「Welcome to Chechnya」鑑賞

HBOで放送されて高い評価を得ていたドキュメンタリーをBBC経由で鑑賞。ロシア連邦の一部であるチェチェン共和国における、同性愛者への迫害を扱ったドキュメンタリー。

チェチェンでは2017年ころから同性愛者の迫害が始まり、彼らを不純なものと見なすラムザン・カディロフ首長のもと、同性愛者の暴行・誘拐・拷問・法的な手続きのない処刑などが行われている。実際に彼らがボコボコにされる映像が何度か登場するし、有名な歌手も誘拐されて行方不明になっているそうな。そんな迫害を受けている彼らを助けようとする、デビッド・イスティーフをはじめとする活動家たちを追った内容になっていて、まずはチェチェンから連れ出してモスクワにある極秘のシェルターにかくまい、海外の団体の協力を得て国外に脱出させるというネットワークが出来上がっているらしい。

いちおうモスクワでの同性愛者の扱いはチェチェンに比べれば緩いようなのだが、プーチンがカディロフを好き勝手やらせているため、チェチェン警察からは脱出した同性愛者およびその家族に脅しの連絡が届き、モスクワにおいても彼ら(さらにはその家族)の身は安全ではない。よって必要であればほんの数時間のうちに、危険に晒された人をチェチェンから脱出させたり、国外に逃げさせなければならない。ここらへんの緊迫した光景もそのまま撮影されてて、「CITIZENFOUR」のサスペンス感に通じるところもありました。

そんな当局から身を隠している人たちを撮影して大丈夫か?というのは誰もが思うところでして、監督のデビッド・フランス(HIVを扱ったドキュメンタリーでアカデミー賞ノミネート)が取った案は、彼らの顔をデジタル処理して、他の役者の顔と差し替えるというもの。上のポスターの男性もフェイクの顔だよ。あまりにも処理後の表情がナチュラルなので、本当に差し替えたのかよ?と思ってたけど、最後にこの男性の素顔が明かされて、確かに顔が変わっていることに驚きました。この技術が普及すれば、従来の「顔にモザイク」というドキュメンタリーのスタイルが変わっていくのかな。

チェチェンの姿勢にならった他の共和国も同性愛者の迫害を始め、やがてその波がモスクワに届くのではとイスティーフたちが危惧する一方で、彼らの活動資金は減り、活動家自身も国外逃亡を余儀なくされたりして、彼らの前途は決して明るくない。迫害されたゲイの男性が勇気を出して記者会見を開き(ここで彼の素顔が明かされる)、モスクワの法廷にチェチェンの迫害を訴えたりするものの、にべもなく棄却されていた。

2年ほどのあいだに活動家たちは150人ほどの人を国外に脱出させ、そのうちカナダは50人弱ほどを受け入れた一方で、トランプ政権のアメリカは0人だとか。映画の公式サイトに彼らの活動が細かく紹介されてるので、興味のある方はチェックしてみてください。

「FAMILY ROMANCE, LLC」鑑賞

鬼才(変人)ヴェルナー・ヘルツォークがいつの間にか日本で撮影していた映画で、アメリカのマイナーな配信サービスMUBIでプレミア公開されてたのを視聴。

話の主人公となるのは「レンタル家族」サービスを営む「ファミリーロマンス社」の社長である石井祐一。これ実在する会社の実在する社長で、以前にはコナン・オブライエンが日本で番組撮影したときにも登場してたみたい。この会社は社員を「代役の家族」として貸し出し、その社長や社員は顧客の要望に応じて様々な役を演じていく。

話の中心になるのは、父親がいない、まひろという名の少女の父親を石井が演じるパートで、石井と少女のやりとり、およびまひろの母親とのやりとりが作品を通じて描かれている。それに加えて石井が演じるのが、「ミスをした人」の代わりに上司に怒られる役とか、アイドル気取りの女性を歌舞伎町で撮影するカメラ小僧など。

家族代行サービスを営む人、という点ではヨルゴス・ランティモスの「ALPS」に設定が似てなくもないが、あれよりはもっと通俗的な役をロマンス社の社員が演じてるかな。いちど宝くじで大金を当てた女性が、あの感動が忘れられないとして、再び当選のお知らせを知らせる役を石井に頼むくだりは少しファンタジーっぽくて面白かった。

実在する会社の実在する社長を追った物語、という内容からこれをドキュメンタリーだと思い込んだ批評家が海外にはいたらしいが、ヘルツォークによるとすべて彼が書いた脚本が存在するフィクションであるらしい。まあ彼は普通のドキュメンタリーにも平気で脚色(本人曰く「イルミネート」)を持ち込む人なので、フィクションなのかドキュメンタリーなのか詮索するのも野暮ですが。

