニティの憩いの場になるが、黒人を快く思わない警察によって住民たちは嫌がらせを受け、マングローブも何度も立ち入り検査を強制されて物品が破壊される。これに怒った住民たちはプラカードを掲げて警察署へデモ行進するが、事態はエスカレートして警察官との抗争が生じてフランクたちは逮捕されてしまう。そして自分たちの正当性を証明するために彼らは法廷でも闘うことを決意するのだが…というあらすじ。

前半は警察の横暴に苦しむ住民たちが描かれ、後半は法廷ドラマになっているが話の盛り上げ方が上手いので124分という尺でも中だるみせずに観ていられる。法と闘う主人公、という点ではマックイーンのデビュー作「HUNGER」に近いものがあるかな。逮捕された9人のうち何人かは自分で弁護をすることを選び(ここらへんイギリスの法制度がよく分からんのだが)、自らの言葉で警察の横暴を糾弾し正義を訴えるところが格好いいのよ。裁判の結果は当然歴史に刻まれているわけだが、何も知らずに観た方が面白いかもしれない。

フランク・クリクロウを演じるのはショーン・パークス…って知らない役者だなぁ。出てる作品はいろいろ目にしてるはずだが。「ブラック・パンサー」のレティーシャ・ライトがブラックパンサー党員としてフランクと一緒に逮捕される女性を演じている。なおもう一人逮捕された方の女性の息子は、いまアイランド・レコードの社長なんだそうな。あとは彼らの弁護士をジャック・ロウデンが演じてます。音楽をミカ・レヴィが担当してるのだけどレゲエのスタンダード・ナンバーがよく流れるのであまり目立たなかったっす。

この「SMALL AXE」、今後はジョン・ボイエガが主役を務めるエピソードなどもあるそうで、なかなか面白そう。イギリス外ではアマゾンが配信するらしいけど、日本でもやるのかね?

「HELSTROM」鑑賞

米HULUのオリジナルシリーズでマーベル・コミックスの作品を原作にしたもの。基になったキャラクターのデイモン・ヘルストロムって70年代に「ゴーストライダー」のようなオカルトっぽいキャラクターの成功にあやかって考案されたもので、そのまんま「SON OF SATAN」というおどろおどろしい題名がつけられて登場したのだが、はっきり言って非常にマイナーなキャラクターなので、その名の通りサタンの息子らしい、ということ以外は俺もよく知りません。そもそもマーベル・ユニバースにサタンなんていたっけか?90年代初期にも彼を主人公にしたシリーズが短期間あって、駆け出しだった頃のウォーレン・エリスが敗戦処理のようなライターを務めていた覚えが。

そして彼にはサターナという妹がいるのだが、こちらになるとヘルストロム以上にマイナーなキャラクターなので全くよく知りません。彼と同様にサタンの娘(リリー・コリンズ?)ということくらい。

ただでさえマーベルはDCに比べてオカルト/魔法系のキャラクターの層が薄くて、地獄でいちばん偉そうなメフィストも人の結婚にちょっかい出してる程度なのだが、なんでこんなマイナーなキャラクターを映像化しようとしたのかはよくわかりません。いちおうTV-MAという大人向けのレーティングもついてエッジの効いた内容にしようとしたのだが、どうも話によるとマーベルの親会社であるディズニーがその方針を嫌がって、題名は「HELLSTROM」でなく一字とった「HELSTROM」に変更し、「サターナ」は「アナ」にしたうえで、NETFLIX作品などにはつけられた「MARVEL’S」という表記も題名には付けられていない。そんなの改変する意味あるのかね?と思うけど、子供向けディズニーにとっては重要なのでしょう。こうなると「ジョーカー」みたいなR15の劇場作品はマーベルから当面は出てこないだろうなあ。

