「BATWOMAN」鑑賞

THE CWの新作シリーズで、アローバースに加わる新たなスーパーヒーローですな。

舞台は当然ながらゴッサム・シティだが、バットマンは3年前から行方不明になっているという設定。ブルース・ウェインの従姉妹であるケイト・ケインはかつては軍の兵士だったが、レズビアンであるという理由により除隊を命じられ、遠く離れた地で密かに訓練を続けていた。だがかつては彼女の恋人であり、ケイトの父親が運営する警備会社の社員であるソフィーが暴漢に誘拐されたためにケイトはゴッサムへと帰ってくる。そこでブルースの遺したバットマンの基地を発見した彼女は、バットマンのコスチュームを身にまとってソフィーの救出に向かうが、その陰には死んだはずのケイトの妹がいた…というあらすじ。

コミックでは10年くらい前に登場したケイト・ケイン版のバットウーマン、日本ではそんなに馴染みはないかもしれないけどアメリカでは人気キャラクターですね。TVシリーズ版のオリジンも大体はコミックを踏襲している感じかな。父親はもっとガチガチの軍隊オヤジだったけど。

バットウーマンの宿敵となる、双子の妹のアリス(上)は子供のときに母親とケイトとともに橋の上で交通事故にあって、バットマンがケーブル張って助けようとしたものの、なぜかケーブルが切れて母親とアリスは橋の下に落ちていったが、どうもアリスは生きていたという設定みたい。昼間に突然現れて、救助に失敗するバットマンがなんかとてもカッコ悪いぞ。まあ事故の真相はこれから明かされていくのだろうけど。

バットマンがいなくなったゴッサムシティ、という設定は短命に終わったTVシリーズ「BIRDS OF PREY」と同じなのだが、「スーパーガール」にスーパーマンが出てきたように、いずれこっちにもバットマンが登場するのだろうか。バットマンが3年間行方不明、ということは当然ブルース・ウェインも同じあいだ不明なので、ブルースってバットマンじゃね?と思う人がいそうなものだけど、そうでもないらしい。バットマンの基地や装備はルシアスの息子のルーク・フォックスが管理していて、彼もいずれコスチュームをまとってバットウィングになるのかしらん。

第1話ではケイトがバットマンのコスチュームを着るだけで(よくサイズが合ったな)、コミックでおなじみの赤毛のコスチュームはなし。TVシリーズに映画並みのアクションを期待するのは酷だろうけど、「アロー」とかに比べてもアクションシーンが稚拙で、なんか安っぽい気がするな…原作だともっとモラル的にグレーなキャラクターだった(バットマンと必ずしも気が合うわけでは無い)と思うので、そこらへんを強調する必要があるのでは。

ケイトを演じるのはルビー・ローズ姐さん。まあ適役ですな。素顔でビシバシ戦った方がカッコ良さそうな気もするが。スタントで怪我して緊急手術を受けたりと、撮影は大変だそうです。彼女自身もレズビアンだけど、レズビアンが主役のスーパーヒーロー番組はこれが初だそうな。その彼女の父親役にダグレイ・スコット。個人的にはやはり彼って演技が下手だと思うのですよね。いつも仏頂面で硬い演技しかできないというか。原作だとケイトと父親の関係が重要な要素なわけで、これからのストーリーにどれだけ貢献できるのだろう。あとなぜかMSNBCのキャスターであるレイチェル・マドウが声だけ出演してます。

第1話を見た限りではそんなに面白いとも思わなかったけど、主役はいい役者使ってるのだし、これから話をどう練り上げていくかが成功のポイントですかね。

新作シットコム雑感

アメリカでは秋の新作ドラマシーズンが始まったようで、新しいシットコムの第1話をいくつか観たので感想を書きます:

・SUNNYSIDE (NBC)

