こないだアメリカで観てきたのだよ。当然以下はネタバレがあるので注意。注意!

・「オデッセイ」では故郷を遠く離れた宇宙飛行士が生存のために奮闘するさまを描いたリドリー・スコットが今回もまた、故郷を遠く離れた宇宙飛行士たちが生存のために奮闘するさまを描いている。違いはこちらの奮闘がすべて徒労に終わり、彼らがブチブチと殺されていくところだが。

・前半は「プロメテウス」っぽくて後半は「エイリアン」になってくるといったところか。全体的には闇スコットによる宇宙版「悪の法則」という感じですけどね。後ろですべてを操ってる存在の手中に、皆がズブズブとはまっていくのですもの。

・「プロメテウス」観た人も短編映像「Last Supper」と「The Crossing」は事前に観ておいたほうが良いと思う。後者はネタバレ気味だが話を補完するのに重要なので。

・「プロメテウス」は異星人・異生物の生態系が完全に意味不明でしたが:

今回はより「エイリアン」に近づいた生物(?)考証になっているかな。それでもチートっぽい展開があるけど。

・キャストは前作に続いてマイケル・ファスベンダーがアンドロイド役を演じているほか、キャサリン・ウォーターストンやダニー・マクブライド、ビリー・クラダップなど。ウォーターストン、短髪にするとパパに似てきていて…。マクブライドはコメディ畑の人だが顔つきがいかついので、今回の役には適していたと思う。エイミー・サイメッツがこういう大作に出てたのは意外だった。

・製作開始時から言われているように、ホラーとしての「エイリアン」の原点に立ち返った作りになっていた。「古城に迷い込んだ若者たちが、城主とその怪物に殺されていく」ハマーフィルム的な展開だよね。ただ今の時代において、「卵を覗いたらフェイスハガーが飛び出してきた!」という展開はもう誰も驚かないのでは。あと最後に1つどんでん返しがあるのですが、明らかにそれが事前に分かるような演出がされていて、そこらへんのスコットの意図はいかに。

・あとはSFとしても、人知を超えた謎の存在であったエイリアン(ゼノモーフ)のオリジンを明かしてしまうのは、彼らの神秘性を奪ってしまうのではないかという懸念が残る。80歳を目前にしてスコットは、「エイリアン」映画をあと1〜2本は撮ると意気込んでいるようなので、この映画で残ったモヤモヤしたものがうまく解決されるのかもしれないけど、それでも最後は第1作の初めにつながる(らしい)ので、結末がわかってる話を何本もつくるのはどうなのかとも思う。ちなみにエイリアン・クイーンって出てくるんだろうか。あれってキャメロンの創造物だよな。

・個人的にはあれはあれで好きだった「プロメテウス」以上に楽しめる内容だったし、ベテラン監督による一定水準以上のクオリティを保っている作品であることは間違いないのですよ。ただし後味が悪いまま劇場を出ることになるのは間違いないので、まあこれからスコット爺はどうしていくんですかね。デートで観るような場合は注意しましょう。

またアメリカ出張に行ってたので、飛行機のなかで観た映画の感想をざっと:

「シング」:まー無難でいいアニメじゃないですかー。悪くはないんだけど内容をほとんど覚えてない。最後は出演者みんなの合唱で盛り上げた方が良かったような。

「モアナと伝説の海」:前も書いたけど、主人公が「選ばれし者」という設定は嫌いなのよな。海があれだけ手助けしてくれるのなら、マウイと組む必要なかったんじゃないの。「ズートピア」より明らかに出来が悪い。あとニワトリよりブタのほうが可愛いです。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」:これ脚本はロバート・シーゲルか。伝記映画だけどなんか無駄な部分が多いような。フランク・ターナーの部分とかカットして、レイ・クロックとマクドナルド兄弟の確執に集中した方がいいのに。頭脳派のマクドナルド弟を演じるニック・オファーマンが相変わらず怪気炎を上げていて、彼って観るたびにどんどんいい役者になっている気がする。

「ミス・スローン」:ジェシカ・チャステインが切れ者ロビイストを演じる内容だが、銃規制の法案をテーマにしているのかと思いきや(実際、銃団体から映画への反対運動があったらしい)、彼女への個人攻撃へと話がシフトしていき、倫理委員会での吊るし上げになって銃規制がうやむやになってしまったのが残念。男娼の話とかは別に入れなくても良かったんじゃないの。主人公が「信用できない語り手」なので、活躍を観ていてもスッキリしないのよな。最後のどんでん返しはなんとなく見えてましたが、なんか無理があるよなあ。