それで肝心の作品の中身だが、デイモン・ヘルストロムは神秘的な能力を持った男性で、大学で教鞭をとりながらカソリック教会のエクソシズムに手を貸していたが、何かしら強大な脅威が迫りつつあることを知り、疎遠になっていた妹のアナに連絡を取る…といったもの。デイモンとアナの母親は悪魔に取り憑かれて精神病院に収容されているが、彼らの父親が悪魔だということは示唆されるだけで明言はされていない。あとは地下墓地の遺物から悪き存在が解放されたことも説明されるが、なんか話の展開が遅いのよこれ。数話観てもキャラクターの背景とかがなかなか明らかにされないし。

デイモンが世間に対して斜に構えたエクソシスト、という点では「コンスタンティン」に通じるところもあるが、あそこまでキャラクターは立っていない。物事があまり説明されないまま、おどろおどろしい展開が続くあたりは「アウトキャスト」にむしろ似ているかな。TVシリーズのホラー作品ってあまり優れたものが無いような気がするけど、これもあまり現地では評判が良くないみたい。

デイモン役はイギリス人のトム・オースティン。アナ役のシドニー・レモンってジャック・レモンの孫娘なのか。知った顔だと「ザ・ワイヤー」のロバート・ウィズダムが出演してます。主人公ふたりの母親をエリザベス・マーベルという、そのまんまな名前の役者が演じてるのにマーベル作品との関係が希薄で残念。

マーベルのTVシリーズがこれからDISNEY+に集約していくであろう過程での、微妙な立ち位置の作品、ということで良いのかな?大人向けの異色マーベル作品、という強みを出すこともできただろうにポテンシャルを生かせてないのが残念。

「Fargo」シーズン4鑑賞

シーズン3はちょっと失速したけど、ノア・ホウリーの「ファーゴ」はまだ続くのだ!というわけで3年ぶりの新シーズン。コロナの影響で撮影も延びたらしいが無事放送開始になりました。

シリーズの常として舞台となるのはミネソタ州ファーゴではなくて、ミズーリ州のカンサスシティ。そこでは移民によるギャング同士の抗争が1920年代から続いており、最初はユダヤ系が台頭していたところにアイルランド系がとって代わり、その後はイタリア系がとって代わる。そして50年代には黒人のギャングがイタリア系と対立し…というのが話の開始時点。

いちおうギャング同士での和平交渉は行われていて、お互いのボスの息子を交換して家族の一員として育てることで抗争を避けようとするしきたりがあるものの、結局はアイルランド系の息子の裏切りによってユダヤ系およびアイルランド系のギャングが壊滅に追い込まれていた。そしてイタリア系と黒人のギャング同士もお互いの息子を交換するが、傍らではシリアルキラーの謎めいた看護婦が暗躍していて…というあらすじ。

非常にスタイリッシュな映像でギャングの世代交代が描かれる冒頭などは流石なのだが、ストーリー的には比較的おとなしいというか、突拍子もない事件はまだ起きていないかな(いま2エピソードを鑑賞)。イタリア系ギャングのボスが不慮の事故で亡くなり、血気盛んな2代目が黒人ギャングと一発触発の展開になっていくみたい。

今までのシーズンも時代設定がバラバラだったが、今回は最も昔の1950年代が舞台ということで時代劇的な雰囲気がありますな。ギャングの抗争を描いているという意味では、コーエン兄弟の「ミラーズ・クロッシング」に似ているところもあるし、差別に抵抗してたくましく生きようとする黒人たちが主人公という点ではHBOの「ウォッチメン」や「ラブクラフト・カントリー」に通じるところがあるかも。50年代が舞台なので、唯一シーズン1〜3を通じて登場したキャラである「聾唖の殺し屋」は生まれてもいないのだが、たぶんあとになって何かしらの形で登場するんじゃないだろうか?