素行不良で落選したクイーンズの元議員が、アメリカの市民権テストを通過するために勉強する移民たちを助けることになるというもの。落ちこぼれの教師と型破りな生徒たち、という構図が「COMMUNITY」っぽいな。オバマ政権でスタッフとして働いていたカル・ペンが主演&脚本ということもあり、ちょっと説教くさい箇所がなくもないが、多様な人種の役者たちが揃って話を盛り上げてるのは応援したいところです。カメラが微妙にグラグラ揺れてるのが気になったが。

・PERFECT HARMONY (NBC)

これも「COMMUNITY」っぽい内容。妻を亡くして自暴自棄になった元音楽教授が、町の合唱団を指揮することになる物語。さまざまなバックグラウンドを抱えた男女が、歌うことで力を合わせていく…って「グリー」やんけ。主演はブラッドリー・ウイットフォードで、おれこの人はシリアスな役のほうが似合うと思うのだが…?

・CAROL’S SECOND ACT (CBS)

教師だった女性がセカンド・キャリアとして医師になることを決意し、自分の子供くらいに若い他のインターンたちとともに奮闘するという内容。最近は少なくなった、ラフトラックの入りマルチカメラのシットコムで、このスタイルが好きな人は気にいるんじゃないですか。主演は「ザ・ミドル」のパトリシア・ヒートン。白髪のカイル・マクラクランが間の抜けたベテラン医師を演じてるのですが、「ツイン・ピークス」の印象が強いのでなんか不気味に見える。

・MIXED-ISH (ABC)

日本では知名度が皆無だがアメリカでは大きな人気を誇る、黒人家庭のコメディ「BLACK-ISH」のなんと2つめのスピンオフ。トレイシー・エリス・ロス演じるママさんの少女時代を描いた内容で、コミューン育ちの少女が一般の学校に通うことになり、白人と黒人の混血である自分のアイデンティティに悩むというもの。80年代には混血の子が少なかったことが強調されるのだが、そうだったっけ?ママさんのナレーションも入りまくりで、なんか説教くさい「それいけ!ゴールドバーグ家」のような出来。

・THE UNICORN (CBS)

妻を亡くして娘ふたりを単身で育てている男性が、周囲に勧められてデートアプリに登録してみたところ、家事ができることなどが評価されて大モテに…という話。問題は主演がウォルトン・ゴギンズということでして、あのひと絶対に悪人顔だと思うのですが、そんなにモテるのでしょうか?ロブ・コドリーも共演してるよ。

「STUMPTOWN」鑑賞

ABCの新作シリーズ。おれ原作のことを知らなかったのだが、「バットマン」などで知られるグレッグ・ルッカによるオニ・プレス刊のコミックの映像化なのですね。

題名の「スタンプタウン」とはオレゴン州ポートランドの愛称らしくて、舞台も当然ながらそこ。主人公のデックス・パリオスはアフガン帰りの元兵士で、PTSDに悩まされつつも、ダウン症の弟の面倒を見ながら暮らしていた。しかし彼女はギャンブル狂でもあり、アメリカ原住民が経営するカジノでの借金を帳消しにする代わりに、行方不明になったカジノのオーナーの娘を探すように依頼される。持ち前の推理力を活かして、オーナーの娘が恋人とモーテルに潜んでいることを突き止めたデックスだが、目の前で娘を別の男たちに誘拐されてしまい…というあらすじ。

まあ典型的な地上波ネットワークの刑事番組、という出来ではあるのだが、デックスが車のトランクに閉じ込められて拉致される冒頭から、テンポが良くて観ていて飽きない内容にはなっている。デックスのオンボロ車からクラシック・ロックが流れまくってるのも往年のコップショーっぽいというか。ただ第1話のせいか登場人物を少し多めに出しすぎて、せわしない展開になっているような?途中の高級車を盗むシーンの必要性が分からなかった。

またデックスはあくまでも普通の市民という立場なので、悪人と対峙しても銃を撃ったり逮捕できるわけではないのが、観ていてちょっとまどろっこしく感じるかも。いちおう警察には大目に見られているようなので、今後は私立探偵ものっぽい内容になっていくのかな。あとウィキペディア情報では原作のデックスはバイセクシュアルらしいですが、こちらではその要素は完全に無くなってました。

