アカデミー4部門にノミネートされてる作品。

故オーガスト・ウィルソンの戯曲を映画化したもので、主演のデンゼル・ワシントンとヴィオラ・デイヴィスはブロードウェイで既に同じ役をやってるんですね。だからあんな長ったらしいセリフをスラスラ話していたのか。デンゼルは監督もやっていて、以前の監督作「アントワン・フィッシャー」はそんなに高い評価を得なかった覚えがあるが、この映画に前後して監督した「グレイズ・アナトミー」の1エピソードは絶賛されてたので、監督しての腕前も上がってるんでしょう。

話の50年代のピッツバーグ。ゴミの収集をして働くトロイは、かつてニグロリーグでの優秀な野球選手だったが、メジャーリーグが黒人を受け入れるようになった時には年をとりすぎており、プロで活躍できなかったことを悔やんでいる人物。彼の妻のローズは献身的な妻であり、一人息子のコーリーだけでなく、戦争で脳に障害を負ったトロイの弟や、トロイが結婚前につくった息子にも優しく接していた。そしてコーリーはフットボールの選手として成功をつかむ機会を手に入れるが、トロイはそのことを快く思わず…というようなあらすじ。

元が舞台劇のためか話の大半はトロイの家の裏の庭で進行して、そこで登場人物たちがいろいろ語り合う内容。たくさんたくさん語ってます。トロイは真面目に働いている一方で物分かりの悪い頑固親父であり、自分が野球で大成できなかったことを未だに根に持つために、人生を野球で語ろうとしてローズに呆れられるような人物。彼は自分が手にできなかった成功を息子たちが手にすることが気に入らず、露骨ではないものの彼らの進展を阻害するような、まあクズ親父ですね。彼は自分が黒人として初めて、ゴミの収集係でなく収集車の運転手になれたことを誇りに思っていたりするわけだが、おそらく時代的に黒人にもっと職業の選択が与えられた頃の話であって、そこらへんのジェネレーションギャップを表現した話になっているんだろう。

ただクズ親父を演じるにあたって、デンゼンル・ワシントンってやはりカッコよすぎるわけで、息子を威圧するような男性を演じても、観る人は彼に同調してしまうんじゃないだろうか。話の後半になってさらにクズっぷりを発揮するものの、それでも嫌いになれないというか。そんな彼に耐え続けるローズを演じるヴィオラ・デイヴィスは大変素晴らしくて、アカデミー助演女優賞は手堅いんじゃないかな?

なお題名の「Fences」というのはトロイが裏庭に建てたがっているフェンスのことを指しており、彼と周囲の人々の心の壁、および彼が死神を防ぐための柵、などであることが示唆されてます。あくまでも未完成であることがポイントな。

日本では残念ながら劇場公開されず、「フェンス」の邦題でDVDスルーされるそうな。決して派手な内容の作品ではないけど、親と子の断絶というのは日本人にも理解しやすいテーマだと思うので、アカデミー候補ということで興味を持った人は観てみて損はしないと思う。


BBCの新作ミニシリーズで、レン・デイトンによる同名小説を原作にしたもの。邦訳もあるらしいですが読んでません。

いわゆる歴史改変もので、舞台は1941年のイギリス。この世界では約1年前にイギリス軍がバトル・オブ・ブリテンに敗北して、イングランドとウェールズの大半はナチスドイツに征服されていた。一部ではレジスタンスによる抵抗が続いているものの、大半のイギリス人はドイツ政権のもとで粛々と暮らしていた。そして主人公のダグラス・アーチャーはロンドン警視庁の警部であり、相棒とともにとある殺人事件を調査することになる。闇市場に絡んだ殺人だと見なされた事件だったが、ベルリンから連隊指揮官が謎の目的をもって警視庁にやってきたことから、アーチャーは国をゆるがす大きな陰謀に巻き込まれていく…といったあらすじ。

第1話を見た限りでは、パラレルワールドにおける刑事ものといった感じで、SFの要素はなし。似たような設定の作品には「高い城の男」があるが、あちらがどちらかといえばロードムービーっぽいのに対し、こちらは狭いロンドンを舞台にした陰謀ものといったところか。ドイツ軍の上司たちが何かを企むなか、アーチャーが捜査を続けるにつれ、レジスタンスの運動や謎の化学兵器の存在が示唆されるものの、まだまだ話は序盤なのでよく分かりません。

主人公のアーチャーは妻を大戦で亡くし、息子とともに暮らしている人物。ドイツ軍の上司に協力している一方で、レジスタンスにも理解を示しており、恋人のシルビアがドイツ軍により反抗的な態度を示したとき、自分の忠誠心が揺らぐのを感じている。また彼の前にアメリカのジャーナリストだというバーバラという女性が現れ、彼女が何かを企んでいることが話の大きなプロットになっていくみたい。