このシリーズの特徴であるキャストの異様な豪華さは今回も顕著で、黒人ギャングのボスにクリス・ロック。ギャングでありながらも、自分が考案した「クレジットカード」を銀行に売り込んでカタギの商売を始めようとする家長を演じている。コメディアンとしての印象が強いクリス・ロックだけど、「ニュー・ジャック・シティ」のシリアスな役とかおれ好きなのよね。対するイタリア系ギャングにはジェイソン・シュワルツマンやベン・ウィショーなど。ティモシー・オリファントも「JUSTIFIED」みたいな保安官として登場するぞ。

批評家の評価は過去シーズンほど高くはないみたいだけど、まだ始まったばかりだし、50年代のギャングの話が他のシーズンとどう関連していくのかを見守ることにする。

「LOVECRAFT COUNTRY」鑑賞

マット・ラフの同名小説を原作にしたHBOの新シリーズ。1話が無料公開中(要VPN)で、プロデューサーがジョーダン・ピールとJJ・エイブラムズ。

舞台は人種差別が台頭していた1950年代のアメリカ。朝鮮戦争から帰ってきたアティカスは、疎遠になっていた父親から謎めいた手紙を受け取ったことでシカゴへとやってくる。手紙によると彼の父親は自分の血族を探すために、マサチューセッツのアーカムならぬアーダムという土地へ向かったというのだ。そこでアティカスと叔父のジョージ、および友人のレティティアは父親の後を追ってシカゴを発つものの、田舎町では黒人は敵視され、保安官を含めた白人たちに彼らは追いかけられて大変な目に遭う。さらに人知を超えた怪物に彼らは遭遇し…というあらすじ。

題名から分かるようにHP・ラブクラフトのクトゥルフ神話をベースにしたホラーではあるものの、テーマとしていちばん前面に押し出されてるのはアメリカにおける人種差別の歴史か。「怖いのは怪物ではなく人間だった!」というクリーシェを使ってるわけでもないし今後の展開はどうなるか分からないけど、食堂で食事を頼んだだけで白人に銃で追いかけられ、秩序を守るはずの保安官にも殺されかける、黒人たちの置かれた理不尽な環境がひしひしと伝わってくる内容になっている。

黒人奴隷が主人公のシリーズ「UNDERGROUND」のクリエーターだったミシャ・グリーンがショウランナーを努めており、昨年のHBOの「ウォッチメン」におけるタルサ暴動のように、黒人の歴史を啓蒙するような要素もあるかな。人種隔離が公然と行われていた地域を表す「SUNDOWN TOWN」なんて表現、俺は知らなかったですよ。50年代の話ながら、65年のジェームズ・ボールドウィンのスピーチをBGM代わりに流すという演出も行われてます。

アティカスは体格こそゴツいもののSFとホラー小説が好きな素朴な少年で、ラブクラフトの小説も好きなんだけど、彼の人種差別的な主張には困惑している。当時は黒人のSF読者というのは少なかったようで、これも重要な要素になるみたい。そして叔父のジョージは黒人向け旅行ガイド(いわゆる「グリーンブック」な)を書いているという設定になっている。

それで肝心のモンスターですが、第1話ではラブクラフト絡みのクリーチャーがどのくらい出てくるのかは不明。いちおうショゴスっぽい、でもなんか違う怪物が出てきてえらいことになるのですが、今後はどうなるのだろうなあ。謎めいた白人の男女とかも出てきて、カルト教団とのつながりが明かされるようなのだが。シュブ=ニグラスとかヨグ=ソトースの登場を期待してはいかんのでしょう。

アティカスを演じるのは「The Last Black Man in San Francisco」のジョナサン・メイジャーズで、レティティア役がジャーニー・スモレット。このひとジャシー・スモレットの妹なのね。ジョージ役がコートニー・B・ヴァンスで、アティカスの父親役がHBOの常連マイケル・K・ウィリアムズ。冒頭の夢シーンで体を真っ赤に塗ったジェイミー・チャンが出てくるのだが、あれがアティカスが韓国に残してきた恋人ということになるのかな?

批評家と視聴者の評判も良いようで、昨年の「ウォッチメン」のような話題作になるでしょう。個人的にはクトゥルフ神話のクリーチャーにどんどん登場してほしいところですが。このままアラン・ムーアのラブクラフト・グレイテスト・ヒッツ的作品「PROVIDENCE」も映像化されたりしないかな。