デックスを演じるのはマリア・ヒル長官ことコビー・スマルダーズ。テレビだと最近までシットコムに出てましたが、アクション映画の人というイメージも強いのでタフなデックスに似合ってるのではないでしょうか。彼女の親友のバーテンダー役に「New Girl」のジェイク・ジョンソン、ポートランド市警の刑事役にマイケル・イーリー、その上司役にカムリン・マンハイムなどなど、役者はいいところが揃ってます。

原作もそんなに話数が多くないようだし、テレビ番組として独自の展開を遂げていくのだろうけど、第1話を見た限りではどういう方向性になるのかはよく分からんな。でも悪い作品ではなかったので面白くなることに期待。

「ON BECOMING A GOD IN CENTRAL FLORIDA」鑑賞

SHOWTIMEの新作ドラマ。放送前にホームページで2話ほど公開されてるのを観た。

舞台は1992年のフロリダの小さな町。そこのウォーターパークで働くクリスタルは、夫のトラビスとともにファウンダース・アメリカン・マーチャンダイズ(FAM)というマルチ商法の会員だったが、クリスタルたちが頑張って新規会員を獲得しても彼女たちの収入が増えるわけでもなく、夫婦の生活は困窮していた。クリスタルはFAMのやり方に疑念を抱く一方で、トラビスはFAMの熱心な信者であり創設者の教えが吹き込まれたテープも真面目に聴いていたが、不慮の事故によって亡くなってしまう。トラビスはFAMのために働いていた最中に亡くなったとしてクリスタルはFAMに賠償を求めようとするものの、彼は従業員でなく「個人事業者」であったというFAMの言い分にあえなく敗退。さらに自分の知らなかった借金があることが判明し、家を追い出される寸前になったクリスタルは、仕方なしにFAMのために働き続けることになるのだが…というあらすじ。

生活費を稼ぐため怪しいことに手を出すシングルマザーの物語って、同じくSHOWTIMEの「WEEDS」に似ているような?つうか最近のSHOWTIMEの番組って、みんな過去が舞台になってないか?80年代後半が舞台の「BLACK MONDAY」、90年代初頭の「CITY ON A HILL」、数年前の事件を描いた「THE LOUDEST VOICE」「ESCAPE AT DANNEMORA」などなど。過去の出来事が現在の世相に関係しているような内容なら分かるのだけど、この番組なんかはなぜ舞台を1992年にしたのかよく理解できんなあ。

未亡人の復讐譚、とするにはクリスタルがあまりにも非力で、次々と不運に見舞われるのでスカッとするような展開はなし。2話観てもあまり話が進まなかったのだが、これからクリスタルが組織のなかでのし上がっていくのだろうか。彼女に好意的な隣人の振る舞いもいまいち分からなかったし。

クリスタルを演じるのはキルステン・ダンストで、「スパイダーマン」とかに出てたころはそんなにいい役者だとも思わなかったけど、「ファーゴ」でやつれた主婦を演じたのはとても良かったのですよね。今回もその路線で、体型も緩くなってタバコくわえたタフな主婦を演じています。あとは知った顔だとFAMのカルト的リーダーにテッド・レヴィン。クリスタルにあれこれ口出しするFAMの支局長をテオドール・ペルランが演じていて、この役者は知らなかったけどいい演技してますね。

これクリエーターはロバート・フュンケとマット・ラツキーというほぼ新人のひとたちで、どうやってシリーズ制作にゴーサインもらったんだろう。プロデューサーにはダンストのほかにジョージ・クルーニーとグラント・ヘスロヴが名を連ねてます。当初はAMCで放送される予定で、第1話の監督はヨルゴス・ランティモスが担当する予定だったのが、いろいろあって彼は降板し、放送局もYotubeを経由してSHOWTIMEになったらしい。ランティモスの監督版はぜひ観てみたかった。