「夜に生きる」:ベンアフの語りがたるくて、20分くらいで寝落ちした。

あとは「ビッグ・ショート」をチラホラと再見。最初に観たときは専門用語が多くて話についていくのが精一杯だったのが、見返すことで金融の仕組みとかがじっくり理解できたのが収穫であった。


上映中なので感想を簡潔に。いちおうネタバレ注意。

・前作は宇宙のならず者たちが違いや偏見を超えて結束していき、官僚主義のノヴァ・コーズにも頼りにされるという展開が痛快だったが、今回はすでにチームが出来上がっているので、じゃあ今回のテーマは何かというと「家族」である。スターロードことピーター・クイルの父親が登場し、ガモラとネビュラの姉妹の葛藤とかが描かれていく。

・そのなかで登場人物たちの過去が説明されていくわけだが、前作に比べて主人公たちに切羽詰まった危機感がないので、特に中盤は間延びした印象を受けたかな。主人公が「ここで幸せに暮らせるぞ!」と言われてもそんな展開になりっこないことは観客には分かってるわけで、もっと話に緊迫感をもたせても良かったんじゃないの。

・エゴやマンティスといった新しいキャラクターが登場するほか、ネビュラが主人公たちを行動を共にするので登場人物が増えているのだけど、話が雑多になるのを防ぐために彼らを二手に分けてしまうわけですね。そこで片方は視察、片方はお留守番と別々の目的を与えたので、そこで話のスピードがガクンと落ちてしまう。例えば「スター・トレック BEYOND」もチームを複数に分けてたけど、あれは宇宙船が不時着してお互いを探すという目的が共通していたわけで。主人公たちを追いかけているはずの敵(金ピカのほう)もさほど脅威的に見えないし。

・まあでも不満があったのはこの話のペースだけで、アクションも台詞回しも軽快だし、深く考えずに見る分には非常に楽しめる作品じゃないですか。80年代のポップカルチャーの知識が少し求められるけど。「チアーズ」を知らない人に説明するとね、サムとダイアンの恋愛プロットが解決したら人気がグッと下がったのですよ。

・しかしスターロード、ヘルメットあれば宇宙服いらないんじゃなかったっけ?

・ちなみにエゴの話って、「スターマン」に似てない?そうなると演じるのはカート・ラッセルよりもジェフ・ブリッジスのほうが良かっただろうが、あっちは「アイアンマン」に出てしまってるからなあ。


いわゆる密室型のホラーで、原題は「The Autopsy of Jane Doe」。5月20日から日本公開。以降はネタバレ注意。

小さな街の一軒家において住人が惨殺されるという不可解な事件が起き、さらには地下室から地面に埋まった形で全裸の若き女性の死体が発見される。この女性の死因を調べるために、死体は親子で検視医を営むトミーとオースティンのもとに運ばれ、身元不明の遺体につけられる「ジェーン・ドウ」の名前で呼ばれることになる。ジェーン・ドウの体は死亡してから時間が経っている兆候がある一方で、死後硬直などが起きておらず、その奇妙さに頭をひねるトミーとオースティン。さらに解剖を進めるうちに謎めいた痕跡をいくつも発見する二人だったが、それにあわせて彼らの周囲にも不気味な現象が起き始め…というあらすじ。

スプラッター系というよりも心理的なホラーだが、題名のごとく死体がザクザク切り刻まれて解剖されていく内容なので当然ながら血みどろの描写が多く、そういうのが苦手な人は気をつけましょうね。外見上は傷のない遺体を解剖するうちに数々の謎が浮かび上がってくる、という展開は『CSI:科学捜査班』とか『羊たちの沈黙』みたいなサスペンスではお馴染みの展開かもしれないが、それをホラーに結びつけた点が目新しいかな。

ざっくり話を分けると、前半は解剖を進めるうちになんかヤバい雰囲気がだんだんと高まっていき、後半はその結果が起きる、どちらかといえばアクション多めの展開になっている。よってホラーとしては前半のほうが優れているだろう。もっと登場人物が多い話であれば謎について肯定派と否定派の見解が対立して観客をうまくケムにまくことができたかもしれないが、こちらは出てくるのが二人だけなので、「なんかヤバいよね」から「逃げるぞ!」までの流れがやけにスムースなのが気になったかな。まあ作品の出来を下げるようなものではないですが。

検視医のうち親父のトミーを演じるのがブライアン・コックス。当初はマーティン・シーンが演じる予定だったもののスケジュールの都合でコックスになったそうだが、シーンにはホラーが似合わない気がするので、コックスのほうが適役だったと思う。そして息子のオースティン役にエミール・ハーシュ。彼ってこないだ暴力沙汰を起こしたのでハリウッドを干されるかなと思っていたら、今後も出演作が続くそうで、まあ良かったんじゃないですかね。あとは死体のジェーン・ドウ役を、オルェン・ケリーという女優さんががんばって演じています。なんか次作も昏睡状態の女性の役をやるみたいで…?