アーチャーを演じるのがサム・ライリーで、バーバラをケイト・ボスワースが演じている。サム・ライリーがダミ声でぶっきらぼうな感じで話すので、警部というよりも私立探偵のような雰囲気を持っているのだが、本国ではみんなのセリフがもそもそして聞き取れないということで、クレームが殺到したらしい。俺が見た感じではそんなにひどくはないけど、会話にドイツ語などが入り混じるので結構集中しないと話についていくのが難しいかも。

まだ話が始まったばかりなので何とも言い難いが、そんなに悪い作品ではないと思う。これから先に謎の展開がどうなっていくのだろう、というのが気にはなるくらいの出来であった。


公開よりかなり前に試写で観た映画はこのブログで扱わないポリシーなのですが、これはいろいろバイアスかかって叩かれそうな気がするので、ざっと簡単に援護しておく。

アメリカよりも中国市場を狙った作品なのに中国本土での評判は良くなくて興収もパッとせず、先週末に公開されたアメリカでも興収が散々のようで、おまけに中国が舞台なのにマット・デーモンを主人公にするあたりは、白人中心のホワイトウォッシュではないかと批評されてるわけですね。まあここらへんは全部事実といえば事実だろう。

でもあまり深く考えずに観ればね、これ結構楽しめる作品でしたよ。「中国の万里の長城はモンスターを防ぐために建造された!」という中学生が考えそうなアイデア(だが原案はマックス・ブルックス)にかなりの製作費が費やされ、色彩を強調したチャン・イーモウの演出が加われば、悪くないに決まってるやん。モンスター襲来に備えて太鼓がドコドコうち鳴らされるシーンとか、観ててゾクゾクきますぜ。

主人公だってマット・デーモンでいいじゃん!知らない中国人役者が出てるよりいいだろ。中国人女優の景甜が容姿端麗で勇ましい女性指揮官を演じていて、ここらへんも中学生の男の子が考えそうな設定になってます。こないだ落馬事故で大ケガしたらしいアンディ・ラウも賢い軍師の役がカッコいいし、いまいち何をやってるかよく分からないウィレム・デフォーもいい顔の演技をしてました。

壁を攻めてくるモンスターの種類が少ないのが残念だし、実のところあまり壁が役立ってなさそうだし、怪しい出来事を調べるために部下ではなく軍の指揮官が自ら出向いてくる(そして危険な目に遭う)なんて「スター・トレック」かよ!とまあいろいろツッコミを入れたくなるんだけど、それでも嫌いにはなれない作品であった。

チャン・イーモウの前作が抗日映画であったことを考えると日本では特に叩かれそうだが、そういう政治的な観念は置いておいて、正規料金払わずとも映画の日とかレディースデーとかに1000円ちょっとで観れば、十分に楽しめる映画であることをここに書いておく。


日本では「はじまりへの旅」という題で4月1日に公開。なおエルトン・ジョンの同名のアルバムとは何も関係なし。

ベン・キャッシュは俗世間に幻滅し、人里離れた山奥に移って6人の子供たちと暮らし、サバイバルの技術と資本主義に頼らないものの考え方を教えていた。彼の妻のレスリーは病気療養のため実家に戻っていたのだが、改善せずに亡くなったとの連絡がベンのもとに届く。ベンのことを好ましく思っていないレスリーの両親は、彼を招かずにキリスト教の葬式を挙げようとするが、レスリーは仏教徒であり火葬を望んでいたことを知っているベンは、レスリーの遺体を取り返すため、おんぼろバスを運転して子供たちとともにレスリーの両親のもとに向かうのだった…というあらすじ。

2時間の尺のうち1時間がロードムービー、1時間が両親たちとのやりとりという内訳で、ニューエイジ・カルトの人たちが山から下りてきたというプロットのクリーシェが満載でお腹いっぱい。同年代の女の子たちを見てドギマギする思春期の長男とか、ゲームばっかりやってる都会のクソガキに対して博識を披露する末の子とか、保守的な養父母に接するにあたって空気の読めない行動を繰り返す父親が、結局のところ自分の限界を知って苦悩するところとか、なんか他の映画でも見たよなあ、という展開が繰り返されるだけで目新しさはなし。もうちょっと話をヒネれば良かったのになあ。