ただしヘルツォークは大まかな設定を書いたのみで、細かいセリフは出演者のアドリブなんだとか。彼自身は撮影監督もやっていて、ゲリラ撮影用の小さいカメラを持って役者に肉薄し、日本語は分からないものの良い演技が撮れたと感じたらその場でOKを出していたらしい。つまり役者が何を言ってるか分からないままでOK出してたみたい。77歳にもなってこんな撮影をしてるのはヘルツォークくらいのものだろう。自然の描写も彼が撮影ということで流石に美しいですよ。

ロマンス社に依頼をしてくる人たちもみんな役者(社の社員か?)が演じているのだが、みんな演技がヘタなのが逆にリアリティさを増しているというか。その一方で石井社長だけが口数豊かに業務をこなしていくあたりが、詐欺師ベテランっぷりを発揮していました。また、まひろの母親はデカい家に住む金持ちという設定なのだが、その家がどうも「例のプール」があることで知られるスタジオで撮影したものらしく、プールも一瞬ながらしっかり出てました。「例のプール」はAV撮影だけでなくヴェルナー・ヘルツォーク作品のロケ地にもなったんだよ!

このレンタル社員、今は亡き(あるいは不在の)人の代わりとなって残された家族とやりとりするさまは現代のイタコっぽいかな、と思ってたら、石井がまひろの母親とともに青森(?)までイタコに会いに行く場面が突然出てきて驚きました。みんなイタコの口寄せを黙って聞いてるだけなのだが、口寄せの最中に電話がかかってきたため、口で故人の言葉を語りながら、手で電話対応するイタコというのは初めてみました。あれトランス状態になるわけではないのですね。

ヘルツォーク曰く、この世におけるフェイクなシチュエーションでの感情的なやりとりを映したかったらしいが、まああまりそういうシーンはないです。歌舞伎町や「変なホテル」がロケ地に選ばれてるあたりからも、いかにも外国人が好きそうな日本の文化や場所が出てくるな、といった感じ。だからレンタル家族も珍しいものだとして映画化したのかもしれないが、日本人から観るとちょっと違和感を抱かずにはいられなかったな。

面白いかというと必ずしもそうではない作品だけど、ヴェルナー・ヘルツォークが日本で撮影したという点では非常に価値がある逸品ではないかと。

「The Personal History of David Copperfield」鑑賞

iTunes UKに残高があったので視聴。アーマンド・イアヌーチの新作で、チャールズ・ディケンズの「デイビッド・コパーフィールド」を映像化したもの。

あらすじは原作に忠実なものの、主人公デイビッドがドーラと結婚しないなど、それなりに脚色はされているみたい。父親亡きあとに生まれたデイビッドが冷酷な継父に労働に出され、貧しいミコーバー氏と暮らし、大叔母の恩恵を受けるもののまた極貧の生活に戻ったりする波乱の人生が語られていく。

イアヌーチ得意の社会風刺は抑え気味で、ヴィクトリア朝時代の貧困は現代の貧困に通じる…みたいな揶揄も特になし。その一方で彼の作品に通じるドタバタ演技が冴えていて、余計な部分は端折ってストーリーがグイグイ進むなか、登場人物が文字通り走り回って、逆境にもめげず逞しく生きる人々が活き活きと描かれている。

少しデフォルメされたセットとか、プロジェクションを多用した演出などはテリー・ギリアムのファンタジー映画を少し連想させました。あとデヴ・パテルが主役を演じる波乱の人生物語、という意味では「スラムドッグ・ミリオネア」を彷彿とさせるかな。

主人公デイビッドをインド系のデヴ・パテルが演じていることからもわかるように、この作品ではいろんな人種の役者たちが原作では白人だった役を演じている。白人のキャラクターの母親が黒人だったりするものの、人種に関する言及は一切なし。最近では黒人のキャラクターを白人が演じるのは政治的に正しいのか?みたいな議論も起きてますが、この作品のように割り切って人種が混ざり合ってるのもそれはそれで面白いと思いますよ。

それでもって出演者がとにかく豪華で、イギリスの名優たちを集めたような内容。イアヌーチ作品の常連であるピーター・カパルディを始め、ティルダ・スウィントンやヒュー・ローリー、ベネディクト・ウォンといったベテランが出演しているほか、卑劣な悪役のユーライア・ヒープを演じるベン・ウィショーが特に良かったな。貧乏人から変人から悪人までいろんな人が出てくるけど、みんなどこか憎めないキャラクターなのですよ。

観たらいろいろ元気にさせてくれるような作品。ギスギスしてる今の世の中で一見の価値はあるかと。日本でも劇場公開されるかね?