観ていてサスペンスの盛り上げ方が大変怖い映画でございました。おれあまりホラーは観ないけど、ホラーとしては今年のベスト級に入る作品ではないでしょうか。


こんどの劇場版とは関係ないよ。知ってる人は知ってる話ですが、2011年に「ワンダーウーマン」のTVシリーズが製作されるという話があって、デビッド・E・ケリーが脚本を担当したパイロット版が撮影されてNBCが興味を示していたものの、出来が良くないという話で結局放送が見送られたことがあったんですね。そのオクラ入りになったパイロット版を観てみたいと長年願っていたのですが、twitter経由でウェブ上で公開されていることを知って鑑賞してみた(URLはいちおう伏せておく)。

コミックと設定がそこそこ違っていて、こっちのワンダーウーマンことダイアナ・セミスキラはスーパーヒーローであるとともに、ロサンゼルスに拠点を置く巨大企業セミスキラ・インダストリーズのCEOでもある(プライベートではダイアナ・プリンスの名で、素朴な女性として暮らしている)。

「ワンダーウーマン」は1つの巨大なブランドであり、セミスキラ・インダストリーズは彼女のマネージメントをしたり、マーチャンダイズ販売などを手がけているという設定。まあ基本的には正義のヒーローなので、違法なドラッグを扱っているとにらんだ企業に対しては記者会見を開いてそこのCEOを悪人呼ばわりし、捜査令状もなしに会社に乗り込んで暴れて人体実験の現場を暴いたりするのですが、それって明らかに合法的ではないよなあ。

でもこのワンダーウーマンは「法があなたを裁けないなら、私が裁くわ!」と言ってしまうタイプで、CEOというよりもビジランテのような感じ。一人乗りの小型ジェット(透明ではない)を乗り回し、黄金の投げ縄を使ってアクションを繰り広げるものの、原作と違って投げ縄には相手に真実を告白させるという能力はなし。よって彼女は悪人を痛みつけて情報を引き出すのだ!ブレスレットで銃弾を弾くシーンはあるもののティアラを投げたりはせず、代わりに奪った鉄パイプをブン投げて人を殺してしまうのはちょっと引きましたよ。自分の目標のためには手段を選ばないあたり、コミックのワンダーウーマンというよりも「アストロ・シティ」のウィングド・ビクトリー(女性至上主義のヒーローで、女性のための施設などを運営している)に設定が似ているかな。

彼女の無鉄砲さに秘書のエッタ・キャンディやセミスキラの重役は手を焼きつつも彼女をサポートし、彼女のお目付役として司法省から派遣されるのが、元カレのスティーブ・トレバー。悪い企業のCEOであるベロニカ・ケールというのもコミックからのキャラクターなんですね。

ワンダーウーマン役には「エージェント・オブ・シールド」のエイドリアンヌ・パリッキ。セミスキラの重役がケイリー・エルウィスでベロニカ・ケールをエリザベス・ハーレイが演じている。

スーパーヒーローものかと思わせつつ、すぐさま「大企業で働く女性もの」になってしまうのはデビッド・E・ケリーだなあという感じ。でも評判よりかはずっと楽しめた。これが製作された2011年って「アベンジャーズ」よりも前で、公明正大なヒーローが主流だった頃だから、こういうビジネスライクなヒーローものって受けなかったのかもしれない。でも「デッドプール」などが流行ったいまから観ると、ちょっとズレた感覚が新鮮に思えて面白かったです。

ワーナーとしては今度の劇場版に専念したいだろうし、デビッド・E・ケリーも長年パッとしない状況だったのがHBOの「ビッグ・リトル・ライズ」が久々にヒットしたし、この作品が復活するような可能性はゼロでしょう。でも過去にもシリーズ化されなかった「アクアマン」のパイロット版は世に出ているわけで、これも未完成のCG部分をチョチョイと直して売り出せばそこそこ話題になるんじゃないかと思うのです。

これはファンメイドの映像。