ベンの一家はクリスマスの代わりにノーム・チョムスキーの誕生日を祝うような人たちで、スーパーでは代金を支払わずに万引きをしたりするものの、法律や科学について熱心に学んでいたりするのでそれなりに常識人として描かれている。監督のマット・ロスって俳優としての活動が有名な人で、自分の子育ての経験をもとに脚本を書いたらしいが、どうも主人公たちが美化されすぎている気がするんだよな。世間から離れて子を育てることって、例えば「Dogtooth」で描かれたような歪んだ家族になるリスクだって十分にあるはずなのだが、そこらへんは深く掘られず、主人公のベンはあくまでも「良い人」のままである。心を病んでいたという妻のレスリーがなぜそうなったのかという話があれば面白くなっただろうけど、遺体は何も語りません。あと最後にレスリーが好きだったという歌が披露されてね、個人的には選曲がかなり鼻白むものでした。

主人公のベンを演じるヴィゴ・モーテンセンはチンコ出したりして父親役を熱演し、アカデミー主演賞にノミネート。「リトル・ミス・サンシャイン」もそうだが、アカデミーってこういう役柄が好きなんでしょうね。一家の長男はどこかで見た顔だな、と思ったら「パレードへようこそ」のジョージ・マッケイだった。あとはスティーブ・ザーンとかフランク・ランジェラといった役者が脇を固めてます。

個人的にはピンとこない作品だったけど、まあ気に入るひとは気に入るんじゃないですか。日本で劇場公開されるだけマシかと。どことなく似た雰囲気のある「 Hunt for the Wilderpeople」なんてDVDも出ずにVODスルーですからね。ああ勿体ない。


「LEGION」と書いてリージョンと読む。でもなぜか邦題は「レギオン」。

いちおうマーベルのコミックが原作で、原作だとリージョンことデビッド・ホーラーはプロフェッサーXの息子で多重人格障害を持ち、それぞれの人格が独自のスーパーパワーを持つという結構凄そうな能力を誇るミュータントなのだけど、やはり精神障害者という設定が災いしてか、いまいち活躍していないキャラクターなんだよな(昨年あたりマーベルから出てたシリーズは悪くなかったけど)。

でもこの番組についてそんなことはどうでもよくて、重要なのはTVシリーズ版「ファーゴ」を作ったノア・ホーリーによる新番組だということ。「ファーゴ」でも空飛ぶ円盤が登場して話が暴走しつつも、あくまでもノワールの枠に収まっていたが、こっちはSFテイストの作品ということでストーリーが自在に吹っ飛んでいます。

主人公のデビッドは幼少の頃こそ優秀な少年だったものの、青年になったときに多数の人の声が頭のなかで聞こえるようになり、精神に異常をきたして自殺未遂を行い、精神病院へと送り込まれる。そこで彼はシドニーという少女に出会い、二人は恋に落ちる。しかしシドニーは退院することになり、別れることを望まなかったデビッドが衝動的に彼女にキスをすると、なんと二人の精神は入れ替わってしまう。こうして彼女に替わって病院を出て、体も元に戻ったデビッドだったが、今度は謎の男たちに誘拐され、「世界で最も強力なミュータント」として奇妙な尋問を受けることになる…といったあらすじ。

話の流れが錯綜していて、フラッシュバックが多用されて時系列が乱れているほか、デビッド自身が信用ならない語り手であること、そしてそもそも何が現実で何が虚構なのか?という線が曖昧なため、なかなか複雑な内容になっております。でも決して意味不明で退屈になることはなく、ビジュアルも刺激的だし話の展開も速くて飽きさせない。初期のクローネンバーグというか、70年代のSF映画みたいな雰囲気がいいな。

いちおう話の舞台は現代のようだけど、携帯電話などのガジェットは登場せず、人々の服装も「ファーゴ」シーズン2のようにレトロ気味で、時代錯誤の雰囲気を醸し出している。初期のクローネンバーグというか、70年代のSF映画っぽいというか。流れる曲もザ・フーとかストーンズの60’sロックだし、シドニーの名前がシドニー・バレットだというのはピンク・フロイドへのオマージュですね。

デビッドを演じるのはイギリス出身のダン・スティーブンス。青年かと思いきや30代半ばなんですね。シドニー役のレイチェル・ケラーは「ファーゴ」シーズン2にも出てたな。あとはデビッドの病院仲間をオーブリー・プラザが演じていて、安定のメンタルっぷり。第1話にはハミッシュ・リンクレーターがゲスト出演していた。

クレジットにはクリス・クレアモントやビル・シェンキビッチをはじめとするコミック関係者の名前が並んでいるし、話の最後には他のミュータントたちが出てくるので「Xメン」っぽいところもあるのだけど、コミックが原案のキャラクターは今のところデビッドだけかな?彼が幻視する悪魔のような太った男はシャドウ・キングか?

今後の展開がどうなるかは全くわかりませんが、アメリカでは批評家に絶賛されているし、ノア・ホーリーの作品ということで今後も見続けるつもり。日本でももう放送始まってるので観ましょう。