「THE LAST BLACK MAN IN SAN FRANCISCO」鑑賞

ブラックライブスマター!、というわけではないが良い評判を聞いていたので。日本では「ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ」の邦題で10月公開だとか。

舞台はその名の通りサンフランシスコ。気の優しい青年のジミーは友人で劇作家志望のモントの家に暮らしていたが、ジミーの祖父が建築したというヴィクトリア様式の家を慈しみ、足繁くその家の前まで通っていた。やがてその家の住人が家を去ることを知ったジミーは、モントとともに家に不法に住み着くことにするのだが…というあらすじ。

出演者の大半は黒人だが必ずしもブラック・ムービーという内容ではなく、いろいろな側面を持ったサンフランシスコが変わりつつあるなか、古い家にこだわるジミーとモントの生活が淡々と描かれていく。

じゃあ内容が退屈なのかというとそうではなくて、映像がびっくりするくらいに美しいんですよね。海に面したサンフランシスコの自然や、洋館のなかの綺麗なインテリアとかが丁寧に映されていて、ただ画面を眺めているだけでも飽きない作品であった。撮影監督のアダム・ニューポート=ベラって主に短編やテレビ番組を撮ってる人らしいけど、これからもっと注目されてくるんじゃないのか。

監督のジョー・タルボット(白人)と主演のジミー・フェイルズの実質的なデビュー作で、脚本もこのふたりによるもの。フェイルズはそのままジミー・フェイルズという名の役を演じているので、自伝的な要素がいろいろ入ってるんだろう。デビュー作とは思えない落ち着いた雰囲気をもって、変わりゆく町における主人公たちの話が語られていく。まあ登場人物の背景が説明不足のような気もしたし、最後の演劇とかはちょっと頭でっかちな気もしたけど、タルボットもフェイルズもこの作品をきっかけに活躍していくんじゃないですか。

出演者もそんなに有名な人は出ていなくて、知った顔といったらモントの祖父を演じるダニー・グローバーくらいかな。この人いろんな作品に出ているよな。あと監督たちは「ゴースト・ワールド」のファンということで、最後にちょっとしたオマージュがあったりします。

クラウドファンディングで予算が集められたデビュー作とは思えないほど入念に作られた、よく出来た作品であった。サンフランシスコのことをよく知ってたらもっと楽しめるんだろうな。

「8:46」鑑賞

Netflixが突然Youtubeで公開したデイブ・シャペルのスタンダップ。

警察に窒息死させられた黒人男性ジョージ・フロイドの追悼として、シャペルが地元のオハイオで行ったものを撮影したのかな?よってスタンダップ・コメディというよりも差別に関するスピーチといったところでジョークは僅かなのだけど、そこはシャペル、絶妙なスピーチで観客の注目をグイグイ引き付けていく。

デイブ・シャペルといえばコメディ・セントラルの番組「Chappelle’s Show」で人種をネタにした際どいジョークを扱って大人気を博したコメディアンだけど、自分自身が白人スタッフに笑われてるような気がしてちょっと神経衰弱っぽくなり、人気絶頂にあったときに番組を打ち切るなど、以前から人種問題には敏感なところがあった人なのですよね。

彼のスタンダップのすごいところは何も話さなくても観客の気を散らせないところ。ベラベラ喋って客の気を引こうとするするコメディアンなんて山ほどいるけど、ステージ上で何も話さないのに客の視線を引きつけるパフォーマーは彼とジョン・スチュワートあたりがトップレベルじゃないだろうか。もちろんそれなりの知名度が必要なので今までのキャリアが重要なのだろうけど。

今回のパフォーマンスも観客との他愛ないお喋りから始まり、口数も少なめで、つかみでは90年代の地震について語っていく。カリフォルニアで経験したノースリッジ地震はシャペルにとって初めての地震で、えらく揺れて死ぬほど怖かったと。「でも揺れてたのは30秒くらいだろうな…それに比べて、あの警官はフロイドの首に8分46秒も乗っかってたんだぜ!」と突然ジョージ・フロイドに関する本題に入っていくまでの流れは鳥肌もの。

あとはジョークも控えめに、黒人を非難する保守系のコメンテーターへの罵倒や、警察によって不当に殺された黒人たちの話へと彼のスピーチはつながっていく。ここで凄いのは、差別への不満をただぶちまけるのではなく、話の流れがものすごく綿密に計算されていること。最初のほうで「8:46」というのは自分が生まれた時間でもある、と語ったあとで最後のほうでコービー・ブライアントの背番号が自分の誕生日と同じだった、とつなげるところや、ジョージ・フロイドが死ぬ間際に母親の名前を呼んだ姿は、自分の父親が死ぬときに祖母の名を呼んだのと同じだった、としたうえで最後に自分の祖先が誰だったかを語るところなど。スピーチ全体に伏線と回収があるというか、単に言いたいことをぶちまけてるのではなく、しっかり計算した上で話しているのがよくわかる、スタンダップの教科書のような内容だった。

個人的には数年前にシャペルが「サタデーナイト・ライブ」で行ったオープニングのモノローグは神がかったような出来だと思ってたけど、今回のパフォーマンスも(ジョークが少ないとはいえ)非常に力強いものだった。日本ではコメディアンが政治を語るのに顔をしかめるような人も多いけど、コメディアンが本当に上手く政治を語るとどんな見事なことができるかを証明した好例。