今のところ本国の批評は好意的なようだし、放送が始まったらもっと全体的な人気がわかるでしょう。個人的にはそんなに面白いとは思わなかったけど。

「THE TERROR: INFAMY」鑑賞

本国では絶賛されたのに、日本ではアマゾンが全く宣伝してないからあまり知られてないAMCのホラー・アンソロジーのシーズン2。シーズン1はダン・シモンズの小説を原作にしていたが、今度はオリジナル脚本で、第二次大戦中の日記人収容所における怪異を扱っている。

舞台は1941年の南カリフォルニアの町。そこに住む日系移民の一世と二世は、日本とアメリカの緊張が深まり、人種差別やスパイ容疑の目に怯えながらも、漁師をしてひっそりと暮らしていた。2世であるチェスターは白人(ヒスパニック)の女性と関係をもって彼女を妊娠させてしまい、知人の日系人女性に堕胎薬の調合をお願いするが、その女性はその後謎の自殺を遂げる。他にも謎めいた怪奇な現象が日系人コミュニティで起きるなか、日本軍による真珠湾攻撃が起き、その結果チェスターの両親などは収容所に送られてしまうのだった…というあらすじ。

第1話ではまだそんなに多くのことは起きなくて、人ではなさそうな謎めいた女性が登場したり、移民とともに「バケモノ」が海を渡って町にやってきたのでは、と噂される程度。その一方では自殺した妻を虐待していた夫が盲目になったり、移民の漁船を焼こうとした白人が怪死を遂げたりと、意外とバケモノ(ユーレイ?)っていい奴じゃね?という描写もあるのですが、そこらへんの真相はこれから明かされていくのでしょう。

海外のレビューを見るとみんな言ってるのが「劇中の怪奇現象よりも、人種差別の描写のほうが怖い」みたいなこと。さらには現在メキシコとの国境で起きている、トランプ政権による移民の非人道的な扱いと重ね合わせて、80年近く前の話でありながらもそのタイムリーさに注目している人が多いみたい。まあ日本人として観ると、日系人が偏見を受けてネチネチと虐げられ、苦しめられる姿がとても感じが悪いものでした。あちらの黒人は黒人差別を扱った映画をこんな気分で観ているのかなあ、と実感したところです。とはいえ最近の慰安婦に関する騒動などを見ていると、自国の非道な歴史をきちんと描き出すアメリカの懐の深さには感心しますね。

スタッフも日系人が多数関わっているらしく、おかしな日本文化の描写などは殆どなし。まあカリフォルニアのコミュニティなので、日本のものとはちょっと違うわけだが。キャストも日本語を流暢に話す人が多く、まるで日本のドラマを観ているよう。チェスターだけが日本語がカタコト気味だったけど、まあ2世ということで。また冒頭の海の景色など映像が大変美しく、こうした撮影やセットの技術は日本のドラマを軽く凌いでいるだろう。

チェスター役は日系4世のデレク・ミオ。かなり悪役っぽい顔つきだけど主人公です。その母親を演じるのが「トーチウッド」の森尚子。俺が知る限りでは英語と日本語をもっとも流暢に話せる女優なので、これでアメリカでも人気が出て欲しいところです。あと日本人としては祐真キキが、いやみったらしい京都弁を話す女妖怪(たぶん)を演じています。そしてチェスターの祖父を演じるのが、自らも日系人収容所に入れられていたジョージ・タケイ。最近は収容所での体験を語り継ぐことにも力を入れている彼だが、この番組ではコンサルタントも務めて話に現実味をもたせている。

当時の日系人はみんな収容所送りになったのかと思っていたが、アメリカで生まれた人は市民権があるので収容されなかったの?こうしてチェスターは親たちと引き離され、愛国心を示すために軍隊に入るものの、そこでも差別を受けて…という展開が続くみたい。

ホラーという要素をどうとらえるにせよ、日系人の不遇をこうしてしっかりと扱った海外ドラマなんてそうあるものじゃありませんからね。日本のアマゾンでも近日中に提供開始になるらしいから、日本人なら観てみるべき作品かと。